ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

漫画ジョジョの奇妙な冒険』に登場する術・波紋法の生み出すエネルギー"波紋"の発動状態。スタンドでいうと「スタンド攻撃をしている」状態に相当する。波紋といえば通常これを指す。その性質は第1部と第2部で微妙に設定が異なる。

本来は医療技術だが、波紋エネルギーの波長が太陽光のそれと同じであり、吸血鬼、屍生人、柱の男など、太陽の光を弱点とする生物や屍生人に致命傷を与えられる。劇中では医療行為にはほぼ用いられず、主人公達は怪物用の戦闘技術として習得、研鑽している。
その効果は多種多様で、攻撃以外にも、身体能力を少し上げる、水上を歩く、壁に張り付く、液体に強力な水圧をかける、木の葉を吸い寄せて固める、吸血鬼にかけられた催眠術をとく、逆に敵を操るなどの効果が確認されている。
基本ルールとして、波紋を流すためには何かに触れていなければならず、離れた相手を倒すような効果はない。
ただし液体には伝導し、水分を含んでいる物体には帯電させる事が可能なため、生物の体(花など)に波紋を込めて投げつけるといった流し方は可能。また、物体内の水分を波紋で破裂させることで、その物体を破裂させることはできるが、基本的に波紋を流しただけでは物体には破壊が起きない。波紋疾走レベルの強力な波紋を流された場合(特に人体)は物体内の水分(血液や臓器)に振動や衝撃が加わるため、結果として破壊が発生する場合はある。

ちなみに第1部では生物にしか波紋を込めることは出来なかった為、飛び道具は事実上生物(薔薇の茎など)じゃないと無理な設定だったが、第2部ではシャボン玉などの無生物でも波紋を込めることが出来るという設定に変更された。
そのためか第2部はシャボンランチャーなど、第1部より飛び道具で戦うことが多くなっている。

金属や水、油は波紋を伝えやすいとされており、その性質は電気に近いようである。

第1部では人間に流しても特に害のある描写はなかったが、第2部では強力な波紋は人間にも害があるという設定が追加された。
第3部でもこの人間にも害がある設定が引き続き採用されているらしく、実際にジョセフがスタンド相手に使用しようとする場面が見られる。

なお、スタンド相手では波紋は素通りしてしまう為、スタンドそのものには通用しない。その為遠隔操作型のスタンドには無力である。
だが逆に言えばスタンドは波紋を伝達できるという事にもなる為、本体が近くにいなければならない近距離パワー型のスタンド使いには有効。
ジョセフは若い頃得意としていたロープ・マジックの様に「隠者の紫」と山吹色の波紋疾走を兼用して使用していた。
劇中で波紋とスタンドの両方を使えるのはジョセフのみだが、もしも承太郎が波紋を使えていたならば、DIOとの対決はもっと早く決着が付いていたかもしれない。

第3部にて吸血鬼DIOとの因縁に決着が付いたためか、これ以降は波紋法が描写される事は無くなった。

能力分類

何種類かある。ここでは主に特殊な属性のついた波紋疾走を挙げる。
(1つしかない場合は技名そのものを、複数似た性質の技がある場合はその性質を挙げる。)

普通の波紋。通常波紋疾走といえば、これを指す。

  • 波紋探知機
ワインに波紋を流し、敵の位置を探る波紋。ジョナサンが使用。
敵の行動により起こった振動が地面、壁、壁に触れているジョナサンの腕を伝わり、ワインの水面に波紋として現れる。

  • 水を歩く
波紋を足から流し、水面と反発させて水面に立つ。
完全に歩けるようになるためには高度な技術が必要らしく、ツェペリ男爵でさえ飛びながらじゃないと無理なほど難易度が高い。
ジョナサンはまだ未熟なためか少しだけ水に沈んでいた。なおジョセフは生まれつきジョナサン並に歩ける模様。

  • ズームパンチ
関節を外すことで腕のリーチを伸ばし、目の錯覚を誘発させる必殺パンチ。波紋法の効力によって痛みを和らげ、瞬時に関節を外したり戻したりすることが出来る。無論、当たれば波紋の効果で吸血鬼や屍生人を浄化する事も出来る。

  • 身体能力を上げる
レンガを破壊する、岩山を揺らすなど、普通なら不可能なことが出来る。
しかし、流石に鋼鉄の扉を破壊するほどの威力はない模様(身体能力の上昇幅によっては破壊が可能な筋力を得ることはできる)。
スタンドでいう破壊力C(人並み)がこれを使用した人間、という意味かどうかは謎。
尤も、他人から波紋を受け取れば更に上がるが。

  • 催眠術を解く
波紋を流すことで可能。作中ではポコに使用。


  • 緋色の波紋疾走(スカーレットオーバードライブ)
熱を発生させる炎の波紋。ジョナサンが使用。

水中用の波紋。水中でも高速で伝わる波紋。遠くの敵も倒せる。ジョナサンが使用。part3格闘ゲーム版ではジョセフの必殺技になっている。

  • 銀色の波紋疾走(メタルシルバーオーバードライブ)
金属に流す波紋。武器による攻撃の防御とカウンター効果の両方を兼ねた技でもある。ジョナサンが使用。

  • 生命磁気への波紋疾走
木の葉などをくっつける波紋。これを利用して巨大グライダーを作れば空も飛べる
木の葉は波紋を帯びているので触れた者を返り討ちするカウンター効果もある。
ツェペリ男爵とジョナサンが使用。

  • 敵を操る
作中ではジョナサンがワンチェンの体を操った。第2部ではシーザーが女性を、ジョセフが鳩を操っている。

  • ヘアアタック
第2部でジョセフが使用。引き抜いた髪の毛を周囲に振りまくことでバリアを作る。髪の毛は水分を含むので、一本一本が波紋を帯電する。

  • 水の形を固定する(水圧をかける)
第2部でシーザー、ジョセフ、ロギンズが使用。
シーザーとジョセフはコップをひっくり返してもこぼさない器用なことが出来る。
ロギンズは水に指一本入れた状態で水をゼリー状に固め、それをそのまま普通に持ち歩くことが出来る。波紋は液体や水分に伝導、帯電するため劇中でも水や植物、オリーブ油、ワインや石鹸水(シャボン玉)など様々な液体を用いて、飛び道具や遠距離攻撃、防御、罠や奇襲など多彩な用途に用いられている。

  • 壁に貼りつく
第2部でジョセフとシーザーが修業で使用。水の形を固定する技術を会得するために必須の修業である。

  • 正の波紋と負の波紋
第2部でジョセフとシーザーが使った協力技。人質のスージーQに害を与えずにエシディシのみを倒すため2人が使用。
文字通り、全身に正(弾く性質の波紋)を流し、スージーQの心臓部には負(吸着する性質の波紋)を流すことでプラマイゼロになる(つまり無害になる)ので結果的にスージーQには全く被害がなく、エシディシのみにダメージを与えることに成功した。
ジョセフは正の波紋を、シーザーは負の波紋を担当。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 波紋/仙道/波紋法/波紋使い 山吹色の波紋疾走
ウィル・A・ツェペリ ジョナサン・ジョースター ジョセフ・ジョースター

関連記事

親記事

波紋法 はもんほう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「波紋疾走」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 402161

コメント