ピクシブ百科事典

メンシュハイト

めんしゅはいと

OVA『ウルトラマンネオス』のラスボスであるダークマターが生み出した突然変異生物の頂点に立つ存在。
目次[非表示]

「すべての知的生命体は、ダークマターによる突然変異により生み出される。ダークマターの進化こそが、宇宙の意志だ。そしてその究極の姿が私、メンシュハイトなのだ。我々は宇宙に選ばれた者として、この宇宙の秩序を守り、理想の未来を作り上げる権利を持つ。ザム星人のような野蛮な生命体は、この宇宙の未来に必要ない」

データ

登場作品『ウルトラマンネオス
第11話『宇宙からの暗殺獣』、第12話『光の戦士よ永遠に』

別名究極進化帝王
身長69メートル
体重9万6千トン
出身宇宙
人間態(演)ミスターちん

概要

ザム星がダークマターの脅威に曝された際に誕生した突然変異生物たちの頂点に立つ邪悪な生命体。
高い知性を兼ね備えており、傲慢かつ唯我独善的かつ残忍な性格で自身を「ダークマターが生み出した究極の生命体」と位置付けており、どこぞの頭が尻の宇宙人と同じく宇宙帝王を自称して全宇宙の制覇を企んでおり、ザム星人達が自らの野望の障害になると見なし、ザム星の盟主を名乗り、彼らを母星から追放した張本人にしてザム星人絡みの事件の元凶でもある。

ザム星人達を根絶やしにするため、彼らがやって来ている地球へ自らが作り上げたグラールを送り込むも敗れたため人間態の姿で地球へと赴き、宇宙の秩序を守り、己が理想とする未来を築き上げる権利があると主張した挙句、ザム星人達を「野蛮な生命体」と称してHEARTに彼らを甦らせる鍵となるザム星人エスラーの引渡しを要求し、彼を亡き者にした後、いずれは地球人すらも支配下におこうと目論む。

しかしHEARTは彼の引渡しを突っぱねたため、業を煮やし、で屈服させるため巨大化。
太古の昔人類がイメージしてた悪魔像の源泉になったのではないかと推測される、尖った耳と青い翼を生やした醜い真の姿を遂に曝け出した。
平成ウルトラマンラスボスガタノゾーアゾグなどのように荘厳な印象が多いのに対し、メンシュハイトは白地に毒々しい赤のラインの入った悪魔の姿、と単にとてつもなく醜悪なだけという珍しい外見をしている)

ダークマターが生み出した突然変異生物の頂点に立つ存在というだけのことはあり、その戦闘能力は凄まじいものがあり、身軽な身体能力を有するほか、から破壊光弾、額の第3の眼からは怪光を発して地面を発火させたり、念力で相手に直接ダメージを与えたりバリヤーを張って身を護るなどの超能力を発動させることが出来る。更に、からエネルギーを発生させ、背中を生やして飛翔し強風を発生させ、敵を吹き飛ばすことも可能である。

当初はセブン21と戦い余裕綽々でねじ伏せ、その後、ネオスが加勢に加わるもののその圧倒的な実力によりで2人をねじ伏せ窮地においやるが、エスラーが2人に生命エネルギーを分け与えた為に形勢が逆転。
最後はネオスとセブン21の猛反撃により角を破壊され翼の機能が無くなり地面に落下した所へ、ネオマグニウム光線とレジア・ショットの同時攻撃を受け爆死した。

関連項目

ウルトラマンネオス ウルトラ怪獣 悪魔 ラスボス ナルシスト
バド星人 ザム星人 グラール

pixivに投稿された作品 pixivで「メンシュハイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147

コメント