2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

巨大人型生物ウルトラマン(仮称)

きょだいひとがたせいぶつうるとらまん

「ウルトラマン」は劇場用映画作品『シン・ウルトラマン』に登場するウルトラマン。
目次[非表示]

※本記事は、現在公開中の映画『シン・ウルトラマン』の重大なネタバレを含むので、作品鑑賞後の閲覧をお勧めします。



概要

シン・ウルトラマン』のウルトラマン。変身者は神永新二
2021年1月に公開された特報で、記事名の通り「巨大人型生物ウルトラマン(仮称)」と劇中で呼称されている描写がある。
2021年12月公開された特報2では、スペシウム光線と思われる長大な光線を放つ姿を披露している。

初代ウルトラマンと似ているが、よく見ると体のラインが若干異なっている。Cタイプの顔つき、Aタイプのようなスリムな体躯、Bタイプと同じ尖っている爪先と、初代マンの各スーツの特徴を組み合わせたような容姿をしている。
最大の特徴として、ウルトラ戦士のシンボルともいえるカラータイマーが存在しない。しかし樋口真嗣監督曰く「時間無制限ではない」。
本作のウルトラマンは全身がスペシウム133というエネルギーで構成されており、地球人との一体化で変身可能時間に制限が生じている。
エネルギー切れはカラータイマーの代わりに、体の赤色の部分が緑に変色する形で表現されている。
また、「シュワッ!」「ヘアッ!」といったウルトラ戦士のシンボルとも言える独特な声を一切発する事が無いのも特徴。

「ウルトラマン」という名前の命名者は禍特対浅見弘子で、彼女の古巣で最重要機密を意味する符丁「ウルトラ」が由来だという。
「ウルトラマン」の名前は後に日本政府によって公認され、「仮称」ではなくなっている。
そして彼の本当の名前は………………

デザイン

基本的に初代ウルトラマンと似ているが、ウルトラマンを生み出した成田亨御大が目指した本来の姿を今一度描くことをコンセプトとして、よりオリジナルへと回帰したデザインとなっている。
特に、企画・脚本を務める庵野秀明氏によれば、御大が1983年に描いた油絵真実と正義と美の化身』が原点となっているという。
そのため、今日マン兄さんとしてよく知られているウルトラ戦士とは容姿にかなり差異があり、特に着ぐるみ撮影特有の妥協点として生まれた覗き穴や背びれが、現代のCG技術を活かして廃されている。
主な特徴は以下の通り。

ウルトラマン
シン・ウルトラマン(成田ポーズ)


  • 御大が監修し佐々木明氏が製作した、オリジナルマスクの再現
  • 目に覗き穴がない
  • (ファスナーを隠すための)背鰭がない
  • カラータイマー(※1)がない
  • 古谷敏氏(※2)の体型データをベースとした体型

※1:もともとデザインにはなかったのに、ウルトラマンのピンチをわかりやすく演出するために撮影現場の判断で急遽追加されて生まれた。御大は生涯これを悔やんでいたとされ、氏が後年描いたイラストや油絵でも、ウルトラマンにカラータイマーは装着されていない。

※2:御大は古谷氏がケムール人を演じた時からその長身痩躯に惚れ込んでおり、ウルトラマンのデザインも古谷氏のスタイルありきのものだった。『ウルトラQ』の撮影のハードさから、スーツアクターを断ろうとしていた古谷氏を「君の体型に合わせてデザインした。君にしかできないヒーローが生まれた。君は今日からウルトラマンだ」と必死に口説いて引き留めた逸話が残っている。

余談

映画製作に伴い、福島県須賀川市にて1/33スケールの2mスタチュー(立像)が製作されている。
なお、今作のウルトラマンは実際60mな為多少身長に誤差がある。
モーションキャプチャは、原典にてスーツアクターを担当していた古谷敏氏と本作で企画、脚本、総監修を務めた庵野秀明氏が担当した。

関連タグ


関連記事

親記事

シン・ウルトラマン しんうるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1527436

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました