ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

誰かのために自らを犠牲にすること。英雄的な行いとして述べられることが多い。
殉職殉教などとも関連付けられたりもする。災害や戦争や事件などが発生する際に発生しやすい。

国内の実話関連では、打坂峠 (地獄坂) 事件の鬼塚道男や塩狩峠事件の長野政雄等の話が有名だろうか。

自己犠牲のタイプ

究極の『利他心』として様々な作品に登場するが、一方でそうした行為に酔っている、または残された者達の事を顧みないエゴイスティックな行為として非難される事もしばしば。自己犠牲を行ったからと行って、その人物が死ぬ訳でもなければ、無意味に終わる事だってある。自己犠牲が必ずしも正しい事とは限らないのだ。
主にヒーローが行う行為として描かれるように思われがちだが、注意深く見ると悪役も結構行っている行為である。
以下創作作品に見られる自己犠牲の種類について述べる。

  • 自分を犠牲にしてでも明確に助けたい対象がいる。(愛する者や主人の為に自己犠牲を行うパターン)
該当キャラ:ウルトラセブンブレン・ロイミュードなど
  • 自分を犠牲にしてでも顔も知らない不特定多数の人々を救う。
該当キャラ:衛宮切嗣(※)、五代雄介アンパンマンなど
該当キャラ:姫矢准火野映司衛宮士郎ヘラクレス剣崎一真
  • 平和を守るという使命から
該当キャラ:主に日本の特撮ヒーローに多い。
  • 反射的に
該当キャラ:手塚海之東條悟など
  • 自分の信じるものや大義の為に。
該当キャラ:春日局氷室幻徳アーラシュゼロカルナスパルタクスなど
  • 死を通して登場人物を成長させる(わざと悪役を演じたりするのもこのパターンである事が多い。)
該当キャラ:東方不敗グラハム・エーカーなど
  • 自分の中の虚無を埋める為、存在意義を探す為
該当キャラ:宝生永夢乾巧など
  • 自分の願いや欲望の為に(世界を敵に回すパターンも往往にして見られる。)
該当キャラ:暁美ほむらなど
(※)目的の為ならば、全てを犠牲にする信条を持つが、それは自分が大切にしている者、果ては自分自身でさえ例外ではなく、輝いていた少年の頃の瞳や育ての親すらも理想の犠牲となった。

Pixiv上では

めぐねえ
命の炎はすぐ消える


自らの顔を他人に与えることで知られる某餡パン男のイラストも多い。(ネタ率も高いが)

関連イラスト

突撃
パラセクト




吊るされた男


The Hanged Manのモチーフも、自己犠牲といえば自己犠牲

pixivに投稿された作品 pixivで「自己犠牲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 546924

コメント