ピクシブ百科事典

シルバーズ・レイリー

しるばーずれいりー

シルバーズ・レイリーとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物である。
目次[非表示]

「若い芽を摘むんじゃない… これから始まるのだよ!! 彼らの時代は……!!!」

概要

「大海賊時代」を自らの処刑により作り出した海賊ゴール・D・ロジャーの右腕として活躍した大海賊。現在は隠居して、シャボンディ諸島でコーティング職人をしている。

プロフィール

本名シルバーズ・レイリー
異名冥王海賊王の右腕
懸賞金不明
所属ロジャー海賊団→フリー
能力無し
年齢76才(1部)→78才(2部)
出身地不明
CV園部啓一


能力

一般的なを使った一般的な海賊のスタイルだが、一線を退いた現在でも、素手で100m級の海王類を殴り倒し、剣一本で海軍最高戦力の1人である大将黄猿を足止めする程の技量を持っている。また、覇王色、武装色、見聞色の覇気を会得し、主人公ルフィに覇気の概念と基礎を教えた。

性格

淡々と物事を判断することが出来る、サポート役に相応しい性格である。ただ、多少船長の影響もあるのか、長きに渡る航海がそうさせたのか、楽天的な面も見せる。博打好きだが、あまり強くは無く、初登場時点で身売りに出されている
シャッキー曰く「遊び美女が大好きなジジイ」らしい。
現在もモテるようで、「よそで女作ってそこで暮らしてる」こともしばしばあるとのこと。

来歴

若い頃に火事を無くし、盗んだ小舟の上で暮らしていた所で麦わら帽子を被った口のデカい青年と出会い、なんやかんやあって海賊を目指すこととなる。勿論、この青年こそがゴール・D・ロジャーその人である。

本編初登場はかなり早く何と第3巻であり、バギーの回想で少年バギーと少年シャンクスケンカを仲裁している(この当時、名前すら決まっていなかったものの、「副船長」であるという設定は存在していた。ちなみにスコッパー・ギャバンも数ページ後に登場している)。

そして月日は流れ、ロジャー処刑後はシャボンディ諸島に居付き、コーティング職人に転職
博打に負けて(身分を隠し)人買いに売り飛ばされていた時に麦わらの一味と出会い、天竜人に手を挙げた、かつてのロジャーのそれと同じ麦わら帽子を被っている海賊…モンキー・D・ルフィと出会い、彼らと共にシャッキーのバーに向かう。
麦わらの一味魚人島行きを手助けするためのシャボンコーティングを行い、上記の天竜人暴行事件を受けて一味逮捕のため現れた大将黄猿を足止めしたりと、一味のサポートを行った。

長年の宿敵エドワード・ニューゲートが戦死した際はを流しながらも、その最期をモニター越しに見届けた。

「逝ったか…白ひげ…!」

その数週間後、頂上戦争エースを失い疲弊していたルフィの元に現れ、凪の海の魔境・ルスカイナ島へと誘い、新世界に通用する力を付けさせるべく約2年間の修行をつけた。

そして2年が経った。かつては仲間との協力でやっと倒すことの出来たパシフィスタを一撃で葬り去るほどの実力を付けたルフィを見て、レイリーは彼の実力を確信し、出航のための露払いを行うのだった。

「弟子の船出だ よしなに頼むよ」
「ルフィ!! 行ってこい!」


関連イラスト

冥王レイリー
さて、どこまで話したかな



関連タグ

ワンピースONEPIECEロジャー海賊団ゴール・D・ロジャーシャンクスバギー
シャボンディ諸島シャクヤク

調辺音吉・・・1時間前の同じ東映アニメで同じ声、似た立場の人物 ⇒ 調辺ーズ・レイリー

pixivに投稿された作品 pixivで「シルバーズ・レイリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221454

コメント