ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

柱の男

はしらのおとこ

荒木飛呂彦による漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第2部「戦闘潮流」に登場する種族。
目次 [非表示]

概要編集

柱の男とは、荒木飛呂彦による漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第2部「戦闘潮流」に登場する種族である。


一度の睡眠で2千年も眠る。その際にと一体化して眠るため、「柱の男」と名付けられた。

この呼称は、ジョセフ・ジョースターらによるものであり、本来の名称は「闇の種族」。個々の頭部に備わった、己の地位や力を示す触角)が特徴。


人類とは違った進化を辿った者たちであり、古代において悪魔、あるいはと認知されてきた。人とは比較にならないほどの寿命・知性・肉体を兼ね備えている、食物連鎖の頂点に位置する存在。


ジョジョシリーズの始まりのきっかけである「石仮面」も彼等内の一人が生み出したものである。


歴史編集

彼等は人間が歴史に誕生するはるか昔から活動していた。このため原始人には神として崇められていたという。

彼らは太陽の下では生きられないため地底に住居を築き、植物からエネルギーを取り込んで暮らしていた。


ある日、一人の天才が生まれた。

その男は自らの肉体に秘められた力を引き出すべく石仮面を作り出した。目的はあらゆる生物の頂点に立つ「究極生物」となること。すべてを支配し、すべての恐怖を克服することにあった。

目論み通り潜在能力を開花させるが、より多くのエネルギーを必要とする身体になってしまった。しかも太陽を克服するには至らず、男からすれば失敗も同然の結果であった。


一方、このことを知った一族は、石仮面を、天才を恐れた。このままではすべての生物が男によって滅ぼされかねないと危惧。天才の抹殺を決定する。


しかし、石仮面によって強化された肉体には闇の一族も敵わなかった。

逆に一族を滅ぼした男は、自身の思想に共鳴したエシディシを仲間に加え、そしてまだ赤子だったワムウサンタナを連れ旅に出た。

それは、太陽を克服するための旅立ち。すべての生物の頂点に立つための道程。

これが彼等にとって当てのない、長い長い冒険の始まりであった。


アニメ版ではカーズ1人で一族を滅ぼしたのではなく、その隣にエシディシの姿も描かれている。


なお、一族には女性もいたようだが滅亡したようで現代には登場していない。

原作には一族の老婆が登場しており、アニメ版ではこの老婆が族長とされている(「奴を殺してしまわなくては!」と叫んでいる人物)。


そして時は流れ現代、エイジャの赤石と呼ばれる宝石を巡って、ジョセフ・ジョースター等波紋戦士たちと死闘を繰り広げることとなる。


普通の生物と同じように口から食べ物を摂取することもあるが、彼らは全身が消化器であり、相手に触れるだけで細胞が同化し、消化液を出して「食べてしまう」。

特に強い力を宿す吸血鬼を好み、石仮面で吸血鬼を量産して捕食していた。


腕の関節を外して回転させて竜巻を起こしたり顔を粘土のように潰して曲げてみせたりダイナマイトを飲み込んで腹の中で爆発させても平然としていたりと、もはや常識というもの自体が無意味に思えるほどの身体能力を持つ。彼等の前では、武器はおろか生半可な波紋さえ意味を成さない。


一応、吸血鬼と同様に紫外線に弱いという弱点があるが、食らっても蒸発して即死するわけではなく石化して行動不能になってしまうのみ。また、弱い波紋程度ならばその皮膚で易々と弾いてしまうが、エシディシ曰く「強い波紋を受けると死ぬ」らしい。


しかし、彼等がスーパーエイジャをはめた石仮面をかぶり究極生命体(アルティミット・シイング)となった場合はその限りではない。人間がかぶり吸血鬼と成った場合とは逆に紫外線を完全克服してしまうために、波紋攻撃が全く通用しなくなるばかりかその気になれば鍛錬無しでいきなり波紋呼吸法を操れるというチート性能をも得てしまう(波紋の威力はカーズの場合、ジョセフの数百倍で食らった部位の皮膚と筋肉が溶ける)。


食物連鎖の頂点に立つ種族として人間のことは基本的に見下しているが、厳しい環境の中で咲く花を踏むのを避けたり戦士としての誇りを尊重する精神や同族への思いやりを忘れないなどの気高い一面も持ちあわせており、4人とも敵キャラクターながらそれぞれが非常に魅力的なキャラクター性を備えている。


闇の種族編集

カーズ達柱の男達の本来の種族名。太古の昔、人類とは異なる進化の果てに生まれた知的生命体であり、見た目は人間とほぼ変わりないが大柄で頭に角を持ち、他の動植物の生命力を糧とすることで非常に長い期間生きられる特性を持っていた。陽光の下では生きて行けない身体であったことから洞窟や地下で暮らしていた。死ぬ確率が低く生き物として非常に強かったためか個体数は少なく、争いも好まぬ平和な種族だった。

のちに生まれた人類達は、彼等を悪魔と呼んで畏れ敬った。


しかし、異端の天才カーズの誕生によって種族の繁栄は終わりを告げる。元より平和を愛していた闇の種族にとって、地球の生態系を滅ぼしかねないカーズの発明「石仮面」は到底許せるものではなく、究極生命体にならんとするカーズの野望を阻止すべく殺しにかかったが、逆上したカーズによって返り討ちに遭い、結果皆殺しにされてしまった。


太陽の光を浴びると塵と化してしまう体質もあって、闇の種族は化石も残さずこの世から消滅してしまい、その存在はカーズたちの記憶の中にしか残らなかった。


関連イラスト編集

HASHIRA柱の男柱の柱の男


関連動画編集

Awake (通称:『柱の男のテーマ』)


関連タグ編集

ジョジョの奇妙な冒険 戦闘潮流

カーズ ワムウ エシディシ サンタナ


岩人間第8部に登場する類似点のある部族。なお、第7部以降の世界には石仮面は存在しない。


ハイウェイ・スター第4部に登場するスタンド。こちらは人間の養分を吸収する。

関連記事

親記事

戦闘潮流の登場キャラクター一覧 にぶのとうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9739678

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました