ピクシブ百科事典

情けは人の為ならず

なさけはひとのためならず

「情けは人の為ならず」は、日本語のことわざの一つ。
目次[非表示]

意味

この後に「巡り巡って己がため」と続き、他人への情けは、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い」というのが本来の意味
情けは相手の為だけではなく自分の為でもある、と覚えておけばよい。

注意

「人に情けをかける(やさしくする)ことは、結局はその人のためにならない(ので無用な情けはかけるべきではない)」という誤解釈が多く、時には誤用と知った上でわざと用いるというネタにも使われる。
そういった意味の言葉としては、宋襄の仁という故事成語がある。

関連タグ

日本語 ことわざ
因果応報 やらない善よりやる偽善
確信犯 役不足

巡り巡って己がため…呼称の続き

pixivに投稿された作品 pixivで「情けは人の為ならず」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105879

コメント