2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

しらほし

しらほし

しらほし(SHIRAHOSHI)とは、少年漫画『ONE PIECE』に登場する人物(人魚)である。
目次[非表示]

お父様 わたくし ……叶うなら!! 地上に住んでみたいです!!!

王国の皆様にも この“タイヨウの世界”を…見せてさしあげたい!!

プロフィール

本名しらほし
CVゆかな
肩書きリュウグウ王国 王女
家族ネプチューン(父)、オトヒメ(母)、フカボシ(兄)、リュウボシ(兄)、マンボシ(兄)
種族ビッグキスの人魚
出身地偉大なる航路 魚人島 リュウグウ王国
年齢16歳
誕生日4月4日「し」らほ「し」
身長1187cm
星座おひつじ座
血液型X型
好物海葡萄のパスタ
通称人魚姫
能力???
覇気見聞色
初登場単行本62巻 第612話『助けたサメに連れられて』
WT10050位(19,690票)


概要

リュウグウ王国の王女。ネプチューン家長女で末っ子。巨魚ビッグキスの人魚。16歳。魚人・人魚族側の主人公的な登場人物の1人。
絶世の美少女だが、父からの遺伝によりルフィが手の平に乗る程の巨大娘な人魚(カリブー曰く「並の人魚の7,8倍はあるぜ」)。

深海の海賊バンダー・デッケン九世からストーカー同然の求婚を受けており、彼の能力による遠距離攻撃から逃れるため、王家の住居竜宮城内にある硬殻塔で10年間も軟禁同然の生活を強いられていた。

父はリュウグウ王国国王ネプチューンで母は同王国王妃オトヒメ。
三人の兄であるフカボシ、リュウボシ、マンボシは同王国王子にして同王国軍三強として国を守っている。

人物

性格

人の体の上で何をなさっているのですか!!?

性格は非常に憶病かつ泣き虫で、ルフィからは「弱虫」や「よわほし(しらほし+弱虫の造語)」と呼ばれている。
監禁に近いレベルの超箱入り娘として育てられたためか、その女性として十分に発育のよいスタイルや実年齢に比してメンタリティはやや幼く、世間知らずなところが多い。

相手のことを(たとえ敵であろうと)様付けで呼び、親密な関係でも様付けするので「ナミちん様」や「ビビちゃん様」などおかしな言い回しになるときもある。なお、ガープには「ルフィ様のおじい様」と呼んでおり必ずしも名前で呼ぶとも限らない。

一見軟弱な甘ちゃんに見えるが、島の危機には自らを囮にしてまで島民達を守ったり、オトヒメの言いつけを守りオトヒメを殺した者の正体を知っても恨まないなど、その芯は強く優しく、ルフィやジンベエも彼女の心の強さを認めている。

経歴

過去

10年前、天竜人ミョスガルド聖漂流時の騒動で、初めて海王類と会話できる力を発現させる。
しかし、長年この力に目を付けていたバンダー・デッケン九世の執拗な求婚を受けるようになり、彼の能力による日常的な遠距離攻撃から逃れる為、硬殻塔での軟禁生活を強いられる様になった。

母・オトヒメの死から数年後、暗殺犯が人間ではなく王国軍兵士のホーディである事を愛鮫のメガロから知ったが、「犯人がどこの誰であれ私の為に 怒りや憎しみに取り込まれないで…」という母との最期の約束の為、一人抱え込んでいた。

第2部 最後の海・新世界編

魚人島篇

塔の中に入って来たルフィを当初自分を狙った刺客と勘違いしたが、デッケンの斧から救ってくれた事で信頼するようになり、外に出ようという誘いを受け、メガロの口の中に隠れて硬殻塔から脱出する。

道中のサンゴが丘で、出くわしたデッケン本人に迫られ直接求婚されるが、「タイプじゃないんですっ……!!」と言い断った。

海の森で念願であった母の墓参りを済ませると、新魚人海賊団に捕えられた父を救出するべくルフィ達と共にギョンコルド広場に乗り込む。
乱戦の中、デッケンが自分に飛ばした方舟「ノア」を島から逸らす外海に飛び出し、箱舟の破壊を試みるルフィを支援せんと海王類の協力を得て「ノア」を止めた。

新魚人海賊団による反乱が終結後の宴中、自身の秘密を知ったカリブーに一人になった所を襲撃され攫われそうになるが、ルフィに助けられた。
麦わら一味の出航の時、しらほしは一人で一味の船に駆け寄り、一味とまた必ず会う事を約束して別れた。

ゾウ篇

兄であるフカボシ達と共に世界会議に参加するよう説得されており、まだ地上に出ることに抵抗があったが、「行けなくちゃまたルフィ様に“弱ほし”と呼ばれてしまいますもの」という理由から説得を聞き入れて世界会議に向かうことを決意する。

世界会議

海軍G-1支部の裏手にある“赤い港”を訪れた際には初めて目にする地上に感激しており、聖地マリージョアへシャボン玉で飛ぶリフト“ボンドラ”に乗って太陽を見た際には、母であるオトヒメと同じように王国の皆に“タイヨウの世界”を見せてあげたいという願いを持った。
自分と同じくルフィに縁があるビビレベッカマンシェリーとはルフィに助けられた同年代の王女たちとして直ぐに仲良くなる。

直後、彼女をペットとして飼いたいと言い出した天竜人・チャルロス聖に捕えられそうになり、まさしく戦争待ったなしの事態に陥るが、母によって更生していたミョスガルド聖に助けられ、身の安全も保証された。

暴行による痣はトンタッタ族の姫であるマンシェリーによって治され、その様子を眺めていたレベッカからは「きっと世界一おっきなお姫様と世界一小さなお姫様」と称された。

余談

作者がデザインで困るのは美女で、「絶世の美女」と煽ったボア・ハンコックとしらほしを上げている。ハンコックで安心したのもつかの間、劣らぬ美しさの人魚姫と煽っていた事で「アレに並ぶ美女もうひとりだとー!?」と悩み誕生したのが「困りまゆげの美女」。
気の強い女性が好きで10年以上やって初めて描いたそうだが、これはこれでかわいいもんだ発言から気に入っている様子がうかがえる。

関連イラスト

暑中お見舞い申し上げます:2013
Shirahoshi


深海の王女
白星水着



関連項目

ONE PIECE リュウグウ王国 よわほし 
人魚 巨大娘 極上の女体 箱入り娘
オトヒメ ネプチューン フカボシ
モンキー・D・ルフィ ジンベエ バンダー・デッケン九世

ギガマーメイド…巨大な人魚繋がり。こちらも美女である。
メズール…中の人が同じの魚の女の子。ただしこちらは悪役である。

※649話の重要なネタバレの為、注意!!























真の能力

ロビン 彼女の……もう一つの名は……“古代兵器”『ポセイドン』」

しらほしの能力は海王類と対話しその行動を操るというものであった(通常、人魚や魚人は海王類と対話できない)。先代の人魚姫にも宿っていた能力であり、悪用すれば世界をも滅ぼし得るとされる。

そして、しらほしと対話した海王類曰く、この力を持つものは数百年に一度に何故か人魚の姿で生まれてくるとされ、海王類達の”王”と呼ばれる存在らしい。
ロビンは嘗て空島において、このポセイドンの在処について書かれた歴史の本文を読んでおり、その在処を知っていた。

幼少期より、その力の片鱗を見せることはあったものの、本人に自覚はなく、上記のルフィ達との一件が有って完全に覚醒。この事実を誰かに知られれば世界中のあらゆる勢力がしらほし姫を狙ってやってくるため、父である国王ネプチューンも「嬉しくは思っておらん」としている。

関連記事

親記事

リュウグウ王国 りゅうぐうおうこく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「しらほし」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「しらほし」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2779394

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました