ピクシブ百科事典

闇バクラ

やみばくら

闇バクラとは獏良了の闇人格。
目次[非表示]

概要

遊戯王の登場人物。
千年リングによって生み出された獏良了の闇人格。
バクラタグで統一されている事が多く、本編でもバクラというとほとんどがこの闇人格の事を指す。

表人格とは一線を画した非常に残忍な性格。闇の力を手に入れるために千年アイテムを狙っている。
性格は冷酷非道で残虐なドS
獏良の意識を奪い、彼の友人たちを意識不明の昏睡状態に陥れていた。
七つの千年アイテムを手中に収め、闇との契約で力を得ようと目論んでおり、遊戯たちと争った。

また、七つの千年アイテムを揃えるために助力することもあり、ペガサス・J・クロフォードの千年眼(ミレニアム・アイ)を奪って遊戯に渡すなど、幾多の暗躍が見られる。
(原作では、この行為によってペガサスは死んでしまい、『R』での物語の始まりのトリガーとなる)

遊戯王デュエルモンスターズでは、古代編の実質上のラスボス。

その正体は、「古代エジプトの盗賊王」や「大邪神ゾーク・ネクロファデス」、その混合体などいくつかの説があり、ファンによって解釈が異なる。やはり千年アイテムを付け狙っている。

声優交代

DMにおいて、2001年まで井上瑤が声を当てていたが、病気のため急遽声質が似ている松本梨香に交替した。
だが、声優が声優なことからポケモンマスターを目指すあの少年が暴言を吐いているようにしか聞こえないため、闇サトシとしてネタにされまくった。
後年にはスマートフォン用のサービス・Instagramにて、高橋和希氏自ら闇サトシネタを投下している

ちなみに東映版では、ちびまるこちゃんはまじ役として有名な柏倉つとむが声を当てていた。それもあって一部では闇はまじと呼ばれていることもある。


使用デッキ

オカルトを好む傾向があり、主に死霊関係として悪魔族・アンデット族を中心としたデッキを好む。
大会に間に合わすために一般人からカードを巻き上げるなど冷徹な行為ばかりが目立つ一方、デュエルでは基本的に卑怯な手段は使わず実力で相手を苦しめ、負けは負けと認める潔い部分もある。

オカルトデッキ

その名のとおり、オカルト系を中心とした悪魔・アンデット族中心のデッキ。
墓地にモンスターが肥る度に力を増すと言う。
勝利の為なら自らわざとライフを削ったり、モンスターをわざと墓地に送る戦術、「オカルトコンボ」が特徴である。
原作連載、アニメ放映当時にはまだメジャーでは無かった戦術「墓地肥やし」の元祖といえるかもしれない。

アンデットロックデッキ

アンデット族系のカードを中心としたデッキ破壊系デッキ。
モンスターを無数に召喚して壁を作り、その鉄壁の防御を生かして相手のデッキ破壊を狙う戦法を中心とする。
また、普通に相手のライフを0にする事も可能である。

心変わりデッキ

アニメオリジナルで使っていたデッキ。
リバース効果モンスターを中心として、『メタモルポット』や『人食い虫』など強力な効果を持つモンスターが多めである。
このデッキのエースカードは『心変わり』である。

主な主力カード

バクラのエースモンスターであり、バクラ曰く「オカルトデッキ最強最悪のモンスター」。

攻撃力2000のレベル5のモンスター。
原作では一度しか召喚されていないが、アニメでは3度も召喚された。
骨塚戦では大いに活躍を見せてフィニッシャーとなり、闇マリク戦では2度特殊召喚される。
一度目は『死霊操りしパペットマスター』の効果で特殊召喚し、2度目は『早すぎた埋葬』の効果で特殊召喚される。
なお、アニメオリジナルの海馬戦では『首なし騎士』と『融合』して『死霊公爵』となる。

バクラの使用するレベル4のモンスターの中でも多く召喚されたモンスター。
アニメオリジナルの骨塚戦では、最初に召喚するも『メデューサの亡霊』によってすぐに破壊される。
だが、『浅すぎた墓穴』の効果で特殊召喚され、その後『死霊伯爵』の生贄召喚へとつなぐ。
原作やアニメでの遊戯戦ではすぐに倒されたが、『ダーク・ネクロフィア』の特殊召喚の為に除外される。
闇マリク戦では『死霊操りしパペットマスター』の効果で特殊召喚されるも、原作では闇マリクの『ラーの翼神竜』の1ターンキルにより瞬殺され、アニメでは『ラーの翼神竜』の召喚の為の生贄となるなど、いずれにしろ退場は早かった。
アニメオリジナルの海馬戦では、『死霊伯爵』と融合されて『死霊公爵』となる。

闇マリク戦で使用。
攻撃力1100のアンデット族モンスターだが、罠カードの『戦慄のアースバウンド』の効果を発動する為の布陣として召喚された。だが、すぐにそのコンボも破られてしまう。
アニメでは『死霊操りしパペットマスター』の効果で『ゲルニア』の代わりに復活される。

闇マリク戦で使用。
壁モンスターとして召喚され、『死霊操りしパペットマスター』の生け贄召喚の為の生け贄となる。
その後、『死霊操りしパペットマスター』によって生還される。

闇マリク戦で登場したバクラの切り札の1枚。
1000のライフを引き換えに、墓地から3体の死霊モンスターを復活させる強力な蘇生効果を持っている。
原作では『ダーク・ネクロフィア』・『首なし騎士』・『ゲルニア』の3体、アニメでは『死霊伯爵』・『首なし騎士』・『ゴブリンゾンビ』の3体を蘇生した。

アンデットロックデッキを所有しているときに表遊戯戦で最初に召喚されたモンスター。
レベル4で攻撃力1900、守備力1800とかなり強力である。
アンデット族を中心とされてるデッキに投入されたが、OCG化された時に種族は悪魔族となっている。

アンデットロックデッキに使用されていた壁用モンスターカード。
しかしOCG化では除外されるだけでお互いのデッキの上からカードを5枚ゲームから除外するという凶悪なデッキ破壊効果と、召喚時に除外されたカードをデッキに戻してシャッフルし、戻したカード1枚に付き、100ポイントの攻撃力をアップする強化効果を持っている。

元々は永続罠カードであるが、発動時にモンスターとして守備表示で特殊召喚されるカード。
戦闘で破壊された場合、このカードを破壊したモンスターの攻撃力の2倍のダメージを与えると言う凶悪なカウンター効果を持っている。
OCG化された際に、与えるダメージが攻撃力の2倍になる部分はなくなった。


アニメオリジナルに登場したカード。
『死霊の残像』の効果で同じステータスのトークンを特殊召喚し、モンスターの攻撃力を下げるコンボで彼を追い詰めた。
一度は倒されるも再び復活して『青眼の白龍』を倒す活躍をする。
真の能力は倒したモンスターの能力を吸収する力などとデュエルには関係ない能力を持ってたため、獏良はデュエルに勝利する事ではなく、『青眼の白龍』を倒してその能力を吸収するのが目的であった。

関連イラスト

死の宣告
バクラと獏良



関連タグ

闇遊戯 海馬瀬人 獏良了 盗賊王バクラ
ダーク・ネクロフィア

闇サトシ

pixivに投稿された作品 pixivで「闇バクラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 434192

コメント