2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

  1. 悪役を演じるうえでの独特な美意識
  2. 悪役が自分に課している俺ルール


1の解説

悪役はバトル系や刑事ドラマなどの善悪が存在する物語には必要である。
悪役が大暴れすることにより主人公の存在感をより光らせる。
そして、主人公やその仲間に倒されることで視聴者カタルシスを与える。
ライバルキャラなどでもない限り主役にはなりえず、最後は退場することになる。
基本的にそんな役であるが、必要な役である。
それを魅力的に描くために必要なのが「悪の美学である。

悪役はあくまでフィクションの存在であり、「現実にこんな事する悪人はいねーよ」というツッコミ「悪の美学がわかってない」と反論しよう。

主な条件

  • 主役を立たせること
  • 視聴者から憎まれるほどの悪っぷり
  • 最後には死ぬ、倒される、もしくは逮捕されるなどのラスト
  • 視聴者にカタルシスを出来るだけ多く感じさせる
  • 必要以上なほどのド派手な演技演出
  • ボスキャラ悪のカリスマとしての強さ、または小悪党としての悪あがきっぷり
  • よせばいいのに主人公の行く先々で悪事を働く
  • 悲劇的な過去を背景に持つ事で視聴者に主人公以上の共感を抱かせる(判官贔屓


2の解説

正義の反対はもう一つの正義」という「“悪役”であっても“悪”ではない」キャラクターはもちろん、
むしろ自分の快楽のためにやりたい放題の外道ですら「自分が気持ちよくないことはやらない」という俺ルールを知らず知らずのうちに自分に課している。
「いろいろな悪党から慕われる悪のカリスマ」や「小悪党が意地を見せ正義の味方に一矢報いる展開」が描かれる場合、彼らがこれを持っていることが多い。

追い詰められて己の美学に反したことで無様な最後を遂げるものもいれば、逆に美学故に弱点や策略の穴を放置し、そこを突かれて勝てたはずの戦いに負けるものもいる。
そして悪の美学を持つがゆえに部下に慕われる者もいれば、美学故に命令違反を行って上司に粛清される者もいる。

一例


関連タグ

悪役 悪のカリスマ ヒール
小悪党 
ボス ラスボス

マッドサイエンティスト 武人 魔王

関連記事

親記事

美学 びがく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 719026

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました