ピクシブ百科事典

ボア・ハンコック

ぼあはんこっく

ボア・ハンコックとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する海賊である。
目次[非表示]

わらわが何をしようとも 子猫を蹴っても… そなたの耳を引きちぎっても …人を殺めても… 世界中がそれを許してくれる!! …なぜなら そうよ わらわが美しいから!!!

概要

”海賊女帝”の異名を持つ女海賊王下七武海の紅一点であり、絶世の美女。
女ヶ島「アマゾン・リリー」皇帝にして、九蛇海賊団船長である。

プロフィール

本名ボア・ハンコック
異名海賊女帝蛇姫
年齢29歳→31歳
身長191cm
懸賞金元8000万ベリー
所属九蛇海賊団船長、アマゾン・リリー皇帝
所属船パフューム遊蛇号
能力メロメロの実(超人系)
覇気覇王色、武装色、見聞色
出身地女ヶ島 アマゾン・リリー
誕生日9月2日(92=九蛇)
血液型S型
好物火鍋
3サイズB111(Jカップ)・W61・H91
イメージ国中国
CV三石琴乃伊藤かな恵(幼少期)


能力

姫


悪魔の実メロメロの実
解説老若男女問わず相手をメロメロにし石化させる。
種類超人系

能力を帯びさせた回し蹴りやハート形の弾丸や弓矢なども石化効果や殺傷効果があり、彼女が潜在的に持っている覇王色の覇気の力も相まって非常に強力な能力となっている。
だが彼女の魅力に酔わない者にはメロメロ甘風(メロウ)は効かない。しかし、回し蹴りなどの物理攻撃では、武器や自我のないPXも石化させているので、彼女に惚れる惚れないに関係無く蹴られれば石化するものと思われる。
石化はハンコックの意思でしか解除できない。
石化される前後の記憶が若干飛ぶものの、それ以外の影響は残さない。
ヒエヒエの能力のように石化した相手を砕いてしまえば即死させるため、見た目以上に凶悪な能力でもある。

メロメロ甘風(メロウ)
両手をハートマークのような形に合わせ、ハート形の波動を放出する。
ハンコックに魅了されている(少なからず邪念を抱いている)者がこの波動を浴びると、一瞬のうちに石化してしまう。
同性にも効くが「痛み」や「恐怖」などで邪念を抑え込む者、魅了されていない者には効果が無い。

銃(ピストル)キス
投げキッスで作り出したハートマークを指で構え、銃弾のように発射する。
物理的な殺傷力を伴っており、実弾であれば効果が無いはずのルフィの体にもダメージを与えられる。

虜の矢(スレイブアロー)
投げキッスで巨大なハートマークを作りだし、それを弓のように引き絞り、石化効果を持った矢として広範囲に拡散させる。
矢が突き刺さったものは人間はもちろん、砲弾などの無機物さえも即座に石と化す。

芳香脚(パフューム・フェムル)
メロメロの石化効果を付加した蹴り。
相手に当たると同時にその箇所を石化し、そのまま蹴りの衝撃で破砕する。パシフィスタの装甲でもこの技の前には意味を成さない。

性格

女帝様よ


傲慢で超が付くほどわがままで高飛車更に付け加えるなら威圧的で唯我独尊な態度で相手を見下すような言動が目立つ。
上記の台詞から分かるように自分の美しさに絶対的な自信を持っており、自分は何をしても許されると思っている。
子猫や子アザラシなどの小動物を蹴飛ばしたりと自分の美しさを鼻にかけ自分勝手に振舞う。
これらの尊大な性格から見下しすぎのポーズが彼女の代名詞となっている。
妹のボア・サンダーソニアボア・マリーゴールドたちからも「性格は最悪」と言われる程(ハンコック本人も自覚している)だが、その美しさから誰も咎めることができず、いかなる傍若無人な振る舞いも許されてきた。

この我儘な性格は、過去に彼女が妹たち共々奴隷として売り飛ばされ天竜人の奴隷にされたことに起因しており、「もう誰にも支配されたくない」という思いからそうした態度に出ているのである。大の男嫌い、世界政府嫌いで知られている。一応、恩人のレイリーなど、一部の人物には多少心を開いてはいるが、その態度もあまり宜しくない(自分たち奴隷を解放してくれた大恩人フィッシャー・タイガーには計り知れない恩があると言っており、そのことを語る態度も真剣)。

しかし敵であるソニアの烙印がある背を庇う、覇王色の覇気を持ちながらも恩人のために頭を下げる、天竜人を殴り飛ばす、自分たちが奴隷であったということを知った後も一切軽蔑することがなかったルフィの懐の広さに感服して惚れ込み、以後、彼の前では一転して超恥ずかしがり屋の純情な乙女に変貌し、度々ラブラブな妄想を披露するようになった。

ルフィのためなら如何なる助力も惜しまず、ルフィが傷付けられることを自分が傷付けられる事以上に怒り、兄の死に悲しむルフィを思いできるならその辛さを自分が代わりに受けれたらと悲しむなど、ルフィのことを大切に想っている。
ルフィも彼女の事情や思いを知ってからは、彼女を友達と思うようになり、インペルダウン編にて(経緯を知らなかったとはいえ)バギーが短時間でハンコックとの約束を台無しにした際は、怒りを露わにしていた。

略歴

19年前

12歳時に天竜人の奴隷として妹達共々誘拐されて売り飛ばされ、背中に奴隷の烙印を押され、更に余興として妹達と共に悪魔の実の能力者にされる。

15年前

フィッシャータイガーによってマリージョアから解放される。
その後、ニョン婆達の助力によってアマゾンリリーに帰還。
背中の烙印は見たら石化する『怪物ゴルゴンの呪い』と島の住民に偽る。

11年前

アマゾンリリーの皇帝の地位を継承。
遠征時に懸賞金が掛けられ、勢力を警戒した世界政府の要請で王下七武海に就任。

スリラーバーク編

直接本人が登場したわけではないが、モリア撃破後の麦わらの一味とローリング海賊団の宴にてその存在が言及された。

女ヶ島

そして女ヶ島編にて初登場。頂上戦争の迎えに来た海軍中将モモンガの部下をメロメロの能力で全員石化させ、海軍の指令を聞かない姿勢を見せる。
だがその時、王下七武海バーソロミュー・くまによりルフィが女ヶ島に飛ばされて来ていた。最初は背中を見られたので始末しにかかるが、ルフィを知っていくうちに惚れて、ルフィの義兄エースが収監されているインペルダウンに送り込む手助けをする。その手助けとの関りから頂上戦争にも参加することとなった。

頂上戦争

マリンフォード頂上戦争では七武海として、罪人エースを救い出そうと進撃してきた白ひげ率いる白ひげ海賊団を相手に戦った。だがこの時、味方の海軍の巻き添えも厭わない攻撃を敢行し、ルフィを狙うスモーカーパシフィスタと戦い、戦争に参加した七武海の中で最も自由奔放に暴れ回った。
その後、怪我人のルフィ達とハートの海賊団を一時的に特例で女ヶ島に迎え入れてルフィ達の再起のきっかけを作る。

3D2Y

「空白の2年間」でのアニメオリジナルストーリーである「3D2Y」では、インぺルダウンLEVEL6からの脱獄囚であるバーンディ・ワールドに攫われた妹たちを救出するためにルフィと一緒にワールド海賊団の海賊船に乗り込み、ワールド海賊団の幹部二人を撃破した。
なお、同作でルフィがペローナと再会するシーンでは、ペローナを「ルフィの浮気相手」と勘違いしてしまう一幕もあった。

二年後

二年後はシャボンディ諸島で登場する。ルフィをシャボンディ諸島まで送り届け、海軍のサニー号への攻撃を妨害した。

ファンからの評価

上述の一件からルフィに心底惚れ込んでおり、ルフィには非常に純粋で乙女な部分を覗かせることから男性ファンを急増させ、「ルフィの嫁」と呼ばれることもしばしば。
また我儘ながらも凛とした態度を貫く精神力と、好きな人の為に尽くそうとするブレない姿勢から女性ファンからも人気が高い。だが当のルフィには今のところその気が全くないため空振りに終わっている。
しかし、ルフィから仲間以外で名前を間違われず、あだ名でもなく「ハンコック」と本名で呼ばれた数少ない人物。
がんばれハンコック!女性のライバルは多い。

ありがとう!!
ワンピース


余談

その能力のせいもある・・・のかどうかは定かではないが、『ONEPIECE』の女性キャラの中では比較的出番が遅かったにも関わらず、あっという間にナミロビンに追随する人気を得ており、人気投票第5回(76巻収録)、6回(87巻収録)では全体10位。女性キャラでは2位を獲得している。
挙句何とあのお笑い界の超大御所怪獣すらベタボレにしてのけたという快挙(?)を達成している。しかも並居る現実女性を押しのけてのダントツトップらしい。
メロメロの実マジパネェ・・・

関連イラスト

見下しすぎて見上げてる
汉库克


ボア・ハンコック
セクシャルな悪戯が留まる所を知らない。


こんなに苦しいのに思い浮かぶのはあのお方…
ハンコック



関連項目

ONEPIECE ワンピース 
王下七武海 メロメロの実 

ボア・サンダーソニア
ボア・マリーゴールド

モンキー・D・ルフィ ルハン 見下しすぎのポーズ 恋はいつでもハリケーン 極上の女体
バルトロメオ…心の底からルフィを心酔する海賊団船長。
アルビダ…ルフィに求愛をする絶世の美女の一人。

関連記事

親記事

王下七武海 おうかしちぶかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボア・ハンコック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8531538

コメント