2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ネフェルタリ家第12代国王の名において… お前ごときにこの砂の国はやれんなァ…

※この記事は単行本未収録のネタバレ情報を含みます。

概要

ネフェルタリ家第12代アラバスタ王国国王。
妻はネフェルタリ・ティティ(故人)、娘はネフェルタリ・ビビである。

プロフィール

本名ネフェルタリ・コブラ
年齢48歳→50歳
身長182㎝
異名無し
所属アラバスタ王国
能力無し
出身地偉大なる航路 サンディ島 アラバスタ王国
誕生日2月13日(コブラのブが2、国王はトランプいえばキングで13)
血液型F型
好物コナーファ(麺をオーブンで揚げた料理)
CV


能力

非能力者で六式などの特殊な技能も持たないが、チョップで成人男性二名を同時にノックアウトできたり、側近のイガラムと共にチンピラの集団をボッコボコにしたりと、結構腕っぷしが強いようだ。
まあ前者はギャグ補正込みで、後者も正面切っての突撃ではなく不意打ちを仕掛けているというのもあるが、まあ一般人よりは強いのだろう。

性格

温厚かつ気さくだが、王としての厳格さや果断さも持ち合わせ、国とは国民がいるからこそ成り立つものと考えており、常に国民の幸福を考えて行動する名君である。そうした姿勢から国民や家来達の信頼も厚く、幼少期のコーザが直訴した際は、自ら生活費を削って国民への支援費を捻出していた。
世界会議においては革命家モンキー・D・ドラゴンの危険性をないがしろにする暗君・ワポルに対し叱責するなど、王としての自覚は強い。
「我々が滅んでもコーザならやってくれる」と信頼しておりクロコダイルに全軍を差し向け、ネフェリタル家が滅んでも国が滅びなければよいというかなり覚悟の入った人物。

そうした人格者ぶりの一方、家庭人としてはかなりの親馬鹿。ビビが外出した際は王様にもかかわらずこっそり王宮を抜け出して追跡し見守った(だが結局その後子供たちに目撃された)。
その一方で甘やかすことはせず、ビビが過ちを犯してペルに叩かれた際は、王女を叩いた事に怒るイガラムを制しぺルに任せた一幕も。
王として、そしてひとりの親としての責任感と器の大きさを見せている。
 
かなりお茶目な一面もあり、サンジがイガラムに女湯の場所を聞いた際はノリノリで「あの壁の向こうだ」と発言して麦わらの一味の男性陣と一緒に女湯を覗くなどの一面も(その後一味の男性陣+イガラムから『エロオヤジ』呼ばわりされた)。

さらにその翌日、「怖いな、テラコッタさんは」と言いながらなぜか頭にタンコブを生やす国王の姿をイガラムに発見され盛大にツッコまれている。
 
こんな具合でシリアスとギャグ要素を兼ね備えたナイスなおじ様である。

新世界編では病に冒されているようで、白髪混じりになり、車椅子を使うなど身体が弱ってしまっている様子。しかし王としての責任感は衰えておらず、世界会議に向かうことを決意。また親バカな面も衰えておらず、病気を利用して娘のビビに早く婿をとるように求める。
ただ、ビビはもう少しおてんばでありたいようだ。

コブラ「見合い写真は山の様に来ておるぞ!」
ビビ「ふふふ捨てといて」

活躍

第1部・サバイバルの海 超新星編

アラバスタ編

初登場はアラバスタ編で、バロックワークスの陰謀により国のを奪った疑惑をかけられ、反乱軍が立ち上がるも、国王軍からの攻撃は認めず、両軍の衝突を抑制していた。娘のビビからの告発を記した手紙をビビのお供カルーから受け取り、その内容を見て国の英雄サー・クロコダイルの討伐を即決した。しかし、その後間もなくしてクロコダイルの差し向けたバロックワークスMr.4ミス・メリークリスマスにより拉致されてしまい、同時にナノハナでMr.2ボン・クレーにより行われた偽装工作によって国王軍と反乱軍の全面衝突が始まってしまう。
クロコダイルに国民たちを人質に取られ、アラバスタの王家が代々守るとされる古代兵器プルトンの有りかを言うよう強要され、クロコダイルとそのパートナーニコ・ロビンを王家の神殿に案内した。そこで神殿の仕掛けを発動し、クロコダイル達もろとも自決しようとしたが、クロコダイルを追って神殿に現れたルフィによりクロコダイルは倒され、自身も救助された。戦争の真相が明かされた際は、打ちひしがれる国民たちに以下の演説を打ち鼓舞した。

悔やむ事も当然…… やりきれぬ思いも当然
失ったものは大きく 得たものはない
ーだがこれは前進である!!
戦った相手が誰であろうとも 戦いは起こり今終わったのだ!!
過去を無きものになど誰にもできはしない!!!
…………この戦争の上に立ち!!! 生きてみせよ!!!!

アラバスタ王国よ!!!!

戦いが終わってからは麦わらの一味を宮殿に匿い、一味が回復するまで宮殿に住まわせた。

第2部・最後の海 新世界編

世界会議編

麦わらの一味の復活の記事をビビたちと共に知る。ニコ・ロビンに会った日から世界政府に歴史の本文のことやネフェルタリ家が空白の100年に“世界に何を”したのかを問いてみたい彼は世界会議に出席するために、病弱な身をなげうって聖地マリージョアへと向かう。

マリージョアでは海軍大将である藤虎ドレスローザリク王と三人で会談。おそらく藤虎が提唱している王下七武海の撤廃案についての話をまとめたと思われる。
また、会議の期間中に五老星に面会を申し込んだらしく、彼らに危険視されている。

ワノ国

世界会議終了後、王下七武海制度の撤廃には成功したものの、マリージョアに潜入していた革命軍の参謀総長サボによって殺害されたと報道された。
モルガンズの発言した「死者が出た」とはこの事と思われ(同じく伏せられていた「殺人未遂」はチャルロス聖殺人未遂のことだと判明)、そこから実に4年越しで回収された。

しかしこの記事以外にサボが殺したという明確な証拠もない上、革命軍の一行もこの件に関しては本来の計画には含まれていなかったことを示唆しており、その詳細は謎に包まれている。

余談

ドフラミンゴや五老星が言うにはネフェルタリ家は聖地に移り住むことを拒み、下界に残った“最初の20人”の血族の裏切り者。またネフェルタリ家は世界政府にとって不都合な兵器であるプルトンとその場所についての情報が載っている歴史の本文を秘蔵している。(チャカ曰わくプルトンの存在は王位と共に継承される秘密)
さらにコブラ自身の思想も“過去を無きものになど誰にもできはしない”と空白の100年の秘密を知るために研究していたオハラやそのリーダー的存在であったクローバー博士と被るところがある。
クローバー博士と同じように五老星から危険視されていることや、上記の通りサボによって殺害された(非確定)と言う事もあり、今後どうなるかが気遣われる。

関連項目

ONEPIECE ワンピース
アラバスタ王国 ネフェルタリ・ビビ
イガラム チャカ ペル

リク・ドルド3世:いろいろ似てる人
クローバー博士:いろいろ似てる人

関連記事

親記事

アラバスタ王国 あらばすたおうこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69180

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました