ピクシブ百科事典

J・ガイル

じぇいがいる

「ジョジョの奇妙な冒険」第3部に登場するキャラクター。
目次[非表示]

J・ガイルとはジョジョの奇妙な冒険の登場人物。
名前の元ネタはアメリカのロック・バンド「J・ガイルズ・バンド」から。
pixivではもっぱら両方の手が右手または左手になっているイラストに指摘としてつけられるタグである。

概要

ジョジョの奇妙な冒険第3部「スターダストクルセイダース」に登場する敵スタンド使いで、DIOの部下の一人。スタンドは『ハングドマン』(吊られた男)。エンヤ婆の息子であり、彼女も両方の手が右手である。

その醜い容姿に違わぬ卑劣な男であり、己の欲望を満たすためだけにポルナレフの妹シェリーを辱めて殺害し、妹の友人まで胸を切り裂いて重傷を与えた。生き残った友人の証言した「犯人は両右手の男」という言葉だけを手がかりとして、ポルナレフは妹の仇を探して世界中を放浪することになる。
そしてインドでホル・ホースとのコンビでついにジョースター一行と対決。ホル・ホースの『エンペラー』との相性は抜群でアヴドゥルを前線から退かせる重傷を負わせる。
ハングドマンの能力や自分の正体が見破られた後も、無関係の浮浪者に重症を負わせて身代りに仕立てる、何も知らない子供や浮浪者たちの目にハングドマンを潜ませて人質にする、シェリーの死に際の話をしてポルナレフを煽り立てる、と卑劣ぶりを発揮したが、花京院にハングドマンの特性を逆用されて戦意を喪失するほどの重症を負い、最期はポルナレフのチャリオッツによって「針串刺しの刑」に処され、スタンド名と同じ逆さ吊りの形(鉄柵が死体の片脚を貫いたため)で死亡した。
アニメ版ではダメージを受けながらも逃げようとする姿が描かれており、すぐに鉄柵阻まれて逃げ場を失い、ポルナレフによって処刑されるという展開になっている。

その死にざまを前にした花京院は「心底クズ野郎だったな」と言い放ったのだった。
しかし、エンヤ婆はそんな彼を「心の清い誠実な子」と評して溺愛しており、家庭での彼の姿が如何なるものだったのかは謎。もしかしたら母親の前では「良い子(を演じていた)」のかもしれない。
 

スタンド「吊られた男(ハングドマン)」

鏡の中から襲ってくる怪スタンド。詳細は当該記事参照の事。

ハングドマン



「EoH」におけるJ・ガイル

「Part3対戦型格闘ゲーム」と同様にホル・ホースの技として登場する。ホル・ホースの戦闘開始時にJ・ガイルへ呼び掛ける台詞があることから、「異変」の影響で復活した模様。

担当声優

千葉繁(ドラマCD)
麦人(OVA)
安原義人(Part3対戦型格闘ゲーム)
立木文彦(オールスターバトル)
桐本琢也(テレビアニメ)

作画ミスについて

元のキャラの設定により「両右手(あるいは両左手)になっているイラスト」につけられるタグとして用いられることが多い。このミスは特に複雑なポーズをしている絵でやらかしてしまいがちである。絵の初心者に限らず、上級者やプロでもやってしまいがちであるため侮れない作画ミスの一つである。
根本的な対処方法はおそらく存在せず、結局のところ自分で絵と同じようなポーズをしてみて指の向きを確認するといった方法しかない……と思われたが、『CLIPSTUDIOPAINT』を使用して絵を描いているのならば、3D人形が使用可能なので、これを使用するのも一つの手である。
指(特に親指)が体の内側に向いているか外側に向いているかを意識するといいかもしれない。

ちなみにガイル親子が両腕とも右腕であった理由は、かつてDIOが遊びで作り出した両方とも右腕の人間の子孫ではないかという説が小説「OVER HEAVEN」で囁かれているが真偽のほどは不明。

その他

ストリートファイターIIガイルの名前の元ネタが彼J・ガイルだったりする。ポルナレフをモチーフとしていたが、どういうわけかJ・ガイルと混同されてしまったらしい。

関連タグ

関連記事

親記事

スターダストクルセイダース すたーだすとくるせいだーす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「J・ガイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1019129

コメント