ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

「正直者が馬鹿を見る」とは、ことわざの一つである。

悪賢い者悪人がずるく立ち回って得をするのに反し、正直者善人お人好しはかえってひどい目に遭う。

世の中が乱れて、正しい事がなかなか通らないことをいう。正直者が損をする。


聖書及キリスト教では「正しい者の悩みは多い。しかし、主はそのすべてから彼を救い出される。」(詩篇34篇19節)とあり、似たような意味合いの言葉を使うこともある。ただ、これには横取りなどで正直者から成果を掠め取っても、いずれボロが出て報復される時が来るとの意味合いで使われる場合もある。


仏教では「因果応報」と言われるように、良い行いには良い結果が、悪い行いには悪い結果が返ってくるとされる。


一例編集

※:他にもご存知の方は加筆をお願いします。

  • 迷子がいたので一緒にはぐれた親を探してあげようとしたら、誘拐犯と誤解された。
  • 「怒らないから正直に言いなさい」と言われて正直に言ったのに怒られた。


関連タグ編集

ことわざ

ゲインロス効果だいたいこいつのせい

理不尽

嘘がつけない


正直太郎テレパしいジャストホンネ:本記事の諺に当てはまるひみつ道具


桃井タロウ:本記事の諺に当てはまるキャラクター。


憎まれっ子世に憚る:似た意味のことわざ。


勝てば官軍、負ければ賊軍:こちらも類似した意味で使われることがある。

関連記事

親記事

ことわざ ことわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62161

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました