ピクシブ百科事典

ヴァニラ・アイス

ゔぁにらあいす

ヴァニラ・アイスとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

もしかして : バニラ味のアイスクリーム(甘い食べ物) → バニラアイス


「ひとりひとり、順番に順番に、このヴァニラ・アイスの暗黒空間にバラまいてやる」
名前の元ネタはアメリカのラッパー「ヴァニラ・アイス」から。

概要

ジョジョの奇妙な冒険 ~スターダストクルセイダース~』に登場したスタンド使い
DIOの側近で、DIOのためなら死ぬことも厭わない程の忠誠心の持ち主。
ジョースター一行の前に立ちはだかった事実上最後にして最強の刺客であり、3部における準ラスボスといってもいい存在。そのため原作の戦闘シーンは長く、コミック1巻分が使われた。

普段は冷静だが、DIOを貶めた者には異常な怒りを見せる激情家でもある(例えイギーが砂で化けたDIOの虚像を『攻撃させた』ことなどにも)。相手を見くびらず冷静に相手の性格・能力を分析し、相手の裏を読み、相手の意表を突つ戦法を用いる。暗黒空間の球体状となる事で外の状況が把握できないクリーム(彼のスタンド:後述)の性質を知った上で、相手の周囲に回り込みながら徐々に間合いを縮めて追い詰めるなど、知略を駆使する一面を持つ3部でも屈指の凶悪さを秘めた難敵

DIOの部下の中でも腹心中の腹心と言える存在で、いつもその近くで仕えている。
彼に対する忠誠心は恐ろしく高く、「一人分の生き血が欲しい」とDIOが言えば、自分の首をためらうことなく刎ねて血を差し出し、また、DIOを虚仮にしたイギーに対しては、
「このド畜生がァーーーーーッ」
と、顔芸を披露しつつ、スタンドを使わず直接蹴りまくるなど、忠誠心を通り越して狂信、あるいは盲信とも言っていいレベルに達している。またDIO自身も自らのために首をはねて死ぬことも辞さないヴァニラを失うのは惜しいと考えて甦らせている辺り、実質部下の中では最も彼に信頼されていた人間と言える。

この狂信的な忠誠をポルナレフは――
「こいつの精神こそ暗黒空間だッ!こいつの心の中がバリバリ裂けるドス黒いクレバスだッ!」
…と評した。後述のスタンド能力も、この精神構造が如実に反映したものだと思われる。
強敵に対して一定の敬意を評する心がある一方、自身のスタンド能力への絶対的自信や「動物には矜持などない」といった偏った思想を持つなど、精神的にやはりどこか歪んでいる。また「我が身を挺してでも仲間を助ける」という感情を理解できず、共感もできない。
それが自身の敗因に繋がり、さらにDIOの血を受けて吸血鬼化した事が命取りとなった。

余談だがこの度が過ぎたような忠誠心からか、彼は「ヤンデレ大全」という本に掲載されている。


外見

ウェーブのかかった茶色の長い髪、紫色のレオタードみたいな服装、DIOとお揃いのハート型のアクセサリーと、女性でも問題の無い格好であるが、れっきとした男性である。
れっきとした男性である。大事な事なので2回言いました。

スタンド「クリーム

センシティブな作品
くるくるくり~む


【破壊力―B スピード―B 射程距離―D 持続力―C 精密動作性―C 成長性―D】
本編ではスタンド名が不明だったが、画集『JoJo6251』で判明。元ネタは1960年代イギリスロックバンドクリーム」から。
口の中が暗黒空間につながっており、本体と自分以外の飲み込んだもの全てを粉微塵にする能力を持っている。まるでスプーンで抉り取っているかのように物体を飲み込み、飲み込むときに「ガオン!!」という独特の音がする。
また、本体と自身を口の中に入れる事で姿を完全に消す事が可能。
その際は

  1. 自身を中心とした球体の暗黒空間を出現させるため無敵状態
  2. 相手は姿はもちろん気配や匂いも察知できない
  3. 1.により視覚と聴覚、触覚も完全に遮断されるため、外からの情報が完全に得られなくなる
  4. 空間を飲み込みながらでないと移動できない
という特徴がある。

本編では3.4.があだとなり、外を確認するために顔を出したところをポルナレフに狙われた。

攻撃は能力の性質上防御が不可能な上に、自身が本体に入っている間は相手の攻撃を受け付けないのに自分は攻撃可能という驚異的な能力から、最も凶悪なスタンドの一つとしてしばしば名が挙げられる。

これでなんで破壊力-Bなんだよとよくツッコまれるが、この評価は能力を抜きにした純粋な格闘能力である。一応、暗黒空間を抜きにしても人間(本体自身)の首を手刀で斬り落とせる程度の腕力は持っている。と思いきやポルナレフの腕に何度もチョップをかましても切断できないなど腕力の強さがはっきりしない。

なお、第四部のキャラ・虹村億泰ザ・ハンドは、細かい違いはあるものの「クリーム」に似た能力を有している。

第3部ではケニーGと彼だけタロットカードに関係しないタイプのスタンド使いである。

活躍

テレンス・T・ダービーを倒したジョースター一行を葬るべく出撃。
当初は人間だったようだが、前述の通りDIOの血を受けて吸血鬼として復活した。

ポルナレフアヴドゥルイギーの3人と戦闘。
出会い頭にアヴドゥルとポルナレフをまとめて始末しにかかるが、勘付いたアヴドゥルがポルナレフを殴って突き飛ばす。結果ポルナレフを仕留め損ねてしまうが、アヴドゥルを暗黒空間に飲み込み、仕留めることには成功した。ヴァニラとしては「アブドゥルがポルナレフを助けたのは意外」であり、あの状況ではアブドゥルが保身に走って逃げると踏んでいた。

アヴドゥルを殺され、感情が爆発したことでパワーの増したポルナレフのシルバーチャリオッツに不意を突かれて手傷を負うも、亜空間に逃げ込んで空間攻撃で二人を追い詰めていく。
館の出口へ逃げると踏んで待ち伏せるが、ポルナレフの意志の強さを見誤って再び仕留め損ねる。その後、上層階に先回りして床に穴をあけ、わざと警戒させてからポルナレフの足先をクリームで食いちぎり、ポルナレフの機動力を奪う。足を食いちぎられたポルナレフのがむしゃらな攻撃を亜空間にもぐって避けるが、次に顔を出した時には見失っていた。

直後、イギーが不意打ちを狙って作ったDIOのダミーを打ち倒し、自分に主を攻撃させた報いとしてイギーを執拗に蹴り続けると、ケリを着けるべく亜空間へ潜行。だがイギーの砂からヒントを得たポルナレフが砂をレーダー代わりに使ったことで位置を特定され、確認のために顔を出した隙を突かれて喉を脳幹ごと串刺しにされてしまう。
それでも執念で踏みとどまり、ポルナレフの腕を捻って指先をクリームに食わせ、そのままへし折ろうする。堪りかねたポルナレフがヴァニラから離れると、ポルナレフのふとももをえぐり取って完全に機動力を削ぎ、さらに部屋を外周から中心へ向かって削り取る戦法で確実に殺しにかかる。

しかしポルナレフが飲み込まれる直前、イギーが命と引き換えにザ・フールを発動、ポルナレフを間一髪で助ける。ポルナレフを仕留め損ねたヴァニラは猛ラッシュを喰らい形勢が逆転。
今度こそ殺しにかかろうと襲いかかった直後、窓から差し込んでいた夕日を浴びた腕が灰と化して消滅。このときやっと自分が吸血鬼化していることを自覚した。それでも襲いかかろうとするが、最期は背後に回っていたチャリオッツに背中を押され、そのまま太陽に焼かれて消滅(=死亡)した。皮肉にもアヴドゥルと同様に粉微塵になって死ぬという末路を辿ったのだった。

この際の煙と砂がまるでアヴドゥルとイギーの魂が天に昇って行くかのように演出された。

OVA版

原作とは少し展開が異なり、DIOとジョースター一行が対峙するところで登場した(存在自体はダービーから語られている)。そしてDIOの能力で負傷し、棺の中に収められたアヴドゥルをDIOの命令で殺害した(ヌケサクの役回りがアヴドゥルになっている)。この際、アヴドゥルは駆け寄ったポルナレフを突き飛ばし、ヴァニラの攻撃から救っている。
突如として仲間を殺され、呆然とするジョースター一行に向けてDIOは「私が右腕同然に可愛がっている男」「こいつは私に従うことになんの恐れも不安も抱いていない」とヴァニラを紹介した。
直後、ヴァニラは「自分の首を撥ねてみろ」というDIOの命令を平然と実行した。原作と比べると余り喋らず、DIOから指示されるまでは口を開かない。また話し方も淡々として感情に希薄。しかし、戦いが進むにつれて本性を露わにしていく。
なお、この作品では、DIOの配下たちはスタンド能力を持ったため社会から疎外されていたという設定が語られた。DIOという圧倒的な絶対者の下に就くことで「安心」を得ていたという。ヴァニラがDIOに絶対服従を示す理由もこれである。
その後、ヴァニラは吸血鬼として復活。アヴドゥルの仇を討つべく戦いを挑んできたポルナレフと交戦する。

戦いの舞台が館の中から中庭へと移り、ポルナレフの不意を突いて片足を奪う。噴水の水しぶきを利用されてクリームの軌跡を見抜かれるが、それでもポルナレフの全身に微細なダメージを与えていき、弱らせていった。戦いの場は再び館内となり、ヴァニラは能力で天井を崩すことでポルナレフを押し潰そうとする。辛くも逃れたポルナレフだが、もう立ち上がる力もなくなっていた。
この時ヴァニラは、ポルナレフを庇ったアブドゥルの行為を「マヌケ」「バカなヤツほど早死にする」と貶した。悔しさの余り涙するポルナレフにトドメを刺そうとするが、駆けつけたイギーの『愚者』の体当たりによって吹っ飛ばされ倒された。

……わけがなく、密かに復活を果たすとイギーの下半身を削り取って致命傷を与え、足蹴にした後、蹴り飛ばして殺害。続けてポルナレフも手にかけようとするが、シルバーチャリオッツの怒りの猛攻の前になす術もなく全身を貫かれ、最期は頭部を真っ二つに切断されて死亡した。

TVアニメ版

展開は原作に忠実。
イギーの命と引き換えに得たポルナレフの攻撃で倒れる。直後に復活を果たし、ポルナレフの背後から逆襲しようとするもシルバーチャリオッツの猛攻でスタンドをズタズタにされる。それでもヴァニラ本体がポルナレフに襲い掛かるが、これも迎撃される。そして「脳幹を貫いた辺りで吸血鬼化が始まっていた」ことを見抜かれ、太陽光が弱点だと気づかれてしまう。ポルナレフから挑発されるが、太陽光に遮られてどうすることもできず激昂する。直後、チャリオッツに背中を突き飛ばされ、太陽光に身を投じて跡形もなく消滅した。

「EoH」におけるヴァニラ・アイス

並行世界のDIOが起こした「異変」によって復活。序盤に一度だけ登場し、ポルナレフたちと交戦する。戦闘後は「ポルナレフは自分の手で必ず殺す」と宣言して去って行った。以後はストーリーには登場しないが、決着は番外編に当たるミッションにてつけられる。

担当声優

岸祐二(格闘ゲーム版(アーケード版))
速水奨(格闘ゲーム版(PS版・未来への遺産)、アイズオブヘブン版、TVアニメ版)
青野武OVA版)
吉野裕行オールスターバトル版)

担当声優の速水奨氏がTVアニメ版でヴァニラを演じるのは過去に発売された第3部格闘ゲーム以来16年ぶりとなる。更に速水氏はドラマCDにおいて花京院典明、ASBにおいてエンリコ・プッチの声も担当しており実にDIOと縁のある重要人物を三人も演じたことになる。この為か、ウルトラジャンプのCM及びゲーム『アイズオブヘブン』でのプッチの声優は中田譲治氏に変更となっていた。

関連イラスト

ガオン!
ヴァニラ・アイスクリーム



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ JOJO 3部 スターダストクルセイダース スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 狂気 悪役 DIO ガオン
ンドゥール ジョンガリ・A・・・DIOの狂信者仲間
タルカス・・・第1部の狂信者。歪んだ精神を持ちDIOによってゾンビとして蘇った所が共通している。
ハルドメルグ・・・球体(液体金属)に身を包んで転がり、中央に追い詰める技を持つ
ニロケラス・・・類似する能力を持ち、能力の欠点も同じ機体。余談だが、漫画版では物を消す際に「ガオン」の擬音も出ている。
伏井出ケイ・・・「主君への狂信性」「先代主人公と主君の対立」「主君の息子が主人公の作品がある」と何かと共通点が多い。しかし、DIOから高い信頼を得られていたヴァニラと異なり、こちらは捨て駒程度にしか思われていないという真逆な性質を持つ。

関連記事

親記事

エジプト編 えじぷとへん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァニラ・アイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2838910

コメント