ピクシブ百科事典

死のウエディングリング

しのうえでぃんぐりんぐ

ジョジョの奇妙な冒険の第2部、「戦闘潮流」に登場するアイテムである。

概要

漫画・アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」の第二部、「戦闘潮流」に登場するアイテム。が仕込んであり、一定時間が経つと溶解し始めて持ち主を死に追いやる。

柱の男であるワムウが、ジョセフが一ヵ月後の戦いから逃げ出さないようにと心臓の動脈に埋め込み、エシディシも便乗する形で喉に埋め込んだ(ジョセフ曰く「二つじゃ重婚罪じゃねーか」)。


その際、エシディシがカーズにも指輪を埋め込むかを聞いたが、彼だけは指輪は埋め込まなかった。彼曰く「長い年月生きる我々は好敵手がいてもいずれ死んでしまう」とのこと。要するに埋め込んだ所で何になる、といったところか。カーズは埋め込まなかっただけで、リング自体は所持しているという事になる。ジョセフは最終的にカーズを完全に倒してはいないため、もしもカーズがリングを埋め込んでいたとしたら、ジョセフはリングを取り損ねて死亡し、生まれなかった可能性もある。

ワムウとエシディシのリングはどちらも違う毒が入っており、1ヶ月経つとリングが溶解し始め、埋め込んだ者を死へ追い遣る。外科手術での摘出が困難な箇所に仕込まれている上に体組織と同化されている部分すらあるという念の入れようであり、助かるためには解毒剤を入手する他ない。
その解毒剤が入った「結婚指輪の片割れ」も柱の男達が肌身離さず所持しているため戦いを避ける事は出来ず(そもそも決闘を約束させる目的なので当然か)、前者は直接撃破して、後者はシーザーが命懸けで奪取する事で手に入れ、死を逃れることが出来た(ただし、飲んだのは決闘場でジョセフが宣言した通りワムウを倒してから飲んだ)。

ちなみに結婚指輪の起源は諸説あるが9世紀前後だとされる(婚約指輪ならもっと遡る)。


この柱の男たちとの戦いから何十年後も後、老後のジョセフがまさか若い女性と不倫して、よりも年下の息子を授かっていたことが判明するとは誰が予想していたことか…ある種の未来への暗示だったのかもしれない。


関連タグ

ジョセフ・ジョースター ワムウ エシディシ 結婚指輪 死の結婚指輪(表記揺れ)

関連記事

親記事

柱の男 はしらのおとこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「死のウエディングリング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93058

コメント