ピクシブ百科事典

エリナ・ペンドルトン

えりなぺんどるとん

荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第1部「ファントムブラッド」のヒロイン。
目次[非表示]

ジョジョの奇妙な冒険』第1部「ファントムブラッド」のヒロイン
名前の元ネタはビートルズのヒット曲「エリナー・リグビー」から。

概要

1部の主人公ジョナサン・ジョースターの想い人。

少女時代、近所の悪ガキ2人組(「そこにシビれる!あこがれるゥ!」の二人)にいじめられているところをジョナサンに助けられ、それが切っ掛けで彼に恋心を抱くようになる。その後に再会して相思相愛の仲となり、ジョナサンとデートをするようになっていった。
河原で水浴びをしたときに、ジョナサンがそのへんの木にハートマークと二人の名前を彫った時には「まあ! ジョジョったらいけないひとッ!」と言いつつ頬を染めながら照れるなど、二人で平和な時間を共有していた。

だが、これをジョナサンの同居人で彼を貶めようと企むディオ・ブランドーに知られ、ある日の帰り道でディオに無理矢理に唇を奪われてしまう(当時の価値観で未婚の女性に手を上げることは、今で言えば往来で全裸にするくらいの蛮行である)。
だが、敢えてディオの前で近くに川があるのに泥水で口を漱いでみせる気丈さを覗かせた。ジョナサンはこれを知ってディオを泣くまで殴りにいっている。
この一件の終了後、少年期のジョジョとは会っていない。

それから7年後、石仮面吸血鬼となったディオとの決闘で傷ついたジョナサンのもとに現れる。
父が医者であったことから彼女も看護師となっており、彼女の勤務する病院に偶然に運ばれてきたジョナサンを、目が覚めるまで付きっきりで看病し続ける。
その献身ぶりは、火傷の熱を冷やすために千回を超えるほど冷たい水で布を絞り続け、指の皮がふやけて血が滲み、ジョナサンが目覚めて安堵すると気絶しかけるほどだった。

以後、再び互いを想い合う仲となり、互いに心の支えとなっていく。

ディオとの決着後、晴れてジョナサンと結婚して『エリナ・ジョースター』となる。
だが、新婚旅行で乗った蒸気船で首だけとなったディオと再会。
命を使い果たしたジョナサンとともに死のうとしたが、いまわの際に母親を失った赤ん坊を気遣うジョナサンの説得を受け、赤ん坊を抱えて船を脱出する。


その後、赤ん坊をストレイツォに託し、お腹に宿した息子・ジョージ二世を立派に育て上げていく。

性格

19世紀イギリスのレディとしての教養を仕込まれた淑女然とした穏やかな女性であるが、ジョナサンと気さくに遊ぶ明るく活発な感性と、一度心を決めればそれを曲げない「誇り高さ」を兼ね備えている。
ジョナサンを深く愛しており、7年離れてなお彼を想い続ける健気で一途な心の持ち主。
またジョナサンを喪ってからは、一人の大人の女性として気丈な人物へと成長していく。


担当声優

久川綾 (PS2)
水樹奈々 (劇場版)
川澄綾子 (TVアニメ1・2部)

その他

パラレルワールドであるPart7以降は、彼女の要素はルーシー・スティール(ペンドルトン)および東方理那に継承された。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ヒロイン
ファントムブラッド
ジョナサン・ジョースター ディオ・ブランドー ロバート・E・O・スピードワゴン
戦闘潮流
ジョセフ・ジョースター スモーキー・ブラウン リサリサ ジョージ・ジョースター

関連記事

親記事

ファントムブラッド ふぁんとむぶらっど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エリナ・ペンドルトン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1291611

コメント