ピクシブ百科事典

タルカス(ジョジョの奇妙な冒険)

たるかす

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第一部 ファントムブラッド』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「笑わせるな!骨ごとひき肉(ミンチ)にしてやるわ」

CV郷里大輔(PS版)/ 園部好徳(映画版)/ 稲田徹(TV版)

※Pixiv内では「タルカス」タグでの使用が多い。

概要

かつてスコットランド王国女王、メアリー・スチュアートに仕え守護してきた騎士。

架空の人物だが、作中においては相方のブラフォードと共に王国の双璧として君臨し、イギリス国民なら誰もが知っている超有名な英雄的存在という設定になっている。
常人の倍以上の身長を持つ筋骨隆々の巨漢で、刃渡り2m近い大剣を持ち、それを振り下ろせば巨岩をバターのように真っ二つにするほどの剛腕の持ち主。過酷な試練「77の輝輪」を成功させた5人のうちの一人でもある。

代々騎士を輩出してきた家柄の出身だが、家族は戦で全員失っている。
青春を空しさと肉体の鍛錬の中で送っていたが、メアリー女王にやすらぎを与えられ、命を投げ出せるほどの忠誠を誓った。

メアリーに夫殺しの容疑が掛けられ戦争を仕掛けられた際には、ブラフォードと共に軍を率いて各地を転戦し勝利するものの、メアリー側は敗北。
投降すればメアリーの命を助けるという条件を呑むも、処刑寸前に約束を破られメアリーは既に処刑されていたことを告げられ、この世を呪いながら処刑された。しかしその筋肉の強さゆえに首を切り落とすのは簡単ではなかったという。

300年後にゾンビとして吸血鬼ディオ・ブランドー」の手によって復活。
剣で地割れを起こすほどの圧倒的なパワーを獲得しジョジョウィル・A・ツェペリの前に立ちふさがる。

ジョジョとの戦いの中で高潔さを取り戻し、騎士道を貫いたブラフォードとは違い、
・仲間を罵倒する
・「殺戮のエリート」と称し、子供を惨殺しようとする
・2人の不良少年を雑巾を絞るように身体をねじり、全身から血を噴き出させ殺害して血を啜る
・決闘と言っておきながら目潰し攻撃を仕掛ける
など、その行動はことごとく残忍で醜悪。生前の誇り高さを失って、心の底からディオに忠誠を誓い、魂を売り渡した卑劣なゾンビに成り果てている。

『双首竜の間』でジョジョを得意のチェーン首輪デスマッチに誘い込んで、凄まじいパワーで叩きのめす。加勢したツェペリの攻撃も難なくかわした上で、必殺技『天地来蛇殺(ヘルヘブンスネーキル)』でジョジョの首の骨を折り、ツェペリの胴体を真っ二つにして殺害した。
だが、ツェペリが死に際に『究極・深仙脈疾走』でジョジョを蘇生させたことで形勢は逆転。パワーアップしたジョジョに圧倒され、目つぶしを行ってまで勝ちを拾おうとしたが、最期は顔面に両拳を叩き込まれ一瞬で蒸発し、消滅した。

余談

名前の由来はエマーソン・レイク・アンド・パーマーのアルバム『タルカス』から。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド
屍生人 ブラフォード
ワンチェン ジャック・ザ・リパー アダムスさん 怪人ドゥービー

関連記事

親記事

屍生人 ぞんび

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タルカス(ジョジョの奇妙な冒険)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 333

コメント