ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

作品名ONE PIECE THE MOVIE デットエンドの冒険
監督宇田鋼之介
脚本菅良幸
ゲスト酒井美紀
主題歌BUMP OF CHICKENsailingday
公開日2003年3月1日
上映時間90分
興行収入20億円
前作ONE PIECE THE MOVIE 珍獣島のチョッパー王国
次作ONE PIECE THE MOVIE 呪われた聖剣

海賊達による決死のレースを舞台にした作品で、ONEPIECEの劇場版としては初めての長編映画及び非声優の芸能人をゲストに迎えた作品である。時系列はロビンが正式加盟しているので、ジャヤ到着前と思われる。


本作の制作発表会見はクルーズ船を貸し切って行われたが、その席で当時のジャンプ編集長の高橋俊昌氏が突然倒れ、そのまま帰らぬ人となるという悲しい出来事があった。


作風の転換

今までのワンピース映画デジモンとの同時上映で60分と時間が短かったこともあり、低年齢層を強く意識したと思われる大変分かりやすくどこかヒーローもの的なストーリーが展開されていた。

対して今作は30分延びた約90分の単独上映作品となったこともあってか制作側の意識年齢層も上昇したようで、"船上の戦い""裏の駆け引き""敵味方キャラ各々の信念"が描かれるなどONEPIECEならではの要素を強く押し出した作風になっているのが特徴

そうしたこともあってか作中の随所に原作キャラやストーリーのセルフオマージュと思われる部分が見られ、特にエースを彷彿とさせる映画オリジナルキャラシュライヤ・バスクードは映画オリジナルキャラとしては異例の人気を博し、pixiv上でもイラストが散見される。


あらすじ

アラバスタ王国を出港してから月日は流れ、麦わらの一味は深刻な金欠に悩まされていた。そんな中、一行は海賊同士の大レース「デッドエンド」の優勝賞金が3億ベリーであることを知り、エントリーする。

しかし、デッドエンドにはある重大な秘密が隠されており…。


主な登場人物

ガスパーデ海賊団

ガスパーデ(CV:石田太郎

ガスパーデ海賊団船長。『将軍』の異名を持つ巨漢で、その二つ名通り元は海軍将校だったが、海軍を裏切って逃走し海賊に成り下がった。賞金額は9500万ベリーと、クロコダイルボア・ハンコックを上回るほど。

超人系アメアメの実の能力を持つ卑劣漢。


ニードルス(CV:小杉十郎太

ガスパーデの側近賞金額5700万ベリー。体中に入れ墨を施したスキンヘッドの大男。両手に鉤爪を装着している。冷酷で寡黙な殺人狂であるが、非常に冷静な判断力を有する。


シュライヤ・バスクード(CV:宮本充

『海賊処刑人』の異名を持つ若き賞金稼ぎ。どうやらガスパーデと因縁があるようだが、デッドエンドではガスパーデの旗艦「サラマンダー号」に乗船する。


ビエラ(CV:永井一郎

サラマンダー号の釜炊き技師。ガスパーデ一味からはモグラじいさんと呼ばれ、奴隷のような待遇を受けており、を病んでいる。ガスパーデ一味を蛇蝎のように嫌っているが、船には愛着を持っている。


アナグマ(CV:酒井美紀

ビエラの助手を務める孤児。いつも帽子を目深にかぶっている。ビエラを医者に見せるためにガスパーデから「賞金首を仕留めて来い」と言われてしまう。詳細はリンク先参照


デッドエンド参加者

ウィリー(CV:小杉十郎太

『鯱』の異名を持つシャチ魚人(というかホエリアン)。かつてアーロンのライバル格だったらしい。…ということは魚人街出身だったりするのだろうか。

懸賞金2000万ベリー。

名前の由来は映画『フリーウィリー』からだろうか。


ボビー&ポーゴ(CV:郷里大輔稲田徹

海賊ではなく漁師巨人族であり、小説版ではドリーとブロギーの名に興味を示していた。因みにウィリー&アーロンと同じく、こちらの担当声優もドリーとブロギーと同じ。


ビガロ(CV:服巻浩司

通称『縛り首』のビガロ。賞金1490万ベリー。


ゲスト

ドレイク(CV:竹本英史

アニメオリジナルの海軍将校。後にナバロン編で再登場を果たし、上司のジョナサン中将と共にマリンフォード頂上決戦にも登場する。

名前と声が似ているガスパーデとよく似た経歴を持つ海賊との関係は不明。


関連項目

劇場版ONEPIECE

関連記事

親記事

劇場版ONEPIECE げきじょうばんわんぴーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 380794

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました