ピクシブ百科事典

SPW財団

すぴーどわごんざいだん

SPW財団とは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する財団の名前である。
目次[非表示]

概要

ジョナサンの死後、アメリカ大陸に渡ったスピードワゴンがそこで石油を掘り当て、それで得た富を元手に設立した組織。第二部から登場。

本部はアメリカのテキサス州ダラス。経済において世界規模の影響力を有する巨大な組織で、世界中に支部が存在し、日本の東京都目黒区にも支部がある。

基本的に医療分野の事業を主軸にしている企業と言われているが、その裏ではスピードワゴン自身とジョースター一族の運命を狂わせた石仮面を含む古代文明に関する考古学研究も進めていた。

総帥たるスピードワゴンの死後も彼の遺言に従い全編を通してジョースター一族とその関係者を全面的にバックアップし続けている。

作中での活躍

第二部

中南米での考古学調査の末、ある遺跡で大量の石仮面と後にサンタナと名付けられる謎の異人類を発見、スピードワゴン本人とストレイツォを呼んで実地調査を行うが、しかしストレイツォの裏切りによりスピードワゴンは重傷を負い、その隙にサンタナをナチスに強奪される。
ジョセフがサンタナを倒した後(サンタナは財団の下に戻っている)はナチスと協力して対吸血鬼用の紫外線照射装置などを作るなどしてジョセフのサポートを行っている。

第三部

スピードワゴンの死後もジョースター家への支援を続けており、ジョセフの娘ホリィDIOのスタンド発現の影響で倒れた際には在宅医療班を派遣した。
その後は何度か承太郎一行がエジプトへ向かうための乗り物をチャーターしているが、その都度DIOの配下による妨害工作を受けている。
その他には追加要員としてイギーをエジプトまで移送したり、またンドゥールの攻撃で負傷した花京院の目の治療とペットショップ戦で左前足を失ったイギーの応急処置も行った。
アニメでは敵スタンド使いの監視も行っている。

第四部

ジョセフを船に乗せ杜王港まで移送した。その後も承太郎に様々な情報を提供する。
音石に自白剤を使い弓と矢を何に使ったか自白させた他、形兆が所持していた弓と矢を回収した。

第五部

DIOの子孫の情報を探るため康一がイタリアに行くための費用を負担した。

第六部

プッチ神父に記憶ディスクを抜き取られたことで仮死状態になった承太郎の治療を行った。
また伝書鳩(サヴェジ・ガーデン)で承太郎のスタンドディスクを輸送した。

第七部以降は世界観そのものが変わっている為、事実上第六部で出番は終了した。

余談

第七部ではスピードワゴン石油株式会社というものが登場する。
この世界のスピードワゴンは石油を掘り当てたのかは不明だが、少なくとも石油を売っているのは確かなようだ。
なおこの会社は第八部以降は登場していないため、一種のファンサービスに過ぎないようだ。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険
ファントムブラッド 戦闘潮流 スターダストクルセイダース ダイヤモンドは砕けない 黄金の風 ストーンオーシャン
ツェペリ家…こちらも二部までジョースター家と因縁があった。

コメント