2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

あなたたち生きてる人間が町の『誇り』と『平和』を取り戻さなければ
いったい誰がとり戻すっていうのよッ!

概要

第四部「ダイヤモンドは砕けない」に登場。キーパーソンであり悲劇のヒロイン
決して振り返ってはいけない小道にいる地縛霊の少女。享年16歳。彼氏はいない。スリーサイズは82,57,84。左乳首の横にほくろがある。11歳の9月に初潮。初めて男の子とキスをしたとき、舌を入れられている。(尚、ここまでの情報を露伴ヘブンズ・ドアーで読んだ時は、途中からのあまりにもデリケート過ぎる内容に康一は思わず「彼女がスタンド使いじゃないとわかったなら、これ以上の情報を読むことは僕が許しません」と激昂した)
15年前、スタンド能力に目覚める前の吉良吉影に殺害される。
その後は吉良を打倒する者が現れるのを小道で15年間ずっと待ち続けていた。
なお、彼女の背中には殺害された時に受けた大きく深い傷跡が残されている。
最終決戦後、幽霊となった吉良に自ら裁きを下した後、杜王町スタンド使い達に見送られて成仏する。

ジョジョシリーズに登場する女性キャラの中では比較的癖のない性格をしており、容姿に関しても虹村億泰が写真を見ただけで「15年早く生まれたかった」と思いながら見蕩れるほどの美少女である。

アーノルド

鈴美の傍にいつもいる犬の地縛霊。
彼女が生前に飼っていたペットで事件当日に吉良に首を斬られて殺害されてしまう。
そのためアーノルドは首が半分斬れたままの姿でいる。
残念ながらクレイジー・ダイヤモンドに治してもらうことなく昇天した。

岸辺露伴との関係

岸辺家と杉本家は近所付き合いがあり、幼少の頃の岸辺露伴は彼女の事を「鈴美お姉ちゃん」と呼んでいた。鈴美も「露伴ちゃん」と呼ぶなど可愛がっていたようである。
事件の当日杉本家に預けられた露伴(当時4歳)も吉良に殺されそうになる。
だが、鈴美が身を挺して助けた事により難を逃れる。
この事は彼自身全く覚えておらず、墓を訪れた際に住職から話を聞かされて真実を知る事になり、以降露伴は思うところがあったのか、独自に吉良の捜索を始めていく。

「あの小娘……どうりでなれなれしいはずだ…」

「振り向いてはいけない小道」

殺人鬼の一件という未練により、成仏できないでいた鈴美とアーノルドが居た場所。
入り口は杜王町のある通り、コンビニ「オーソン」と薬屋「ドラッグのキサラ」の間にある。
この入口はほとんどの人には見えないため、当然地図にも載っていない。
見える人(時)にはオーソンと薬屋の間に道路が存在するように見えるが、見えない人や入り口が閉じているときはオーソンのゴミ箱が置かれているなんの変哲もない隙間である。

この世とあの世の境目にある不思議な場所で、鈴美が殺された当時の町並みのまま残されており、落ちている犬のフンまでそのまま残っている。
近所で凶悪な殺人事件が起こったことなどから周囲の住人は随分前から住んでいる様子はなく、人が通らないせいなのか自販機の電源なども落とされた状態になっている。
杜王町で人が死ぬと上空を魂が飛び去っていくらしく、鈴美はその姿を見て殺人鬼が未だに杜王町に潜み、殺人を繰り返している事に心を痛めていた。

この場所自体が誰かのスタンド能力により生じたかものなのかどうかは不明だが、後述する正規の手段以外での脱出が不能なためなのか、スタンドを上空へ飛ばそうとすると平衡感覚を失って地面に衝突したりしてしまう。
一方、露伴は普通にスタンド能力を使っていたため、完全に使えないわけではない模様。

脱出するには単に振り向かずに出口に向かって歩いていけば良いだけだが、その名の通り「絶対に振り返ってはいけない」というルールがある。
振り向いてしまうと、この場所にいる「何か」の無数の手によって捕まえられ、あの世へと連れて行かれる。
基本的にはこの「何か」は後ろから気配を出す、転ばせるなどの妨害をするだけで、意思を強く持って振り返らずに進めば何の問題もないらしい。
が、康一と露伴が迷い込んだ時は鈴美の声色を装って「もう大丈夫」と声をかけ、振り向かせるという巧妙な罠を見せている(鈴美曰く「こんなハメ方をするなんて今まで一度もなかった(意訳)」らしい。変な連中好かれ気に入られる康一だからこそだろうか?)。

なお、この手は魂を捕まえるものだからか、スタンドであっても後ろを振り返ってしまった場合は問答無用で引きずり込まれ、振り返ってない場合は引き摺り込まれた者とどんな関係であっても何も起きない。
康一は露伴が機転を利かせ「何も見えなくなって吹っ飛ぶ」と書き込んで
何も見てない事にしてくれたおかげか、無事に通りから脱出しているが、後に露伴の背中に張り付いたスタンドチープ・トリックは能力(無理に引き剥がすと本体の背中が裂ける)を無視して引き剥がされ、あの世に連れて行かれているが、その時の憑依先=本体の露伴にはなんの異変も起こしていない。

実写版『岸辺露伴は動かない』では

本作には杉本鈴美は登場しないものの、第5話「背中の正面」で、この小道に相当する場所が登場する。

前回においてとある男に関わって恐ろしい目にあった露伴から「『坂』に潜む怪異」の話を聞いて、『坂』と名のつく場所に関する都市伝説について調べ始めた泉京香がその調査の中で見つけた『坂』の1つ、「平坂」として登場。

原作と違い、かごめかごめが聞こえる時、決して振り返ってはいけない場所」とされており、それ以外の時に振り返っても何も起きない。

しかし「かごめかごめが聞こえる時」=普段は「通りゃんせ」であるはずの音響信号のメロディが「かごめかごめ」に変わった時に振り向いてしまうと原作同様に無数の手によって「あの世」へと引きずり込まれてしまう。

この「平坂」という名は日本神話における『振り返ってはいけない』伝説に纏わる場所「黄泉比良坂」に由来するとされ、同じように「平坂」と名のつくこのような場所は他にも存在すると推測されている。
また露伴曰く、「坂」とは「何かと何かを隔てる、超えてはならない『境(さかい)』」でもあるという。

同話終盤では露伴が「背中に取り付いてしまった怪異」を引き剥がす為に訪れ、露伴の背中を見た泉に取り憑くため「振り向いた」その怪異を、原作と同じように引きずり込んでいった。

担当声優

広橋涼(ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル)
原紗友里(TVアニメ版)

関連イラスト

鈴美ちゃんかわ


杉本鈴美さん
案内してあげようか?



関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 4部 ダイヤモンドは砕けない
岸辺露伴 吉良吉影 広瀬康一
幽霊 黄金の精神

関連記事

親記事

ダイヤモンドは砕けない だいやもんどはくだけない

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4743631

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました