ピクシブ百科事典

マニッシュ・ボーイ

まにっしゅぼーい

ジョジョの奇妙な冒険第3部「スターダストクルセイダース」に登場するスタンド使い。
目次[非表示]

名前の元ネタはマディ・ウォーターズのヒット曲「マニッシュ・ボーイ」から。
CV:長沢美樹(ゲーム版)、大谷育江(TVアニメ版)

概要

サウジアラビアで待ち構えていた「デス13」を操るスタンド使い。
生後11ヶ月(イレブンマンス)の赤ん坊であるが、生まれついての天才であり、大人顔負けの高度な頭脳と、狡猾な悪意の持ち主である。牙が2本生えている。
言葉は話せないふりをしているだけらしく、頭の中では大人と同じ思考で物事を考え、悪態をついたりもするし、タバコを吸ったり(TVアニメ版ではカットされ覗きこんでいただけ)もする。安全ピンでサソリを刺殺するような芸当すら可能。

最初は宿に宿泊中の花京院をいきなり殺そうとしたが、ポルナレフが花京院を起こしたため失敗。
今度は地元の女性に暗示(おそらくスタンド能力を応用した刷り込み)をかけて自分を拾わせ、病気の振りをしてジョースター一行のセスナ機に同行し、一行の全滅を企む。
セスナ機の中で居眠りを始めた花京院とポルナレフに再び襲いかかるも、花京院が機内で暴れまわったせいでセスナが墜落し、砂漠に不時着して失敗。

ここにきて、花京院が自身の腕に夢の中で「BABY STAND」とナイフで刻んだ傷を見つけ、赤ん坊こそ自分たちを襲ってきたスタンドの本体ではないかと疑念を抱きはじめるが、マニッシュ・ボーイは自分が赤ちゃんであるという立場を利用して他のメンバーからの信用を勝ち取っており、花京院の信用を失墜させる。
そして全員が寝付いたところを見計らって、全員を夢の世界に引きずり込んで本格的に襲撃。
承太郎ジョセフ・ポルナレフに牙をむく。

しかし花京院の機転により、夢の中にハイエロファントグリーンを侵入させてしまい、形勢が逆転。夢の世界の力を利用して応戦するも、またしてもハイエロファントによる奇策で一杯喰わされ、さらに紐状になって体内に侵入してきたハイエロファントにデス13の操作を乗っ取られてしまい、襲撃に失敗。
最終的に翌朝眠りから目覚めた一行の中で、唯一スタンドの存在を覚えていた花京院に自分のウ○コをベビーフードの中に混ぜられ、それを何も知らないジョセフとポルナレフに食わされてリタイアとなった。

チャン♪チャン♪

スタンド 死神13

夢の世界を操るスタンド。詳細は個別記事へ。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース デス13 花京院典明

pixivに投稿された作品 pixivで「マニッシュ・ボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52464

コメント