ピクシブ百科事典

ストレイツォ

すとれいつぉ

『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物である。
目次[非表示]

このストレイツォ容赦せん!!

概要

名前の元ネタは、イギリスのロック・バンド「ダイアー・ストレイツ」から。

このストレイツォ容赦せん!」が決め台詞…だが、一部と二部では意味合いが大きく異なってしまっている。

第1部(ファントムブラッド

黒髪の長髪をなびかせる美青年。25歳。

タルカス撃破後、ジョナサンロバート・E・O・スピードワゴンの元に波紋法の総帥・トンペティ老師の弟子として終盤に登場。
老師および兄弟弟子のダイアーさんと共にツェペリを助けに来るも、残念ながら間に合わなかった。

最終決戦ではディオをダイアーさんとジョナサンに任せ、自分は屍生人4体の集まり「血管針カルテット」をまとめて一掃した。

第2部(戦闘潮流)

老師トンペティの後を継ぎ、チベット波紋法の指導者として登場。またリサリサの育ての親で波紋の師匠でもあった。
年齢はスピードワゴンと同じ75歳。だが外見の年齢は50代そこそこ。

しかし肉体を比較的若々しく保てる波紋使いだけに、かえって「自分は常人より少し優れているだけで、いずれは老いさらばえるのだ」と自覚してしまい、かつて見たディオへの美しさ、強さの憧れを抑えられず、ついにスピードワゴンを襲撃し、弟子たちを殺害。奪った石仮面を被って吸血鬼と化してしまった。

その後、吸血鬼である自身の障害になるであろうジョセフ・ジョースターを倒すべくニューヨークに出現。能力をフルに使って彼を追い詰めるが、ジョセフの奇策の前に敗北。
「柱の男」の脅威をジョセフに伝え、自らの呼吸で体内に(吸血鬼を消滅させる)波紋を生成し、若返った事に満足を抱きながらその波乱の生涯に幕を閉じた。

なお、ストレイツォの敗因は皮肉にもディオがジョナサンの命を奪った空裂眼刺驚を波紋グラスで跳ね返された事だった。
またジョセフの策により複数のグレネードで体を破壊されるシーンがあるが、吸血鬼なので体は再生するがさすがに服ばかりは修復のしようがないため、戦闘終盤では全裸で戦うというシリアスな笑いを提供している。真夜中の街を全裸で彷徨ったり人質を取ったりする光景はなかなかにシュール。

ジョジョでも比較的珍しい正統派の美形キャラであった為、その後コミックスに掲載された、熱心なファンからのあーん!スト様が死んだ!で始まるファンレターは語り草になっている。

声優

三浦祥朗 (PS2版)
飛田展男(テレビアニメ版)

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 波紋法 トンペティ ダイアー リサリサ 吸血鬼 若返り 裸だったら何が悪い

pixivに投稿された作品 pixivで「ストレイツォ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208697

コメント