2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ルナーリア族

るなーりあぞく

少年漫画『ONE PIECE』に登場する種族であり、物語の中でも重要な存在である。
目次[非表示]

この記事及び内容に関するタグやイラストには『ONEPIECE』の重大なネタバレを含みます。

概要

ワノ国編にて、百獣海賊団大看板クイーンによって初めて名前が明かされた種族である。
シャボンディ諸島人身売買オークションのリストにも三つ目族同様記載されておらず、まだ容姿や固有能力といった特徴しか明かされていないが既に絶滅した種族とされており、ビッグ・マムが治める数多の種族が暮らす万国にも彼女の個人的な因縁によってナワバリ内に滞在しない巨人族と並んで存在しないという。そのため、本編に登場したルナーリア族は現在たった1人である。

白ひげ海賊団1番隊隊長のマルコラフテルに到達したゴール・D・ロジャーとの会話を介してその存在を知ったと思われる白ひげから酒の席で度々話を聞いていたようで、ルナーリア族は絶滅する前は現在マリージョアがある赤い土の大陸「神の国」を創り暮らしていたと推測している。また、まだ種族が健在の頃の通り名はであったとされている。

この特殊な存在は現在世界政府が生き残りがいれば捕縛しようと試みており、もし政府にルナーリア族がいることを知らせるだけで1億ベリーの報奨金を支払うとしている程異例の扱いをしている。

この種族に関しては、『ONEPIECE』の根幹にかかわるような重大な事柄の一つであろうことはほぼ確実であるため、続報を待つべし。

特徴

容姿

「黒い羽根」白髪褐色の肌、そして常に背中で噴出し続ける「炎」がこの種族の特徴。該当人物はこれらの特徴のうち、白髪と褐色肌を隠すべく黒色のマスクとスーツを着用していた。

体質

発火能力

悪魔の実の能力に頼らず炎を自在に生み出すことができ、拳撃や刀身に炎を纏わせることで攻撃の威力を向上させることができる。また、炎を光弾のように連続して放つこともできる。

生存能力

クイーン曰くあらゆる環境下で生存できる怪物とのことで、背中の炎が燃えている間は例え衝撃の余りクレーターを発生させてしまう蹴り青龍の頑丈な鱗を斬り裂く斬撃を受けてもダメージを受けないという体質を持つ。この防御力は悪魔の実の能力で変身した際にも発揮され、動物系古代種の耐久力も加われば一切の傷を負うことはない。
世界政府がルナーリア族を捕らえようとする理由の1つはこの規格外の耐久力の秘密を暴くためであると思われ、事実30年以上前にある人物を捕らえていた際には耐久実験を実施していた。

また、背中の炎が消えると防御力は落ちるもののその代わり技や移動の速度が上がる特徴を持つ。そのためルナーリア族との戦闘で勝利を収めることは至難の業であり、作中でルナーリア族の人物と本格的に死闘を繰り広げたゾロは速度を上げて攻撃を仕掛けてきた際にカウンターを即座に繰り出すという戦法をとってダメージを与えていた。

余談

  • 絶滅した原因

ある程度前述したようにクイーンの発言からは、この種族は過去に絶滅の一途をたどったもののはその生き残りであること、他に「自然界のあらゆる環境下で生存できる怪物」であることや「神」と呼ばれていた時代があったこと等が分かっている。
これらがもし本当ならば、本来ならばどんな環境にも難なく適応できる種族でその特色から崇拝されていたにも関わらず、この種族は絶滅の憂き目にあったという不自然な事態になり(このような種族が絶滅してしまったことを聞き手も疑問に思っていた)、『彼らの生存能力や勢力圏を上回る予期せぬ襲来があったのでは?』『何らかの事情で他の種族からの迫害を受けて絶滅したのでは?』などなど様々な憶測を呼んでいる。

  • 生き残り
絶滅したとされるルナーリア族だが、作中で唯一ルナーリア族として登場している人物は47歳という若さで今の世界を生きている。つまり彼にも生みの親がいるということになり、生き残りは他にもいると考えるのが妥当である。彼がカイドウと出会うまではどこで生まれ育っていたのかが現在注目の的にされている。

  • 重要な存在との関係
百獣海賊団の飛び六胞に名を連ね、元CP9という肩書きを持つフーズ・フーの口から語られた存在として、「月」を意味した語句の入るルナーリア族とは対称に「太陽」の入った異名を持つ者(ネタバレ注意)がいる。また、ルナーリア族の人物は何故かラフテルやひとつなぎの大秘宝との関連があるジョイボーイについて知っており、作中で最重要の存在たちとルナーリア族の関係が現在考察対象になっている。

  • 月との関連性
470話の扉絵短期集中連載"エネルのスペース大作戦Vol.35『壁画に学ぶ。太古に生きた翼を持った"月の人"』に描かれている壁画の中にはタイトル通り翼を生やした人物が、エネルが出会ったロボットたちと酷似したものを作っているような様子が描かれていた。
この壁画内に描かれている人物たちには翼が生えており、ルナーリア族に属しているにも、能力を使用したときとはまた別の、真っ黒な羽毛で覆われた立派な(おそらく自前の)羽を有している。

そして、マルコが白ひげから聞いた話では、ルナーリア族とみられる種族が赤い土の大陸(レッドライン)に生きていた可能性がある時期は、マリージョアができるはるか昔の話であったらしい…ということは、壁画に描かれた、翼の生えた「太古」に生きた「月の人」と「ルナーリア族」の間には関係があるのか、もしくは壁画の中に描かれた人物らはルナーリア族そのものなのか…真相は未だ闇の中である。

ちなみに、光月おでんが愛し、現在のワノ国において日和が演奏している曲の名前も「月姫(つきひめ)」であること、ワノ国に存在していた大名らの名前に(黒炭家を除いて)軒並み「月」の字が入っていることから、ワノ国そのものがこの種族と深い関係があるのかもしれない。

  • 通り名の「神」
このルナーリア族のかつての通り名が"神"であったことは先述しているが、764話にてローの本来の名に"Dの文字"が入っていることが判明した際、コラソン、もといドンキホーテ・ロシナンテが発したセリフは、「―そしてある土地では"Dの一族"をこう呼ぶ者達もいる…!! "神の天敵"」というものであった。
しかし、ロシナンテ本人は、同話にて"神"を"天竜人"と仮定しており、Dの一族が世界の破壊を目論んでいるのかもしれないと考察していた。だが、このルナーリア族のかつての通り名はまさしくDを天敵としているとされる「神」となっているため、Dの一族とも因縁が深い種族である可能性が生まれている。ただし、これはあくまで一つの考察に過ぎず、現にこちらのルナーリア族こちらのDは全く対峙の機会がないままワノ国編が終了間近となってしまったため、続報を気長に待とう。

  • 人間オークションのリスト内の伏線?
最近気づかれた事実として、第501話(51巻収録)”うねり始める世界”でサンジデュバルに渡された人間オークション用の、人間売買時の種族別の価格リスト内にある項目として、「その他珍種-時価」という記述がある。この記述がなされている部分の枠が何かの植物モチーフになっているのだが、どうもこれは月桂樹のようにも見える。すべてのルナーリア族にこの刺青があるかは定かではないが、の目元には、先述した通り月桂樹を想起させるような刺青があるため、他のルナーリア族にも同じように月桂樹の刺青がある事実や、過去にオークションで売買がされた事例があるのかもしれない。

関連タグ

ONEPIECE
???・・・現時点で、この種族に属しているのは作中で彼のみである

イシュヴァール - 別の漫画作品に登場する少数民族。褐色の肌と白髪を持ち、政府機関から迫害を受けると言う共通点を持つ。また、イシュヴァラと言う神を崇めている他、一部の人々が炎で焼き殺されている。






???(ネタバレ注意)

関連記事

親記事

ONEPIECEに登場するキャラクター一覧 わんぴーすにとうじょうするきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ルナーリア族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241288

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました