2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ルーシー・スティール

るーしーすてぃーる

ルーシー・スティールとは、「ジョジョの奇妙な冒険」第7部に登場するキャラクターのことである。
目次[非表示]

わたしが愛しているのはただのひとり・・・
夫だけです
スティールという姓あってこそのルーシー

概要

スティーブン・スティールの妻。旧姓はペンドルトン(→エリナ・ペンドルトン)。
年齢は14歳で、夫とは親娘以上に年の差が離れている。
幼少時に、落ちぶれていたスティールと出会い、借金の形に身売りされそうになっていたところを助けられて以降、夫婦として互いにかけがえのない相手となる。
ちなみに、劇中時点では夫には一切手を出されていない。

SBR開催後、夫が大統領に利用されているという事実を知り、彼を助けるために「遺体の在り処を記すメモ」を盗むことになる。
その後ジャイロ・ツェペリに幸せは自分の手で掴まなければならないと言われ、大統領の野望を阻止すべく単独で行動する。運命に翻弄されひたすらひどい目に合うが、時には手を汚しながらも戦っていく。

ジョジョに登場する一般人を甘く見てはいけないというキャラの一人でもある。

8部『ジョジョリオン』では最終盤の「ラヂオ・ガガ事件(1941年)」にて、老人となった彼女が登場しており、50年後はスピードワゴン財団所属の職員として働いていた様子。また「結婚していた頃もあるけど独身」との自己紹介からスティーブンとは既に別れていることが窺えるが、スティール姓を名乗り続けているため死別した(未亡人になっている)可能性もある。
このエピソードではロカカカの調査のために杜王町を訪れるが、その際に岩動物の一種であるラヂオ・ガガに襲われ、捕食されそうになる。同行していたジョセフの活躍もあり、何度か窮地を脱するも、事件の3年後に肺炎で死去した(来日した事件で、既に度々せき込んでいる様子が見られたことから、この時点で肺炎を患っていたとが考えられ、それが岩動物の襲撃によるストレス等で一気に悪化してしまったと考えられる)。なお、付き添いで渡米し、戦争の開戦に伴い帰国できなかったジョセフの援助も行っていた模様。
彼女の本来の目的であるロカカカの調査は進展なしという結果に終わったが、現場から逃げ去る直前に一瞬ではあるがロカカカを栽培していたと思われるある人物を目撃している。

スタンド「涙の乗車券(チケット・ゥ・ライド)」

【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - E / 持続力 - C / 精密動作性 - E / 成長性 - C】

ルーシーの流した涙が固形化し、それを剥がすことでカッターのような形状になる。
これに切りつけられた相手は一切のダメージを負わないが、本来は多様なはずの「運命の流れ」を断ち切られ固定されてしまう。
その結果、チケット・ゥ・ライドで切られた直後に起きた結末に必ず行き着くよう仕向けられる。
固定化された運命には逆らえず、逆らおうとすればするほど結果がより酷くなる。
例えばある部位に怪我をするという運命が繰り返され同じ部位への怪我が過激化し致命傷になったり、馬車に座って運転するのをやめようとし続けると次第に不幸が激化し蜂の群れに襲われたりする。

なおこの能力は、正確にはルーシー・スティールの能力ではなく、本体は『ルーシーに宿った遺体』である。全てのパーツが揃った聖人の遺体の影響により発現したものであり、ルーシー自身はあくまでそれを間借りしているに過ぎない。ルーシー自身に、スタンド能力の才能がないことは劇中でも語られており、ある意味では当然といえる。

名前の由来はビートルズの曲、Ticket To Ride

担当声優

桑島法子(オールスターバトル)

関連イラスト

ルーシー・スティール
C85表紙


ルーシー・スティール
ありがとう



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スティール・ボール・ラン SBR 7部
スティーブン・スティール ジョニィ・ジョースター ジャイロ・ツェペリ
ファニー・ヴァレンタイン大統領 スカーレット・ヴァレンタイン

関連記事

親記事

スティール・ボール・ラン すてぃーるぼーるらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルーシー・スティール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ルーシー・スティール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 435049

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました