ピクシブ百科事典

吉良・ホリー・ジョースター

きらほりぃじょーすたー

「ジョジョの奇妙な冒険」第8部「ジョジョリオン」の登場人物。
目次[非表示]

自明の下では見過ごされて良い事などひとつとしてないの

概要

52歳。吉良吉影虹村京の母親。
かつては医師をしていた。現在は脳に奇妙な症状が見つかった(後述)ためTG大学病院に入院している。
また第8部の主人公:東方定助と同様、物の全長・距離を目視で精密に測ることができる。

スタンドの存在についても知っているようで、病院を訪れた康穂がスタンド能力に覚醒したことを見抜いている。また、吉良に関する情報を聞き出そうとする康穂に対して「家系図を調べろ」というメッセージを残している。
彼女がスタンド使いであるかどうかはわかっていない。

なお、彼女とはまた別に、空条仗世文の母親として、空条聖美(きよみ)という人物も登場している。こちらの名前も、3部でホリィが「聖子さんって呼んで」と言っていたことに因んだ名前と思われる。

過去

海で溺れて病院に搬送されてきた仗世文を吉影と共に助けている。この出来事のおかげで仗世文は彼女をとてもよく慕っており、彼が吉良のロカカカ強奪計画に協力する動機にもなっている。

また、かつて自殺未遂をした康穂を助けたのも彼女である。康穂はこのことをアーバン・ゲリラ戦後に思いだし、定助に協力する動機を強めることになった。

症状

物語序盤、康穂が会いに行くと、彼女は康穂をエロ本の写真の女性と思い込んだり、看護師をブーツと間違えるなどといった奇妙な行動ばかりを取った。
医師の話によると、その原因はの一部が欠落している」ためであるが、その欠落のあまりの不自然さに、病院の医師たちは当惑している。まるで「人為的に奪われている」ようであるらしい……。

また田最戦後は症状がさらに悪化しており、自身の指を誤って食いちぎるほどであった。

一巡前の世界とは

一巡後の世界における第3部に登場した空条ホリィに相当すると思われる人物である。
この世界では第7部の主人公の1人であったジョニィ・ジョースターの子孫であり、吉良吉影の母親という設定になっている。

関連タグ

ホリィ - pixivでは「ホリィ」のタグで投稿されていることが多い。
8部 ジョジョリオン 明負悟 ロカカカ
東方定助 吉良吉影...息子
空条仗世文 広瀬康穂...かつて命を助けた
TG大学病院 アーバン・ゲリラ プアー・トム 羽伴毅

原因

ピクシブ百科・ネタバレ注意アイコン


※ここから先はジョジョリオンの根幹にかかわるので未読の方は注意
































ジョジョリオン第92話より、謎の症状の原因は病院の岩人間たちによる秘密裏のロカカカ投与実験によるものだったことが判明する。明負悟が新院長に就任したころから症状が無自覚ながらも悪化し始めたようである。またホリー自身もロカカカの秘密ラボを作るなど、ロカカカの研究に携わっていた。
しかし、東方家に代々伝わる石化病との関連やロカカカ研究にどれ程かかわっていたのかなどは未だはっきりしていない。
またこの時の症状は前述したものではなく、時間が経つにつれて体の下の部位から皮膚が岩化、岩は転移を繰り返しながら一定時間で脳まで到達し昏睡する、というものになっている。ロカカカの投与実験を繰り返したことにより症状が変化した可能性がある。

関連記事

親記事

ジョジョリオン じょじょりおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「吉良・ホリー・ジョースター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3221

コメント