ピクシブ百科事典

CP9

さいふぁーぽーるなんばーないん

CP9とは、『ONEPIECE』に登場する組織である。
目次[非表示]

概要

正式名称は「世界政府直下暗躍諜報機関 サイファーポールNo.9」。最高指揮官は司令長官スパンダム
「闇の正義」の名の下に、非協力的な市民への殺し世界政府から許可されており、エニエス・ロビーの司法の塔に拠点を置いている。先述の理由から一般市民には存在は知られておらず、陰で活動している。

基本的に全員が「六式」(指銃・嵐脚・剃・鉄塊・月歩・紙絵)という特殊体術を会得しており、並外れた身体能力を持ち合わせている。CP9はお互いの体技の力量を「道力(ドウリキ)」という単位で表しており、武器)を持った衛兵一人の強さを10道力に換算して使っている。その強さは同じCP9でもかなり差がある。スパンダム曰く、500道力を越した時点で十分に超人とみなされるとのこと。

長らく不敗神話を誇っていたが、ニコ・ロビンを奪還するためにエニエス・ロビーに乗り込んだ麦わらの一味との激闘に末に敗れ全滅する。

主なメンバー

なお、年齢はエニエスロビー編時点であり、現時点では+2歳。

名前年齢道力能力役職
スパンダム39歳9ゾウゾウの実を食わせた司令長官
ロブ・ルッチ28歳4000ネコネコの実タイプリーダー格
カク23歳2200ウシウシの実タイプ麒麟
ジャブラ35歳2180イヌイヌの実タイプ
ブルーノ30歳820ドアドアの実
クマドリ34歳810生命帰還
フクロウ29歳800
カリファ25歳630アワアワの実
ネロ不明カリファ未満は確実新入り(後に除名)

ちなみに22年前のCP9司令長官はスパンダムの父、スパンダイン
この時の部下にカリファの父(ラスキー)もいる。

エニエス・ロビー崩壊後

麦わらの一味に敗北した後、全員存命。長官スパンダムは父親の権力を使って自身の失態を全てルッチ達に被せた。一方の残り7名は命からがらエニエス・ロビーから脱出後、春の女王の町・セントポプラで重体だったルッチの入院・手術代を稼ぐ為に合法的な手段で資金を稼ぎ、結果ルッチを助ける事に成功する。その直後にセントポプラを襲撃したキャンディ海賊団を撃退するものの、彼等に染みついていた苛烈で残忍な戦いぶりにセントポプラの住民が恐れを抱いてしまい、街に居られなくなってしまう。その後海賊団の船を奪って故郷に帰還後、故郷を襲った海軍を返り討ちにし、電伝虫でスパンダムに「いずれ、戻ります」と連絡。2年後、CP-0]]として復帰している。

関連項目

ONEPIECE 世界政府 サイファーポール

pixivに投稿された作品 pixivで「CP9」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1443608

コメント