ピクシブ百科事典

玉手箱

たまてばこ

玉手箱とは昔話の『浦島太郎』に登場する箱である。
目次[非表示]

説明

もはや知らぬ者がいないであろう、浦島太郎乙姫様から貰ったあの箱である。
太郎が玉手箱を開けると中から煙が出てきてあっという間に太郎は老人になってしまった・・・で有名なあの箱である。

そもそも玉手箱って何?

誰もが「宝箱」か何かと思っているだろうが、実は玉手箱は化粧道具を入れる玉櫛笥(たまくしげ)という箱である。現在でいうならば男がメイクボックスを受け取ったようなもの。

そもそも基本的には男は一般的には(女性の)化粧道具は無縁である為、化粧道具を納めた玉手箱を開ける必要性が無いわけである。

玉手箱を開けると何で一気に年を取っちゃったの?

一説には浦島太郎の地上で生きている際に経過する時間を封印していたとされている。また一方では乙姫の罠ともされており、「玉手箱を開ける=化粧をする」すなわち他の女に対してのトラップだった説もある。
浦島神社に伝わる伝説では、太郎の魂を封印し、300年経った地上でも生活できるようにしたといわれている。
また、類似する民話の中には別解釈として玉手箱を開けると(おそらく化粧道具として)が入っており、浦島太郎がその鏡を覗くと年老いた自分の顔が写し出されるという物もある。

年を取った浦島太郎はその後どうなったの?

結果的に浦島太郎は箱を開けてしまい老人になるという顛末は有名であるが、実はその後太郎がどうなったかについては文献によって記述が別れており、

  • 一気に年を取った事で肉体が消滅した、あるいは老衰で死んでしまった説
  • 若い頃の故郷に帰る事も再び竜宮城に行く事も叶わなくなった事を悟り悲嘆にくれたり、その後行方不明になるという説
  • 人間としては消滅したものの、その魂は鶴神となって乙姫と再会し、夫婦で神として信仰されるようになったとする説
などがある。

関連タグ

浦島太郎 老化
チコちゃんに叱られる 玉手箱に関する何故を取り上げた。

関連記事

親記事

浦島太郎 うらしまたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「玉手箱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39154

コメント