ピクシブ百科事典

空裂眼刺驚

すぺーすりぱーすてぃんぎーあいず

「ジョジョの奇妙な冒険」第二部「戦闘潮流」にてストレイツォが繰り出した技。
目次[非表示]

概要

 左右の眼球から高圧で体液を発射し、標的を撃ち抜く技。
 初出は気化冷凍法が通用しなくなった直後である。

 最初にディオが使用した時は特に名称はなかったが、後にストレイツォはこの技を「空裂眼刺驚(スペースリパー・スティンギーアイズ)」と名付けた。
 発射する時には眼球が裂け、その亀裂から体液を飛ばすが、吸血鬼の驚異的復元力により、ディオもストレイツォも数コマ後には眼球は元通りに再生している。

劇中での描写

 ディオはこの技を二回使用している。
 一度目はジョナサンとの最終決戦の際、全身に波紋を流し込まれながらも最後の悪あがきとして放ったもので、わずかに狙いが逸れ、ジョナサンに「あと数センチ右にいたら脳が破壊されていた」と冷や汗を流させた。
 そして二度目、ジョナサンとエリナの新婚旅行中の船内に、首だけの姿となって姿を現したディオは再びこの技を放つ。ジョナサンも今度はかわす事ができずに首を撃ち抜かれ、呼吸ができず命を落とす結果になった。

 その50年後。吸血鬼と化してニューヨークにやってきたストレイツォは、自分の障害になるであろうジョナサンの孫・ジョセフを狙う。
 前述のジョナサンとディオの対決の場に居合わせて、この技を目の当たりにし、さらにエリナからジョナサンの最期を聞かされていたであろうストレイツォは、孫のジョセフを倒すにふさわしい手段として、「空裂眼刺驚」を放つ。だが同じくエリナから「ジョナサンは目から飛び出す得体の知れない能力で殺された」と聞かされていたジョセフはその攻撃を予想しており、鏡に映った自分を狙わせるトリックで回避した。
 決着の際に逃げ場のない状況で再び撃たれたが、ジョセフは一度見たことで対抗策を編み出していた。波紋を流したグラスで「空裂眼刺驚」を跳ね返すことでストレイツォの頭部を破壊(ただし一発分しか跳ね返せないのでもう一発は喰らってしまった)し、逆上して襲ってきたストレイツォを撃破した。
 したたかさでも周到さでも、ジョセフの方がストレイツォより一枚上手であったのだ。

関連イラスト

 上記の通り、あくまで体液を飛ばす攻撃、いわば「超強力な水鉄砲」なのだが、目からビームのイラストにタグがつけられる事が多い。

うどんげビィイムッ!!!
艦これ&UL:古鷹 (抽刀斷水計)


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 戦闘潮流 ストレイツォ
サバクツノトカゲ:実際に目から血液を噴射する動物。破壊力は無いが、血中に含まれる物質で捕食者を追い払う。

サバクツノトカゲ

関連記事

親記事

ストレイツォ すとれいつぉ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「空裂眼刺驚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 764499

コメント