ピクシブ百科事典

タルカス

たるかす

漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第一部 ファントムブラッド』に登場するキャラクター。

名前の元ネタはEL&Pのアルバム『タルカス』から。
タルカスというのはアルマジロと戦車が合体したような架空の生物。噴火と共に生まれ、地上の全てを破壊した後、マンティコアと戦い、傷ついて海に帰っていくというストーリーが組曲で語られる。

「笑わせるな!骨ごとひき肉(ミンチ)にしてやるわ」

概要

CV郷里大輔(ゲーム版)/ 園部好徳(映画版)/ 稲田徹(TV版)

かつてスコットランド王国女王「メアリー・スチュアート」に仕え守護してきた騎士。
相方のブラフォードと共に王国の双璧として君臨し、イギリス国民なら誰もが知っている超有名な英雄的存在。
過酷な試練「77の輝輪」を成功させた5人のうちの一人。
巨漢で巨大なを持ち、それを振り下ろせば巨岩をバターのように真っ二つにするほどの剛腕の持ち主。

代々騎士を輩出してきた家柄の出身だが、家族は戦で全員失っている。
青春を空しさと肉体の鍛錬の中で送っていたが、メアリー女王にやすらぎを与えられ、命を投げ出せるほどの忠誠を誓った。

メアリーに夫殺しの容疑が掛けられ戦争を仕掛けられた際には、ブラフォードと共に軍を率いて各地を転戦し勝利するもののメアリー側は敗北。
投降すればメアリーの命を助けるという条件を呑むも、処刑寸前に約束を破られメアリーは既に処刑されていたことを告げられ、この世を恨みながら処刑された。

300年後にゾンビとして吸血鬼ディオ・ブランドー」によって復活。
剣で地割れを起こすほどの圧倒的なパワーを獲得しジョナサン・ジョースターウィル・A・ツェペリの前に立ちふさがる。
復活後も騎士道を貫いたブラフォードと違い、残忍で醜悪な性格となってしまっている。
行動も、仲間を罵倒する・殺戮のエリートと称し子どもを惨殺しようとする・決闘と言っておきながら目潰し攻撃を仕掛けるなど、心の底からディオに忠誠を誓い魂を売り渡した卑劣なゾンビに成り果てている。

『双首尾の間』でジョナサンを得意の首輪デスマッチに誘い込んで彼を窮地に陥れ、加勢したツェペリの攻撃をなんなくかわし、必殺技『天地来蛇殺(ヘルヘブンスネーキル)』でジョナサンの首の骨を折りツェペリの胴体を真っ二つにして殺害する。だが、ツェペリが死に際に『究極・深仙脈疾走』でジョナサンを蘇生させたことで形勢逆転されてしまう。最期はパワーアップしたジョナサンに圧倒され目つぶしを行ってまで勝ちを拾おうとしたが、ジョナサンから顔面に両拳を叩き込まれ一瞬で蒸発し、消滅した。

卑劣なゾンビではあったものの相棒のブラフォードが穏やかな気持ちでこの世を去ったことを考えると、ある意味では悲劇的な最期を迎えたともいえなくもない。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 屍生人 ジョジョ JOJO 1部 ファントムブラッド 騎士 戦士 ゾンビ
ヴァニラ・アイス・・・第3部の狂信者。歪んだ精神を持ちDIOによってゾンビとして蘇った所が共通している。

pixivに投稿された作品 pixivで「タルカス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129056

コメント