ピクシブ百科事典

モルガンズ

もるがんず

モルガンズとは、少年漫画『ONEPIECE』に登場する人物である。
目次[非表示]

私はこう思ってる
近々『最悪の世代』と呼ばれる者達の中から…

『海賊王』が誕生すると!!!

概要

大手新聞社世界経済新聞社」の社長。立場上、新聞には出せない裏社会も含め、かなりの情報力を持つ。その情報力はゼフカマバッカ王国といったサンジの過去を調べ尽くしている四皇ビッグ・マム流石というほど。その裏との繋がりにより一応はまっとうな社長ながら、裏社会の大物に数えられる。

動物系悪魔の実トリトリの実モデル“アルバトロス”」の能力者。
理由は不明だが、常時「人獣型」の姿で行動している。

プロフィール

本名モルガンズ
異名新聞王(ビッグ・ニュース)
年齢53歳
身長305cm
所属世界経済新聞社社長
悪魔の実トリトリの実モデル“アルバトロス”(動物系)
出身地偉大なる航路
誕生日7月14日(新聞配達の日)
血液型XF型
好物ポップコーン
口癖ビッグ・ニュース!!
笑い方クワハハハ
CV加瀬康之


人物

相手の素性や出身地に纏わる逸話を反芻しつつも、あくまで個人の内面を見定めようとする、自分なりの物差しを持つ。

「ビッグニュースを伝える」ことが好きであり、シャーロット・リンリンによる殺害の現場を見ても「珍しいものを見れた」ぐらいの認識で物おじしないなどよくも悪くも倫理観はあまりないが、玉手箱が爆発した時はこのままだと死に至ることに気づかず夢中で写真を撮るほどスクープが大好物。
四皇ビッグ・マムからの制裁を恐れず彼女を貶める記事を載せるなど、かなりの胆力も持つ。

また歓楽街の女王の素性を知っているが、それでなお消されないほど世界政府に信頼されている。
スクープを逃さないためか行動はとても速くモンドールが目を離したすきに万国からの脱出を決行し、マムのナワバリで起きた事件の記事を出した数日後にはマリージョアに向かう王族達の写真を撮っていた。

いくつもの大事件を起こしてきた最悪の世代を高く評価しており、「彼らの中から海賊王が出てくる」と予見している。

スクープのためならどんな危険も顧みないブン屋の鑑のような男だが、上述のように人として真っ当な輩とは言いがたい。「権力に屈せず世界に真実を伝える」といったジャーナリズム精神は持ち合わせていないが、かといって「部数を稼ぐために根も葉もない嘘や誹謗中傷を書き立てる」ようなブラックジャーナリズムにも走らない、ある種独特なバランス感覚の持ち主。

おれは守銭奴だが!!!その前に!!”ジャーナリスト”だ!!!時にはウソで人を踊らせる活字のDJ!!何を載せるかはおれが決める!!」とは彼の弁。”新聞”という存在を体現した人物とも言えよう。

失敗続きで海軍をクビになったアタっちゃんを自分の会社で採用している……が。

戦闘力

”新聞王”モルガンズをナメんじゃねェよ!!!
前項のアタっちゃんサイファーポールの変装していた姿と判明し、政府に都合の悪い記事の揉み消しを要求され、絶対絶命……と見せかけて、ピストルを持った相手を素手でボコボコにしてしまう
対峙したサイファーポールの所属ナンバーは明らかになっていないが、9や0以外の構成員もそれなりの戦闘力を持っているはずなので、モルガンズ自身ある程度の強さがあることが明らかになった。
そもそも立場からすれば海賊・政府のどちらから狙われてもおかしくない人物であることから、当然といえば当然か。

来歴

万国

シャーロット・リンリン主催のお茶会兼サンジシャーロット・プリンの結婚式にゲストとして招待された。その際に海底の秘宝、玉手箱をビッグ・マムが手に入れたことを最初にきりだし、マムからその耳の速さを評価される。

茶会の場では、海物語のモデルであるジェルマ66の頭領ヴィンスモーク・ジャッジと談笑する場面も見られたが、ペロスペローにジャッジが捕まった時には予期せぬスクープに心を躍らせジャッジの泣き顔を撮っていた。

カポネ・ベッジと同盟を結んだモンキー・D・ルフィの乱入には、部外者でありながらいち早くその正体がルフィであることに気づく。ビッグ・マムのソウルボーカスやジンベエの麦わらの一味入りといったビッグニュースの数々にもひたすら写真を撮りまくる。
リンリンの発狂によってお茶会がパニックになった後は、どさくさにまぎれて玉手箱の中身を記事にしようとしていたが、ステューシール・フェルドを射殺する場面に居合わす。ステューシーとは旧知の仲だったため、「玉手箱奪取は全部ル・フェルドの仕業という記事にする」という利害の一致で協定を結ぶも、肝心の玉手箱は城の根元へ落下。その衝撃で大爆発が起きた。

空を飛べないため倒壊する城から逃れる手段を持っていなかったが、彼はそのことを忘れ、ステューシーに指摘されるまで倒壊時も夢中になって写真を撮っていた。

シュトロイゼンにより城はケーキとなって無事に生き残り、ルフィ・ベッジ一行とビッグ・マムの家族達の交戦について指揮を執るシャーロット・モンドールのそばに行き、電伝虫などを通じてそのハチャメチャぶりを楽しむ。
その後、モンドールが目を離したすきに逃走。モンドールは「国外に情報が漏れてしまう」と捕まえるように部下に指示を出したが、いくつもの鳥を使った空飛ぶ船で逃亡に成功。
その間、ステューシーに最悪の世代の今後などについて、「最悪の世代の中から海賊王が誕生する」と自身の予見を述べる。

新聞には爆発場所と起爆した原因などを隠しつつ、麦わらたちの騒動の内容を記載。
麦わらの一味を主犯として掲載(ファイアタンク海賊団ジェルマ66は傘下扱い)し、その戦果を大きく報告。
(戦いのや犠牲については省かれたその内容は)「将星2つを落とし、ビッグ・マム海賊団に大損害を与えた麦わらの一味の事実上の勝利である」と事実ではあるもののルフィに大きく肩入れされたものであり(当然リンリンはこれに激怒していた)、またいつの間にだか彼の部下がルフィの傘下に取材をしていたため「今や傘下を抱え大組織となったモンキー・D・ルフィは海の5番目の皇帝である」と報じた。

世界会議編

偉大なる航路側のマリージョアに行く港レッドポートで、世界会議に参加する世界政府加盟国の王たちを撮影するため登場。
しらほしの美貌に見惚れていた他、ドラゴンサボ火拳麦わらといった者達を輩出しているゴア王国とその国の王ステリーに興味を持っていた。

そして解散後、「死亡記事」「重大な提案」「殺人未遂」を載せた記事を刷ろうと躍起になり、CPの妨害を受けるも腕力でねじ伏せて発刊。彼の発したある人物の死亡(信憑性不明)王下七武海制度撤廃は世界中の人々を驚愕させることとなった。

その他

映画『STAMPEDE』においてもブエナ・フェスタの「海賊万博」を映像電伝虫中継で視聴していた。

余談

飛べない?

モルガンズはホールケーキアイランドの崩壊に巻き込まれて空中に投げ出された際、ステューシーの指摘を受けて「そうだ!!おれ飛べねェ!!」と明らかな焦りを見せていた。そして最後まで自ら飛行しようとすることは無く、ホールケーキアイランド(跡)から撤収する際にも気球に乗って帰っていった。

しかし、後にモルガンズはトリトリの実モデル“アルバトロス”、つまりはアホウドリをモデルとした動物系能力者であることが判明。
このため、彼の発言は複数の解釈が可能となっており、真意は現状不明となっている。

可能性としては、

1.「そうだ!!おれ(能力的に)飛べねェ!!」
飛行可能な鳥類の能力者であるにも関わらず、何故か本当に飛行能力を持ち合わせていない。あるいは能力者としての研鑽を怠っていた、過去に腕(翼)を負傷したなどの何かしらの理由で(少なくとも現在では)飛べなくなってしまった。
2.「そうだ!!おれ(今の形態じゃ)飛べねェ!!」
どのような理由かモルガンズは常に人獣型で行動しており、少なくともその人獣型では飛行ができない(獣型になれば飛行自体は可能になる?)
3.「そうだ!!おれ(今の状況じゃ)飛べねェ!!」
アホウドリは本来、飛行の前準備として長距離の助走を必要とするため、すでに空中に投げ出されてしまった事で例え獣型になったとしても飛行できない状況に陥ってしまった。

以上のいずれかになると思われる。

ちなみに前述のとおりサイファーポールをボコボコにしている。しかし、その際に本人の腕が変化したものであるとはいえ、『翼』という本来は飛行に用いる極めて繊細な器官で握りこぶしを作り、鉄拳制裁でもって殴り倒したようだ。
その点からすると、モデルアルバトロスの翼は少なくとも人獣型を取った場合では人の手のような構造に近く、飛行には適していないのかもしれない。

関連タグ

ONE PIECE
ジャーナリスト

シャーロット・リンリン シャーロット・モンドール

世界政府 CP‐0 ステューシー

アタっちゃん

関連記事

親記事

世界経済新聞 せかいけいざいしんぶん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モルガンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368

コメント