ピクシブ百科事典

リュウグウ王国

りゅうぐうおうこく

 リュウグウ王国とは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する国家である。
目次[非表示]

概要

赤土の大陸にある世界政府の本拠地“聖地マリージョア”の真下、海底10000mにある魚人島を治める人魚族による王国である。約200年前、魚人族と世界政府の間に魚人族や人魚族に対する差別撤廃等を含んだ条約が交わされ政府に加盟した。

この王国の治める魚人島は、マリージョアを通れない海賊達にとって偉大なる航路前半部から新世界へ進む唯一の航路であるため、大海賊時代到来以後、多くの海賊やそれを取り締まる海軍が島に押し寄せ、人魚の誘拐などが行われ島は廃れてしまった。しかし、国王ネプチューンに恩のあった四皇白ひげ”の縄張り宣言により状態は一変し、王国は平穏を取り戻した。マリンフォード頂上決戦で白ひげが戦死した後は、同じ四皇の“ビッグ・マム”に上納品を出す事を条件に保護してもらっている。

島は巨大なシャボン玉に覆われており、その中は地上の島と変わらない空気のある環境で人間も普通に生活出来る。地上と同じで歩行が難しい人魚達は、シャボンにより作られた浮く椅子に座り、尾びれを動かして移動する。

島民は魚人族と人魚族で構成され、そのため“人間に血液を分かつ事を禁ずる”法律など、かつての差別問題を色濃く反映した国家体制が残っている。しかし、一部を除く島民達に人間に対する表立った差別意識などは無い。

基本情報

国名リュウグウ王国
首都不明
君主ネプチューン
領土魚人島


原作での関わり

修行後の麦わらの一味にとって最初の本格的な冒険の舞台となった。魚人による世界征服を企む海賊ホーディ・ジョーンズ率いる新魚人海賊団にクーデターを起こされ、一時は王族全員が処刑される危機に陥ってしまったが、現在は一味によって解放されている。

また、王女しらほしは深海の海賊バンダー・デッケン九世による執拗なストーカー行為に悩まされ、デッケンの能力によりしらほしめがけて飛んでくる障害物から身を守るため、長きに渡り甲殻塔と呼ばれる一室に閉じこもる日々を送る事態となっていた。これを聞いたルフィはしらほしに「必ず守る」と約束をして外に連れ出してしまい一時騒動となるが、結果としてクーデターで王宮に押し寄せたホーディやデッケン達からしらほしを守る事になった。

この他にも、10年前には人間との有効を訴えた王妃オトヒメが暗殺されるという悲劇に見舞われており、後にその犯人がホーディである事が判明した(クーデターの際ホーディ自身がバラした)。

王国の主要人物

ネ~~~プチュ~~~~~ン!!


国王/ネプチューン/通称“海神”、“海の大騎士”


オトヒメ


王妃/オトヒメ


だから、笑って


王子/フカボシ(画像上)

王子/リュウボシ(画像左下)

王子/マンボシ(画像右下)


弱虫さんと海賊さんと。


王女/しらほし/通称“人魚姫”


関連項目

ワンピース ONEPIECE しらほし ホーディ・ジョーンズ バンダー・デッケン九世 新魚人海賊団

pixivに投稿された作品 pixivで「リュウグウ王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23329

コメント