ピクシブ百科事典

婚約破棄

こんやくはき

婚約を破棄すること。あるいは、これを主テーマに扱った作品のジャンル。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 婚約(結婚の約束)を破棄し、関係をなかったことにすること。
  2. 主人公が自らに害が及ばない形で、1.の結末を目指して行動する物語ジャンルのこと。婚約破棄ものと呼ばれる。
  3. 近年、流行した「悪役令嬢もの」から発生した、と言われる物語ジャンルのこと。2.と同様に「婚約破棄もの」と称されるものの、物語における状況や目的が、2.とは正反対で、2.のジャンルに対するヘイト創作の側面が出る事もあるので注意。


概要

1.の概要

結婚の約束をしたカップルや両家が、様々な理由から、その約束を破棄すること。

上述では「なかったことにする」と言ったものの、当然のことながら現実では本当になかったことになんか、なるわけがないので、要注意。

というのも「結婚の約束」というのは、いわば「自身と相手の長い人生の大事を共に背負うために準備を行うための約束」である。いわば「結婚の前段階として、その延長線上に自らを置く(結婚同様の立場にあると明言する)」とする「契約」であり、その関係を明言している事は、つまりは「婚姻を結んでいる者と同様の誠意を相手に対して尽くさねばならない義務を負っている」事を意味している。
(蛇足だが法上の契約は、通常は口頭でも成立するものなので注意。「本人が言っているだけ」ならまだしも「契約が家族や友人の周知にある」状態である場合は確実に契約(婚約)は成立しているものとして扱われる)

実際に公文書(結婚届など)を交わさぬ以上は離婚よりかは責任が軽いとも言われがちだが、どのみち契約である以上は時折に聞く「まだ婚約だから」などという文言は(公文書を交わしていない状況は、ある程度は汲まれるものの)普通は通用しない。その破棄に対する責任は離婚と同様、有責側(婚約破棄に至る原因を生じさせた側)が賠償や慰謝などの道義的かつ社会的な責任を負う事になる。(有責に男女は関係ない)

しかし、自由恋愛の(恋愛は「心や感情」なのだから、それは契約や社会とは離れたところにあるべきだ、とする)立場から見た場合には、こうした約束・契約は非常に理不尽に見えるもので、その部分から婚約という社会的な事象に対するアンチ的な感情として以下に言う「婚約破棄もの」が出てきた側面も、まぁ無い事もない。

2.の概要

上述の通り、婚約の破棄においては有責側が責任を負う事になる。

逆に言えば「婚約破棄を望む側」にとってみれば、これを決行するにあたっていかに自分を綺麗に見せ、相手側に責任をなすりつけるかというのが、非常に重要なファクターとなっている。
2.に言う「婚約破棄もの」とは、自分が愛する人と幸せになるそのために状況を整え、「責任が相手にある」証拠(時に捏造冤罪を含む)を揃え、自らの望む自由な未来(=婚約相手が自らに害を及ぼさないようにする状況)に至る事を目的としている。

3.の概要

こちらの「婚約破棄もの」は2.の主人公たちとは逆の立場で語られるもので、本来はヒロインの攻略対象と婚約関係なのだが、悪役令嬢であるためにその悪事が露見し、断罪されて婚約を破棄され、改めて関係を清算した(元)婚約者はヒロインと結ばれる…事を知っている転生者が「その最悪の事態を回避するため」あるいは「断罪後の余生を平穏に暮らすために奔走する」のがテンプレート。
悪役令嬢が新ジャンルとして台頭に立つと同時に発展したため、「悪役令嬢」ものとほぼ同意義に用いられることもある。

関連タグ

婚約 結婚 離婚
悪役令嬢

関連記事

親記事

婚約 こんやく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「婚約破棄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 932

コメント