ピクシブ百科事典

豆銑礼

まめずくらい

荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第8部「ジョジョリオン」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「えーと どや・・・」

概要

東方憲助専属の植物栽培師。読みは礼(レイ)ではなく礼(ライ)。31歳。
冬場以外はスキーリフトの上で暮らす(冬場はスキー場になって客が来る為、別荘で生活する。リフトの下には彼の果樹園がある)。生存率を求めることが得意。
これまでにいくつもの珍しい植物の栽培に成功してきた優秀な人物で、憲助から篤い信頼を寄せられている。豆銑もまた憲助には頭が上がらないようで、後ろ盾に憲助がいなければ定助に協力する気はさらさら無かったようだ。

接ぎ木されたロカカカの枝を探す定助は、憲助の紹介で彼に会いに行くが、その途中でドロミテに遭遇。何とか切り抜ける事に成功し、乗ったバスの中でまさかの出会いを果たす。
その後、接近するアーバン・ゲリラドレミファソラティ・ドの影に気付き、共に戦闘を開始する。

料理がうまく、彼の作ったロマノフを食べて定助が涙するほど。
康穂もまた彼を「いい人」だと絶賛していたが、適当に流していた。

実際のところは「何かを成すためなら多少の犠牲を厭わない」考えの持ち主で、高品質のイチゴを作り上げるために他のイチゴを害虫や病気を集めさせる囮に仕立て上げたり、敵の正体を見破るために康穂をリフトから叩き落とすことも平然とする。
そのため定助からは「どうかしている」と嫌悪感を剥き出しにされていた。

名前の元ネタは恐らく、EAGLE-EYE CHERRYの「When Mermaids Cry」であろう。

初登場の写真とは見た目が少し違う気がするが気にしない。
ジョジョではよくあることである。

スタンドドギー・スタイル

その名の通り犬のような細長い顔と、逆三角形気味の巨大な上半身を持つスタンド(下半身は無い)。両肩には「豆」と書かれている。
本体の身体をワイヤーのように解いて伸ばし、飛ばす事が出来る。実際の手足のように使う事もでき、その強度は伸ばした時の太さに依存する。
空条徐倫ストーン・フリーに似た能力だが、ドギー・スタイルは帯状に肉体を伸ばすため一本一本の強度が高く、活用の仕方が変わってくる。また画像を見ての通りスタンドに手足のようなものは見当たらないので、スタンド自体の破壊性能は無い。

名前の元ネタはアメリカのラッパー、スヌープ・ドッグの同名のアルバム名から。ちなみに、「doggy style」は後背位を意味する。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 JOJO ジョジョリオン
東方定助 広瀬康穂 

岸辺露伴・・・傍若無人な言動や性格がやや似ている。
鋼田一豊大・・・家ではない何かに暮らす点が共通。

pixivに投稿された作品 pixivで「豆銑礼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1096

コメント