ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ジョジョの奇妙な冒険』第1巻、愛しのエリナ(文庫版では〈侵略者ディオ・ブランドー その②〉)の最後に登場する表現。

本作における最大の悪役:ディオ・ブランドーは、父親が死亡し孤児になった後、地方の貴族であるジョースター家に引き取られ養子となる。

だが、彼はこの家の一人息子で彼の義兄弟になったジョナサン・ジョースターを精神的に追い詰め、自分がジョースター家の財産を乗っ取るという野望を企てていた。

ディオはジョナサンに対し、愛犬ダニーを蹴り上げたり、ボクシングでボコボコに打ち負かすなど、ひどい仕打ちを続けた。

しかし、ジョナサンはかつていじめられているところを助けた少女、エリナ・ペンドルトンと恋仲になり、明るい気持ちを取り戻す。

ディオはこのことを悟り、ジョナサンとエリナを引きはがそうとし、キスをする強硬手段に出る。

このキスをするときの擬音が、


ズキュウウウン


なのである。


話は変わって次の回、ディオの取り巻きがこの行動を

「さすがディオ!」

「おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!

と評している。


スティール・ボール・ランでは

『ジョジョの奇妙な冒険』第7部「スティール・ボール・ラン」では、彼の生まれ変わりとされるディエゴ・ブランドー(通称Dio)が登場するが、彼がホット・パンツに対してキスするときも似た表現が登場する。

この時の表記は「 ズギュウウウン 」である。注意されたし。


余談

  • 「ウ」の数は3つである。小文字大文字は問わない。(強いて言うなら、見る限りでは3つ目の「ゥ」は小さく見える)
  • 作者の、荒木飛呂彦氏は、このような劇中で使われる特徴的なオノマトペに対し、「サスペンス映画で使われるような効果音を漫画にも欲しい」と思ったのが発想の元であるらしい。

 さすが荒木先生!おれたちにできない表現を平然とやってのけるッ

 そこにシビれる!あこがれるゥ!

  • 約100年後が舞台の第3部では、肉の芽の支配下にあった頃の花京院が操っていた女医を救うため主人公、承太郎が取った手段は口から相手のスタンドを引きずり出すというもの。どう見てもキスだが、その際の効果音はドキューンである。
  • TVアニメ版ではギターを高音でかき鳴らした音声が当てられている。銃声をイメージしていた人も多かったらしく、それなりに物議を醸したようだ。
  • この同意を得ていない女性への強引なキスは当時としては強姦にも匹敵しかねない極めて破廉恥な行為である。というか現代でも同じようなことをすれば間違いなくセクハラとして問題になりかねない。あくまでディオだからこそ許され・・・たわけでもないので決して真似しないように。(それ故の反応が「川が近くにあるのに泥水で口を濯ぐ」行為であり、「テメーみたいなクソカスとキスするくらいならバッチィ泥水で口を濯いだ方が断然マシだもんねーッ!テメーの唇なんぞ泥水以下だッ!ザマミロ!」というこの上ない明確な拒絶の意味になる。)

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド ディオ・ブランドー ジョナサン・ジョースター エリナ・ペンドルトン


ズキュウウウンこのディオだッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!君がッ 泣くまで 殴るのをやめないッ!


スティール・ボール・ラン ズギュウウウン

ディエゴ・ブランドー ホット・パンツ


キス

関連記事

親記事

ディオ・ブランドー でぃおぶらんどー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8250458

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました