ピクシブ百科事典

鋼田一豊大

かねだいちとよひろ

ジョジョの奇妙な冒険 第4部「ダイヤモンドは砕けない」の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:遠近孝一(アニメ第四部)
杜王町の廃棄された送電鉄塔を買い取り、自分の家として3年間も自給自足の生活をしていた風変わりな男。掴み処のない飄々とした態度で、一人称は「わたし」。

しかし、鋼田一豊大という名前は偽名である。
一見素顔に見える顔もマスクであり、素性の多くが謎に包まれている。
自らのスタンド能力によって鉄塔に囚われ、半ば仕方なく生活をしていた(能力は後述)。

ある日「写真のおやじ」こと吉良吉廣から、「東方仗助らを罠に嵌めれば外の世界での生活の面倒を見てやる」と約束され、仗助・億泰未起隆の3人を鉄塔内に誘い込む。
物珍しさから彼に興味を示していた3人も、その真相を知って戦闘を繰り広げた。

「この鉄塔から出ることしか考えていなかった男だぞ!」と自分で言うだけあって、鉄塔のことは「目を瞑っても歩くことができる」ほど知り尽くしている。
長い鉄塔生活で手のひらにある“タコ”が異常に発達している。様々な道具代わりに使うほか、カッターなどの道具も仕込んであったりと、完全に鉄塔生活に適応させている。
またスタンドの性質、性質を生かした攻撃方法(そのために身体に無数の傷をつけている)、計画が成功したときの脱出方法まで考えていた。

しかし仗助やミキタカの機転に敗れた後は、本当の性格が憶病で引っ込み思案、人付き合いが嫌いであることを明らかにする。「昔から計画通りに事を運んだためしがない」「狭い鉄塔内でもこうなのに外の世界なんか恐ろしくて」と、このまま一生を鉄塔の中で過ごすことを決めた。

そして彼が聞いた写真のおやじの独り言は、エニグマの少年の情報を知るきっかけとなった。

後に「送電鉄塔に住む男」として杜王町の名所となる。お菓子や塩を持っていくと喜んで写真を撮ってくれるらしい。

アニメ版では最終回のエピローグシーンにも登場し、ミキタカとは交流を保っているようである。

スタンド「スーパーフライ

鉄塔と同化したスタンド。
鉄塔の内部に捕らえた人間1人を閉じ込める能力。

詳細は該当項目を参照。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 4部 ダイヤモンドは砕けない 杜王町
長谷川泰三

pixivに投稿された作品 pixivで「鋼田一豊大」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44128

コメント