ピクシブ百科事典

ウルトラマンネオス(キャラクター)

うるとらまんねおす

ここではウルトラ戦士のネオスについて解説する。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンネオス』の主人公ウルトラマン
ウルトラセブンの父親(ゼロの祖父に当たる人物)が司令官を務める宇宙警備隊のエリート集団“勇士司令部”所属のウルトラ戦士

“勇士司令部”のエリートで、ゾフィー要請を受け、ダークマターの影響で“アンバランス現象”と呼ばれる未曾有の危機に瀕した並行世界地球を守るためにやって来た。

外見は初代ウルトラマンによく似ており、額にブラウスポットと呼ばれるクリスタルが特徴的。ちなみに(80までの世界補引き継いだと思わしき地球での活躍を描いた)パイロット版とでは微妙にデザインが異なっている。(頭の造形、ブラウスポットの色、胸の模様の向きなど)
当初販売されたソフビはパイロット版をベースにしたものだが、現在主流になっているのはネオパワーセット付属のソフビに代表されるOV版のデザインをベースにしたものである。こうして見るとパイロット版との違いがわかりやすいかもしれない。
声もパイロット版とOV版で異なり、前者は初代マン、後者はカグラを演じた高槻氏の声が使われている。

スピードに優れた戦士で、キックを多用するという特徴を持つ。また、体内の光エネルギーを物質化させる“ウルトラ・メタモルフォース”と呼ばれる能力を持つとされる。

データ

  • 出身:M78星雲光の国
  • 所属:勇士司令部
  • 年齢:8900歳
  • 身長:58メートル
  • 体重:5万9千トン
  • 飛行速度:マッハ30(パイロットフィルム版ではマッハ29)
  • 走行速度:マッハ6
  • 水中速度:マッハ3
  • ジャンプ力:1600メートル(パイロットフィルム版では1200メートル)
  • 地球上での姿:カグラ・ゲンキ
  • 変身アイテム:エストレーラー


主な必殺技

ネオマグニウム光線

ネオスが腕を振り回してエネルギーをチャージし、両腕を十字に組んで発射する最強必殺技。マグニウム光線の強化版と思われる。

マグニウム光線

パイロット版のみで披露された必殺光線。
両腕を×の時に組んで発射する。ちなみに他の戦士の使う同じような発射ポーズで発射される光線技と違って上のVの字部分だけから発射されるという特徴がある。腕をX時に組んで光線を放つウルトラマンは他にエックスナイスなどがいる。

ネオ・スラッシュ

エネルギーをリング状にして投げつけるネオス版八つ裂き光輪
OV版ではバッカクーンに胞子で妨害されて使用できなかったり。ザムリベンジャーには続けて2回使用したが、全てバリアで防がれたりとなかなか不遇の技で、2017年に台湾のロックバンドのMVに参加した際にダークバルタン相手にようやく決めている。

ウルトラ・ライト・ソード

“ウルトラメタモーフォーズ”を使った技の一つ。
右腕に発生させたエネルギーを大型の光の剣に変えて、敵を切り裂く。

ウルトラ・リリース光線

両目から放つ、還元光線。シーゴリアン戦で使用し、元の魚へと戻した。

ウルトラ・サンダーチョップ

手先にエネルギーを集中させて放つチョップ技。パイロット版のみで使用された。

ウルトラ・エディ・ビーム

腕を交差させてエネルギーを貯め、螺旋状の光線として打ち出す必殺光線。ネオマグニウム光線とのコンボでグラールを撃破した。

関連項目

ウルトラマンネオス カグラ・ゲンキ ウルトラ戦士

コメント