ピクシブ百科事典

婚約指輪

こんやくゆびわ

かつて「給料の3ヶ月分」といわれたもの
目次[非表示]

婚約指輪とは、男性が婚約の記念に女性に贈る指輪のこと。
男性の払う着手金のような意味合いがあり、通常女性から男性には贈らない。
英語では「エンゲージメント・リング(engagement ring)」。日本では「エンゲージリング」ともよばれる。

左手の薬指につけるが、これは、古代ローマで左手薬指の血管が心臓に直結していると考えられていたためである。心臓の中に感情の中心があり、これがに結びつくとされていたことから左手薬指にはめる習慣が生まれた。また、途切れることがない丸い輪は永遠をあらわし、魔を防ぐものともいわれている。

結婚式でお互いに交換する結婚指輪とは別のもの。
婚約指輪を贈らなかったり、婚約指輪と結婚指輪を兼ねた指輪を贈るカップルもいる。

真、結婚しよう!


起源

婚約指輪の歴史は古代ローマにさかのぼる。当時は結婚自体よりも、様々な約束を含んだ婚約の儀式の方が重要視されていた。そして、その約束の履行を誓約する印として、鉄の輪を婚約指輪として用いるようになった。
当初、婚約指輪に貴金属を使用する事は一部の特権階級に限られていたが、2世紀になると「金」の婚約指輪が一般にも普及するようになった。しかし当時の金は非常に価値の高いものだったため、金の指輪は外出時に着用するだけで、家に帰るとすぐに鉄の指輪に着け替えていたという。

現在、婚約指輪に使われる宝石といえばダイヤモンドが一般的だが、中世ではサファイアルビーが使われていた。1477年、神聖ローマ帝国皇帝になるマキシミリアン大使がブルゴーニュ公女マリーに結婚を申し込んだ時に、ドイツのモロルティンガー博士が、「不屈の力」「永遠」を意味する石のダイヤモンドの婚約指輪を贈るよう助言したのが、ダイヤモンドを婚約指輪に使った最も古い記録である。

日本では明治時代に広まった。

婚約指輪の価格

「給料の3か月分」というフレーズが有名だが、これは1970年にデ・ビアス社(宝石会社)が宣伝広告で使用したキャッチフレーズが広まったものである。当時は円が弱かったため、「給料3か月分」であったが、現在の円の価値なら給料1か月分ほどと思われる。実際、2012年の婚約指輪の価格は20~40万円ほどであることが多い。平均価格は31.7万円(ゼクシィ結婚トレンド調査2012)

結婚してください


プロポーズに婚約指輪は必要か

ドラマ漫画では、プロポーズの言葉とともに、男性が女性に指輪を差し出す…というシーンがよく見られる。このサプライズプロポーズを現実にやってみたいという男性は意外と多く、プロポーズの前に婚約指輪を購入する男性は3~4割ほどだという。
しかし実際には「サイズが合わなかった」「彼の選んだデザインが好みではなかった」「ふたりで選びたかったと言われてしまった」などの失敗談もあり、成功させるためにはかなりの計画性とリサーチ力が必要である。この失敗はそれなりに多いらしく、これを防ぐために、「プロポーズリング」と呼ばれるプロポーズ用の仮の指輪を提供している宝飾メーカーも存在する。
また最近では、おもちゃの指輪や 指輪をかたどった雑貨(キーホルダーなど)を渡し、「OKなら今度一緒に本物を買いに行こう」という演出方法もメジャーになりつつある。

別名・表記揺れ

エンゲージリング

関連タグ

結婚 婚約 プロポーズ / 求婚 結納
婚約者 許婚 / 許嫁
結婚指輪 プロポーズリング
アクセサリー 指輪 宝石 ダイヤモンド

外部リンク

「ヨーロッパの指輪」 京都産業大学文化学部 谷優子
男のゼクシィnet 「婚約指輪を用意する」

pixivに投稿された作品 pixivで「婚約指輪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145246

コメント