ピクシブ百科事典

巡り巡って己がため

めぐりめぐっておのがため

巡り巡って己がためとは、諺『情けは人の為ならず』の後の続きである。

情けは人の為ならず』の続きであり、本来は『情けは人の為ならず、巡り巡って己がため』と呼称される。

世間的には、前文だけが一人歩きして、長らく内容が誤解されていたが、本来の意味は

他人への情けは、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い」

というものである。
情けは相手の為だけではなく自分の為でもある」と覚えておけばよい。

関連タグ

(ことわざ) 文化
情けは人の為ならず

コメント