ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

現在海軍中将であるモンキー・D・ガープが「海軍の英雄」と言われるようになった島であり、かつて世界最強の海賊団とされたロックス海賊団の船長ロックス・D・ジーベックを討ち取った場所である。


現在多くの謎に包まれている島の1つであるが、後述の理由により麦わらの一味が上陸することはない…と言うよりできないと思われる。


原作での関わり

海軍本部で開かれた緊急会議にて、大目付センゴクが若い海兵たちにロックス海賊団について話す際にゴッドバレーという地名が登場。38年前にこの島で当時既に海軍中将の立場であったモンキー・D・ガープが本来倒すべき相手であるゴール・D・ロジャーと手を組んでロックス海賊団と交戦し、その結果船長ロックス・D・ジーベックが死亡し、ロックス海賊団が壊滅したことが明かされた。またこの島には天竜人も滞在していたようであり、ガープは天竜人の奴隷たちを守るために戦いに挑んだようである。


この戦いがきっかけで「海軍の英雄」の伝説の始まりとなったガープ、後に海賊王という称号を手にするロジャー、「世界の王」という巨大な野望を持っていたロックス、そして今ある世界を創造した神と称される天竜人といった豪華な面子が揃った伝説の島であるが、ゴッドバレーは現在地図に記されておらず、実際に跡形も無く消えているという。センゴク曰く世界政府が隠したかった島」らしく、これ以上センゴクの口から情報が出ることはなかった。


また、ロックス海賊団に見習いとして所属していたカイドウは同じくロックス海賊団に所属していたシャーロット・リンリンからこの島でウオウオの実を与えられている。


センゴク曰く跡形も無くなってしまったというゴッドバレーだが、島そのものが無くなるというのは大きな謎である。

島を地図から消すだけなら海軍の軍艦10隻によるバスターコールで可能だが、島そのものが無くなるわけではない。島を消す手段ならばもう1つ思いつくものがあるが、その手段なら古代兵器の1つが使用されたことになり、後に明らかになった事実からその可能性は0になった...かに思われた


そしてワノ国編終幕後、とある王国が島ごと跡形もなく消滅

描写からある人物が関与していることは確定しており、ゴッドバレーもこの人物の手によって消された可能性が高まった。

同時に、現在名前以外の一切の情報が不明である、残る一つの古代兵器が使用された可能性が生まれている


これとは別の考察として、後に判明したゴッドバレーの所在地がとある島が本来存在した海域と一致しているとの指摘があり、島が消滅したのではなくいずこかへと移動した可能性も浮上している。島を動かす・浮かす方法はいくつか実践例があるものの、ゴッドバレー初出時点では「世界政府にとって不都合だから消された」という語り口であったため見過ごされていたものである。


余談

ファンの中には、シャンクスがゴッドバレーにおける事件に何かしら関わっているのではないか?」と考察している人もおり、中には「ガープとロジャーが一時的に共闘し、ロックス海賊団から天竜人を守った」という事件の内容やシャンクスが五老星と謁見できていたことなどから、「シャンクスが天竜人の子孫ではないか?」と驚きの考察をしている人もちらほらいる。実際、ゴッドバレーの事件は38年前であるため、シャンクスは当時1歳。そのため、可能性は否定できない。果たしてその真相は…。


関連タグ

ロックス海賊団 ロックス・D・ジーベック

シャーロット・リンリン カイドウ


モンキー・D・ガープ ゴール・D・ロジャー


世界政府 世界貴族


ドリームマッチ 黒歴史








ここから先は『ONEPIECE FILM RED』に関わるネタバレです。未見の方は注意!





























  • 数奇な運命、ロジャーとの邂逅

ゴッドバレー事件を巻き起こした後、無事に財宝をたんまり奪って島から脱出することができたロジャー海賊団であったが、奪った財宝の中になんと当時1歳のシャンクスが紛れ込んでいた。これにはロジャーだけでなくシルバーズ・レイリーも唖然としていたが、結局全員で育てていくこととなった。このことから、シャンクスはバギーよりも先にロジャー海賊団に入団していたことになる。

また、本作では天竜人の家系とされる「フィガーランド家」の名前が登場しており、劇中では「あの娘がフィガーランド家の血筋であってもか?」という発言が五老星の口から語られている。結局、ウタとフィガーランド家の繋がりはなかったのだが、シャンクスとフィガーランド家、つまり天竜人との繋がりについては本作でより一層核心に近づく形となった。











更なるネタバレ






















原作1095話

38年前のゴッドバレー事件の詳細が明かされた。

西の海に存在した政府非加盟国だったが島に眠る豊富な資源が発覚された事で、天竜人が政府非加盟国にて3年に1度行う島民と連れてきた罪人や不要な奴隷をスポーツハンティング感覚で銃や剣で殺害する『先住民一掃大会』という名の”人間狩り”の舞台とされてしまう。

島民を全滅させた後は世界政府が所有する事になっている。ワノ国が開国をしない理由が恐らくこういった被害から守ることにつながると考えられる。(現に桃源農園や海楼石、あの情報がある)

また、名前に対しても「恥知らずにも神と名乗っている」と天竜人が述べているあたり、ある種族が滅ぼされた事やあるキャラの故郷が落とされた事の理由につながるのではないだろうか。

当時連れて来られた奴隷にはバーソロミュー・くまエンポリオ・イワンコフもおり、2人はここで出会うことになる。

また西の海の王国だったことから、52年以上前にブルックが海賊転職以前に護衛戦団の団長を務めた王国とはここの可能性もある。ただ、本人は王国名を伏せているため、続報次第ではある。



原作1096話

ロックス海賊団が攻め込んで来た理由とは天竜人側がハチノスから宝と呼ばれる何かを奪ったことに対しての奪還を目的としたものだったのだと判明した。

ガープが来たのはゴッドバレーで行われていた“人間狩り”のことを知らされないまま、上からロックス海賊団だけでなくロジャーも動いたのだと知らされたことによる。

やがてロックス海賊団、ロジャー海賊団、フィガーランド家の天竜人を中心とする神の騎士団、ガープら海軍が入り乱れる戦いとなる。

イワンコフ達は景品の1つだったニキュニキュの実を入手することによる脱走を以前から計画しており、この混乱が味方したこともあり500人以上の脱走に成功する。

関連記事

親記事

西の海 うぇすとぶるー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました