ピクシブ百科事典

小悪党

こあくとう

小物かつ悪党。つまりチンピラやゴロツキのこと。
目次[非表示]

概要

悪党のうち、不良チンピラゴロツキ盗人など、思想野望品性知性度量も感じさせない、末端の、ちっぽけな悪党の事。
作品における役柄としては「悪役」の一つ。
悪党でなければ小物でも、小悪党ではない。
また、ある程度の信念や野望・度量を持っている場合や、度を越して残虐な場合などは基本的に小悪党とは呼ばない。

小悪党の特徴

知性や品性に乏しく、暴力に訴える事しかできない。
集団で群れる傾向が強いが、自己保身が強く、ピンチになると平気で仲間を見捨てる。
想像力や理解力が貧困な上、対応力も無い。
思想や理想や哲学や美学といった己の芯となるものを持たない。一応リーダーなどには従うが。
夢や野望といった先の展望は無く、刹那的かつ快楽主義的。
自己中心的かつ感情的で、自制心が弱い。
責任感は無く、失敗や不満は常に他者に転嫁する。
弱者には横暴だが、強者には媚び諂う。

用法・用例

創作物においては主に、主人公に倒される為だけに存在するザコキャラの位置に配される。
しかし、上記の小悪党と似たような特徴を持つキャラクターの場合は「小悪党じみている」として小悪党という言葉が適用される場合もある。
この場合は存在としての小悪党を指す言葉ではなく、性格・性質的な意味で小悪党「っぽい」というようなニュアンスで、「じみている」「っぽい」が省略された言葉として使われている。
それゆえ、主人公ヒロインラスボス大悪党であっても本タグが使われる場合がある。

組織のトップや幹部に小悪党じみたキャラを据えることで、組織の腐敗衰退を描写する場合もある。
また、黒幕に利用されているのに全く気づかないケースもある。

多くの小悪党にいえる点として、「自分が小悪党だと気づいていない」という点も挙げられる。
逆に「自分は小物だ」と気づければ、脱・小悪党化への第一歩だが、小物・小悪党は承知の上で小悪党的行為をやってる者もいる。この場合は一種の「小悪党としての信念」を持っている事になり、存在としては小悪党でも、性質的には小悪党とは呼べないとも考えられる。

それまで大物風だったキャラなのに、最後の場面で惨めな末路を遂げた事で評価を落として小悪党キャラになったキャラや、逆に小物だったのに最後に見せ場のシーンが登場したことで小悪党を脱したキャラも存在する。

清々しいほどの小悪党だと逆に人気が出る傾向もある。主にネタ的な意味で。
そういった、ネタ的に愛される小悪党を指して「愛すべき小悪党」と呼ぶ場合もある。

該当キャラ

【あ】

アレッシー

【か】

金城滔星
小林玉美

【さ】

須郷伸之
仁良光秀

【た】

琢磨逸郎

【な】


【は】

ハム・エッグ
間田敏和
ブレン
骨川スネ夫

【ま】


【や】


【ら】


【わ】


関連タグ

悪役 小物
吐き気を催す邪悪

pixivに投稿された作品 pixivで「小悪党」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90629

コメント