ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

オタクの間のネットスラング
映像および文章をふくめたあらゆる創作作品において受け手のニーズとは合致せず、誰が得するのか、面白いと思えるのか疑問に感じる、要するに「誰得」と捉えられるシリアス展開の事。

その作品の事前発表時に受け手がその作品に対していかなイメージを抱いていたかにもよるが、その後に発信された作品の物語の中で描かれた登場キャラクターやその周辺の不幸および災難といったシリアスなイベントにおいて、受け手がそれに対して想像以上に理不尽だと感じ、結果“その作品に必要な要素”として受け入れられなかったり、あまつさえ“その作品を鑑賞する対象者”の期待を裏切っているとされた展開がこう呼ばれたりする。

あくまでそれは物語上の“溜め”であって、後でその不幸から立ち直ったり、乗り越えたりする王道展開を想定していたとしても、一度こういう印象を持たれてしまうといくらその先の話が明るいものであろうと以降の作品全体の評価を覆すのは難しくなったりもする。

特にこうした陰惨な展開が、後々の展開や結果において何の必要性も無かったという顛末になると、消費者に無駄なストレスを与えただけとして、作品自体が駄作の烙印を押されてしまう事もしばしばである。

誰得シリアスと言われやすい例

  1. 公開前の広告では平和的な作風と見せかけておきながら、実際にはハードで陰惨な内容だった作品。
  2. 日常系を志向した(あるいは期待された)作品における、キャラの挫折死亡といった不幸な出来事。
  3. そもそもの作品設定がどうであれ、登場するキャラクターの扱いに関してとにかく受け手が理不尽かつ不条理だと感じた展開。
  4. キャラクターがそういう災難に遭うまでの過程が唐突あるいは適当に見えたような展開(世界観の説明不足、展開の伏線不足)。
  5. ギャグとシリアスの釣り合いが取れておらず、永久にシリアス展開が続き、今後日常ギャグ展開に戻らなそうに見える展開。
  6. もとよりハードでシリアスな作品であったとしても、そのストーリーの途中で制作側の何かしらのイデオロギー歪んだ心理が露骨に全面に押し出されてきて情緒因果関係が断線。明らかに創作者らの内部でしか物語が昇華できておらず、視聴者や読者の大部分がついていけなかったパターン。


関連タグ

関連記事

親記事

脚本の被害者 きゃくほんのひがいしゃ

兄弟記事

コメント