ピクシブ百科事典

サンドロス

さんどろす

サンドロスとは、ウルトラマンコスモスに登場する巨悪である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:67m
  • 体重:8万5千t
  • 別名:異形生命体
  • 出身地:宇宙
  • CV:郷里大輔

概要

劇場映画「ウルトラマンコスモス2BLUE PLANET」に登場。
怪獣兵器スコーピスを操り、ギャシー星人の故郷であるギャシー星を始め多くの惑星を滅ぼしてきた巨悪。破滅魔超獣、闇の超能力者とも呼ばれている。

「強いものが弱いものを全て滅ぼし、支配するのはこの宇宙のルールである」と唱えており、のような二本ののような腕、四つに裂ける口をもった異形の存在。

手からはウルトラマンコスモスをも一撃で吹き飛ばし、空中に拘束する念力「ハードキネシス」を放ち、口からは火炎弾「ギガレントラッシュ」を吐き、角から黒煙を吹き出して周辺を闇で包み込むことで相手の視覚を奪い、腕を変形させた「ダークローベル」で斬りつける等多彩な能力を持っている。

スコーピスを倒したコスモスの前に闇の中から降臨し、上記の多彩な能力でコスモスを苦しめたがウルトラマンジャスティスの加勢に入ったことで2対1の戦いを強いられる。

黒煙を噴き出してコスモスとジャスティスを惑わせたが、最後は攻撃の瞬間を見破られコズミューム光線とビクトリューム光線の同時攻撃で倒された。

次回作「ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス」ではウルトラマンジャスティスことジュリの口からかつては地球人とよく似た思考の持ち主であり、デラシオンから招来危険な存在になりうるとリセットされかけたが、ジャスティスによって猶予を与えられていた。だがその結果サンドロスが宇宙の秩序を乱す結果になった事が語られており、その自責の念から劇中ジャスティスが地球人に対し厳しい姿勢に出た原因となった。

余談

サンドロスとコスモスの声を演じた郷里大輔と稲田徹は8ヶ月後に公開された劇場版ONEPIECEデッドエンドの冒険でも共演している。

関連項目

ウルトラマンコスモス ウルトラマンジャスティス デラシオン ウルトラ怪獣
ワロガ ノワール星人・・・・こちらもコスモスにおける根っこからの悪人

pixivに投稿された作品 pixivで「サンドロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1120

コメント