ピクシブ百科事典

吸血馬

きゅうけつば

『ジョジョの奇妙な冒険』第2部に登場した馬をやめた超生物。ここでは、彼らを使った競技に関しても記載する。
目次[非表示]

概要

ジョジョの奇妙な冒険』第2部「戦闘潮流」において、「柱の男カーズワムウが作り出した超生物。
元々は普通の黒毛のであったが、柱の男が石仮面を顔に載せたことにより神経を「押され」、吸血鬼として覚醒した。作中ではワムウVSジョセフ・ジョースター戦車競技を行うため、4頭出現した。

吸血鬼化した人間と同じく口には牙が生え(馬は犬歯が無いが、吸血馬は全ての歯が牙になっている)、体格もばん馬並みの巨体にパンプアップされた。パワーは通常の馬の150倍となり、要するに吸血馬戦車の馬力は300馬力ということになる。
ただし吸血鬼化してしまったため、日光を浴びると死んでしまう。戦車戦後は特に触れられることも無かったので、そのまま日光を浴びて消滅したと思われる。

戦車戦

かかって来なさァ~いワムゥ!


第2部終盤で行われた死のレース。古代ローマコロセウムを使用し、戦車で競技会場を一周しながら互いを攻撃する恐るべき競技。つまり、順位を競うわけではないので速けりゃいいというわけではない
コロセウムは一周960m、馬車はおおよそ1分でこれを一周できる速度(約60㎞/h)。
相手の出走妨害も、波紋や競技会場のオブジェを使用した攻撃も全てがOKというルール無用の格闘技である。
一周する都度に、武器マラソンの給水のように参加者に渡す。先に到着した方から好きな武器を選んでよい。一見すると大きい方が威力が高くて便利そうであるが、この戦いが戦車戦であることを忘れると自滅する危険性がある。

関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吸血馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67

コメント