ピクシブ百科事典

トム(ONEPIECE)

わんぴーすのとむ

漫画『ONEPIECE』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「男なら~~~ドンとやれ!!」

「造った船に!!! 男はドンと胸を張れ!!!!」

CV:村松康雄

人物

かつてウォーターセブンに存在した造船会社「トムズワーカーズ」の社長。現在は故人。

伝説の船大工」と呼ばれたコンゴウフグの魚人。フランキーアイスバーグの師匠で、海列車「パッフィング・トム」の生みの親でもある。
豪快かつ懐が深い人物で、船大工が造った船については一切否定はしないが、「作った船に男はドンと胸を張れ」という信条から、決して生みの親がその船の存在を否定してはならないという考えを持つ。

口癖は「ドンと-」で、「たっはっは」と笑う。魚人島に「デン」という弟がいる。

主な活躍

24年前、ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団に宝樹アダムを使って建造した海賊船「オーロ・ジャクソン号」を提供したが、海賊王となったロジャーの処刑後にその件で罪に問われ、裁判にかけられる(本来、船大工が海賊に船を提供しても罪には問われないが、海賊王は例外とされた)。その裁判でトムは以前より考えていた海列車の開発プランを発表し、興味を持った裁判長から開発に必要な期間としてもらった10年の執行猶予の内に無事海列車を完成させた。

海列車完成から4年後、これらによってトムの罪は帳消しになると思われたが、CP5の長官スパンダム(当時)に自分が古代兵器「プルトン」の設計図を隠し持っていることを知られてしまい、設計図をアイスバーグとフランキーに託す。

そして判決当日、トムはスパンダムの策略によって司法船襲撃の犯人に仕立て上げられ、逮捕直後に行われた裁判では自分達がどんな主張をしても有罪は覆らないことを悟り、裁判長に交渉して海列車を造った功績で司法船襲撃の罪を帳消しにしてもらい、同罪で捕まったアイスバーグとフランキーを釈放させる(その際にフランキーは逆上してスパンダムに暴行を加えたことで犯罪者と認定され追われる。)。

そして、最初の罪状であるロジャーに海賊船を提供した罪で裁かれるため、海列車でエニエス・ロビーへと連行された。

関連タグ

ウォーターセブン トムズワーカーズ
ココロ アイスバーグ フランキー ヨコヅナ
海列車

pixivに投稿された作品 pixivで「トム(ONEPIECE)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14599

コメント