ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

本名スパンダイン
年齢64歳→66歳
身長275cm
所属元CP9司令長官
道力不明
出身地偉大なる航路
誕生日1月19日
星座やぎ座
血液型XF型
好物ぶりの刺身
CV小野坂昌也


概要

スパンダムの父親で、元CP9長官(22年前時点)。
立場的には一応政府高官ということになるが、息子同様に出世欲と権力欲、そして己の保身のことしか頭にない俗物であり、世界政府が掲げる正義の名のもとにどんな非道な行為も平然と行う卑劣漢(アニメ版ではサカズキが独断で避難船を吹き飛ばした事には流石にドン引きしていたが)。
しかし戦闘慣れしていないのか、背広を撃ち抜かれただけで慌てふためくなど、戦闘力はそれほど高くない模様。

ニコ・ロビンにとっては、考古学の聖地にして自身の故郷でもある島「オハラ」を滅ぼした因縁ある男であり、22年前当時、オハラは極秘裏に「歴史の本文(ポーネグリフ)」の研究を行っていることを突き止め、それを五老星に報告した。

主な活躍

オハラではクローバー博士をはじめとした考古学者達の身柄を拘束し、五老星の命令で海軍本部大将センゴク(当時)から預かっていたゴールデン電伝虫を使ってバスターコールを発動し、オハラの存在を世界から抹消した。
この時、当時8歳だったニコ・ロビンが密かにオハラから脱出するところを目撃したがクザンの邪魔が入ったために取り逃しており、ロビンが子供ながら考古学者の資格を得ていた上に歴史の本文に刻まれた古代文字を読むことが出来たため、スパンダインはロビンに7900万ベリーという超高額の懸賞金をかけた。

それから20年の間にCP9長官の座を息子のスパンダムに譲っており、表紙連載ではエニエス・ロビーの一件で重傷を負った息子の見舞いに訪れていた。

エニエス・ロビー陥落から2年後は病に倒れて権力が後退し、これが原因で息子・スパンダムはかつての部下に顎で使われる腰巾着となった。

なお、側近の諜報員ラスキー眼鏡の男性)はカリファの実の父親である。

関連タグ

ONEPIECE 小悪党
CP9 世界政府 五老星 オハラ
スパンダム ラスキー

関連記事

親記事

CP9 さいふぁーぽーるなんばーないん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スパンダイン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スパンダイン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23792

コメント