ピクシブ百科事典

吉良吉影(ジョジョリオン)

はちぶきらよしかげ

吉良吉影とは荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第8部「ジョジョリオン」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

享年29歳。とある貨物船で船医として働いていた。
作中ではすでに心筋梗塞で死亡しており、遺体は定助埋まっていた場所の下から発見されたのだが、なぜか睾丸がなかった(一方、定助には睾丸が4つある…)。

人物

ナルシストかつあいまいなことを嫌う性格で、笹目桜二郎を唆して彼の指を自ら食べさせるなど奇妙なカリスマ性を持っている。また、記憶力も高く、積み荷のリストを見て、荷物の複雑なナンバーを瞬時に暗記してしまうほど。

彼の住んでいたマンションのキッチンの戸棚にはワサビやグリーンピース等の緑色の食品が陳列されている。
手に執着を持つ、切った爪を月日ごとにビンに保存する、部屋にモナリザの絵が飾ってあるなど、4部の吉良吉影と関連性が見られる。
ただ、唆して奇行に走らせたり、下記のロカカカの実を巡って少々危険なことに手を出そうとすることはあるものの、基本的にスタンドを悪用したり、自分から暴力などを振るうことはなく、スタンド能力の応用で医療行為をする等、4部版と比べると善良な人柄。

東方家に残されていた家系図によると、第7部の主人公ジョニィ・ジョースターの後裔らしい。また、ジョニィは東方家の女性(ノリスケ・ヒガシカタの娘)と結婚しているため、東方家とも遠い親戚関係にある人物ということになる。

身内として母に吉良・ホリー・ジョースター、妹に虹村京がいる。
少年時代から、医師である母の手伝いをしていたらしく、スタンド能力で患者の血栓を破壊して蘇生させる描写がある。
吉輝(よしてる)という父親がいたが、既に故人である。

定助の本来の姿とされる空条仗世文とも親交があった。
謎の奇病に侵された母親を救うために、仗世文と共謀してロカカカの枝を奪取する計画を立てていたようだが…。

容姿

顔立ちは4部の吉良吉影と似ているが、目つきはどちらかと言えば川尻浩作と似ている。
水兵帽から黒い髪がチョロッと出た特徴的な髪型は、空条承太郎にも似ている。
笹目曰く、「美しい手の持ち主」らしい。

ファンの間では4部の吉良と区別するため、8部吉良と呼ぶことが多い。

スタンド「キラークイーン

吉良吉影


第8部に登場する吉良吉彰もスタンド使いであったことが判明。
こちらも名称は「キラークイーン」で外見も変わらない。
ただし、能力は大きく異なっており、「爆発性のあるシャボン玉を生成する」というものになっている。劇中では血管の中にシアーハートアタックのようなものを潜り込ませ、血栓を爆破していた。

第4部ダイヤモンドは砕けないの吉良吉影

詳細⇒吉良吉影

関連タグ

8部 ジョジョリオン
東方定助
吉良・ホリー・ジョースター 虹村京
空条仗世文

pixivに投稿された作品 pixivで「吉良吉影(ジョジョリオン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28557

コメント