ピクシブ百科事典

クズモブ

くずもぶ

モブキャラクターの一種。
目次[非表示]

概要

フィクションで多く見られる悪役並に性格が悪い(とされる)モブキャラのこと。
不条理ギャグシーンにもよく登場する。

多くは物語の盛り立て役で、自身の利益や快楽を求めて悪事に手を染めている明確な悪党以外に、たとえ一般人であったとしても自覚無自覚問わず物語のメインキャラクターにとって迷惑、不利益になるような自分勝手な真似や言動に出たり、あまつさえ理不尽な理由から主人公を含めたメインキャラクターに対して直接的か間接的な迫害、非難に当たる行為に及んだモブキャラクターがこう言われやすい。

直接的な実害とかは出さずとも、そのキャラクターの行動や存在に対して見当外れな愚痴や野次、批判を行って彼らの心身にプレッシャーを与えたり、その作品を見た人に不快感を与えたようなモブもこれに該当するかもしれない。

純粋に悪党として描写された者でも無い限り、後述の理由から彼らの善悪の境界線引きは難しく、そういった行為が描かれてもその後で特に応報がないことも多いため、場合によっては純粋な悪役キャラよりもその作品に触れた人達からのヘイトを買いやすい傾向がある。

植物の、塵や埃を意味するとは関係がない。

クズモブ ≠ 悪人

いくらその作品のメインキャラにとって迷惑なことをしたからと言って彼らが“裁かれるべき悪”かと言われればそうとも限らず、あくまでその場の空気や先入観、個人の価値観に流されやすい一般人の心理としてそういった行為に及んでしまっただけというケースも少なくない。

現実にも障害者LGBTなどのマイノリティーな人間、出身および文化の違ういわゆる異邦人、そこまでいかずとも何かの理由で感情的に受け入れられない人間に対して個人的なあるいは普遍的な偏見や誤解、無知から排斥に出たり、忌諱の目で見る者は居るし、緊急事態にパニックになって他人の都合を無視した自分勝手な行動に出てしまう者とて相当数居るとも考えられる。
さらに人外英雄といった通常の人間とは体質が異なるタイプのキャラ、活動自体が社会に多大な影響を与えるキャラの場合、より一層作品内の“一般人”からの目は厳しいものになりやすいのも事実であり、それ絡みのトラブルに過敏になるのは当然といえば当然であろう。

有名なのは『帰ってきたウルトラマン』の「怪獣使いと少年」での描写で、街の中に隠れ住んでいる宇宙人を発見した一般人達が向こうが無害であるにも関わらず迫害を続け、最後は死に至らしめてしまうという理不尽な内容だが、これも人間側の単純な悪意ではなく“宇宙人という異質に対する恐怖”から来る誰が持ってもおかしくない心理と感情によって起こった悲劇とされている。

そういう意味では下手な悪役キャラよりもずっと現実的な“人間の負の側面を体現する者たち”の姿とも言え、作品を見て物語の外から“神の視点”で彼らを非難することは簡単だが、彼らは作品の題材によってはその劇中世界を描く上で相応の意味を持つ存在でもあり、更に言えばじゃあそのモブらを批判する自分自身はリアルでそんな真似に出ない、そんな考えに及ばないと言えるのかを考えさせる存在でもある。

何より、見る者が作品の外から客観的に得られる情報と作品の中の世界にいる者達が把握できる情報には違いがあるため、モブのキャラクターから見たメインのキャラクターに関する印象が異なるというのはおかしくない話であることには留意しておこう。

関連タグ

モブ モブキャラ
いじめっ子(おそらく一番わかり易いクズモブの典型)
反面教師(劇中でそんな問題的言動を取るモブキャラを見て否定的な考えを持ったら)

pixivに投稿された作品 pixivで「クズモブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49683

コメント