ピクシブ百科事典

柱の男

はしらのおとこ

荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第2部「戦闘潮流」に登場する種族。
目次[非表示]

柱の男とは、荒木飛呂彦漫画ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第2部戦闘潮流に登場する種族である。

概要

「柱の男」という呼称は、ジョセフ・ジョースターらによるものであり、本来の名称は「闇の種族」。個々の頭部に備わった、己の地位や力を示す触角)が特徴。
人類とは違った進化を辿った者たちであり、古代において悪魔、あるいはと認知されてきた。人とは比較にならないほどの寿命・知性・肉体を兼ね備えている。『ジョジョ』サーガの始まりのきっかけである石仮面も彼らの発明した物。

柱の女


一度の睡眠で2千年も眠り、その際に柱と一体化して眠るため「柱の男」と名付けられた。かつては女性もいたようだが(上の画像)、『究極生命体』へと至る野望を抱いたカーズを抹殺しようとして逆に滅ぼされ、カーズ、エシディシ、そして当時はまだ赤子だったワムウサンタナの4人のみが生き残った。そもそも食物連鎖の頂点に座す存在であった故、繁殖力自体は低かったらしい。

そして時は流れ現代、エイジャの赤石と呼ばれる宝石を巡って、ジョセフ・ジョースターら波紋戦士たちと死闘を繰り広げることとなる。

普通の生物と同じように口から食べ物を摂取することもあるが、彼らは全身が消化器官であり、相手に触れるだけで細胞が同化し、消化液を出して「食べてしまう」。
特に強い力を宿す吸血鬼を好み、石仮面で吸血鬼を量産して捕食していた。

腕の関節を外して回転させて竜巻を起こしたり、顔を粘土のように潰して曲げてみせたり、ダイナマイトを飲み込んで腹の中で爆発させても平然としていたりと、もはや常識というもの自体が無意味に思えるほどの身体能力を持つ。彼らの前では、武器はおろか生半可な波紋さえ意味を成さない。

一応、吸血鬼と同様に紫外線に弱いが、即死するわけではなく石化してしまうのみ。また、弱い波紋程度ならばその皮膚で易々と弾いてしまうが、エシディシ曰く「強い波紋を受けると死ぬ」らしい。
人間が通常の静電気で死ぬことはなくても、電流が大きいと死ぬのに似たようなものである。

しかし、彼らが石仮面を被った場合はその限りではなく、人間とは逆に紫外線を完全克服してしまうために波紋攻撃が全く通用しなくなるばかりかその気になれば波紋をも練れるというチート性能を得る(威力はジョセフの100倍)。

戦士としての誇りや同族への思いやりを忘れない気高い一面を持ち、敵ながら彼ら4人それぞれが非常に魅力的なキャラクター性を備えている。

関連イラスト

HASHIRA
在りし日の柱の3人BB



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 戦闘潮流
カーズ ワムウ エシディシ サンタナ
死のウエディングリング 柱の女

岩人間・・・同じように休眠時には体を石化させ、ある程度まで長寿な種族

関連記事

親記事

戦闘潮流 せんとうちょうりゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「柱の男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5480911

コメント