ピクシブ百科事典

通りゃんせ

とおりゃんせ

江戸時代に歌詞が成立したといわれる童歌。音響信号にも使われている。
目次[非表示]

概要

江戸時代に成立したと入れるわらべ歌
いつ作られたのかはっきりしていない歌であるもの発祥は神奈川県小田原市菅原神社(山角天神社)と埼玉県川越市三芳野神社が舞台という説があり、共に発祥の地という碑がある。
他にも関所を舞台とする説(出立は楽だが帰還の際は厳しく調べられるという歌詞)もある。
この歌詞の意味に神隠し伝説や人柱、埋蔵金伝説の関連付けをする人は多く、しばしば小説や映画、ドラマ、ゲーム等の創作の題材として取り上げられる。
また、ネット界隈では「能登こわいよ能登」を代表する歌としても知られている。

作詞者不明、本居長世編・作曲、或いは、野口雨情作とも伝えられる(1920年頃収録レコードに作者として記載されている)。

歌詞

原文

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

歌の訳

通りなさい、通りなさい。
ここは、どこの細道ですか?
天神様の細道ですよ。
ちょっと通して下さいませんか?
御用の無い者は、通しはしません。
この子の七つの御祝いに、御札を納めに参ります。
行きは良いですが、帰りは困難です。
困難ですが、
通りなさい、通りなさい。

音響用信号機における通りゃんせ。

音響用信号でも通りゃんせが使用されている。
1975年(昭和50年)位に音楽及び誘導音を2種類に統一する為、音楽式は「通りゃんせと故郷の空」に、擬音式は「ピヨピヨ、「カッコウ」が制定された。
主に京三製作所コイト電工日本信号の3社が使用され、音質も年代と業者により異なるようになった。(日本信号21号が一番、原曲に近い。)
しかし2003年(平成15年)頃になると警察庁が擬音式にする様に通達され、大阪府京都府神奈川県では既に全滅した。
他の音響用信号設置している都道県(東京都山梨県福岡県大分県など)では警視庁が管轄している東京都を除き新設されず、徐々に擬音式に切り替わっている状況となっている。
山梨日日新聞2017年(平成29年)2月2日の記事である信号機 消え行く『通りゃんせ』では79歳の主婦が「目が不自由な人の為には勿論、賛成。」と理解した上で「登下校中の子供達が、音楽の流れる横断歩道の光景が当たり前だった。メロディーがいつかなくなると思うと少し寂しくなってしまう。」と話した。
この事で街の活気が失われる懸念が存在する。

信号機の通りゃんせ聞き比べ。

日本信号21号

コイト電工

京三製作所


関連タグ

童歌 わらべ歌 江戸時代 信号機 音響用信号機 故郷の空

pixivに投稿された作品 pixivで「通りゃんせ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3268

コメント