ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「デジモン」シリーズ第5作目となるアニメ作品。タイトルは『デジモンセイバーズ』。
2006年4月2日から2007年3月25日まで放送された。全48話。
進化方法などは原点回帰したが、ストーリーや雰囲気、キャラクターデザイン、デジモンの設定、メインの舞台が東京外であるなどあらゆる点が一新。名前の法則やゴーグル非着用などといった引き継ぎ要素も廃止しているが、これらは意図的に差別化されたものである。
ストーリーもこれまでとの比べると特殊で主人公の親を含めた大人達もデジモンと関わりがあり、人間側も洗脳されていた例はあったが人間側に純粋な悪役あるいは敵組織が登場する等の内容は他のデジモンシリーズでは見られない。

こうした歴代との雰囲気の違いを苦手とする視聴者もおり、加えて放送当時はアニメ不況期であったこと、シリーズ構成の反省の弁によれば「デジモンを家族で楽しむには中途半端な時期だった」ということから、デジモン人気の復興は果たせなかった。
よって放送当時はかなり不評のまま終了したものの、突き抜けた個性を持つ人間側の主人公、大門大の破天荒さ、倉田明宏などわかりやすい敵役・憎まれ役を設定したことで、細かいことを考えず突き進むわかりやすいストーリーから、時を経て再び評価されている。

特に大門大による、ケレン味溢れるぶっ飛んだ描写は単純に映像として見栄えすることから話題となり、エンターテイメント性の高い作品として評価するファンが増えるようになった。
主人公のインパクトに寄った作品と言われることも多いが、メインからサブに至るまで全体的にキャラが濃く、メインも大以外には「本来なら中学生でありながら大学を卒業した天才少年のトーマ」、「デジモン世界で育てられた野生児のイクト」など、ぶっ飛んだ肩書きを持つキャラは多かった。
テイマーは見ているだけ問題はどのシリーズでも付いて回るが、本作では大は究極体相手でも臆することなくぶん殴る、トーマはPCで的確な指示を与えるなどの工夫がなされている。

設定はさておき、芸能界における進路についていろいろ模索していた新垣結衣が、一年間レギュラーでアニメ声優出演していたのは語り草。さらに時期的な背景もありお笑い芸人のゲスト出演が盛んに行われていたのも特徴であり、特にゴツモン役で準レギュラー出演していた前田健は、本作での出演が縁となって後にフレッシュプリキュア!への出演などの作品への参加に繋がっている。

OPが和田光司担当でないことも批判の的となった。が、これは和田が病気療養後に活動を大きく縮小していたため。しかしファンからの要望が熱かったことから、本作の後期OP「ヒラリ」で満を持してメジャーに復活。デジモンシンガーとしての地位を不動の物とした。挿入歌も宮崎歩や谷本貴義担当ではなく、完全新規アーティストのまま、それも追加楽曲が一切なしという形で終了した。これは以降のシリーズでも例をみない。

2006年12月9日には劇場版 『デジモンセイバーズ THE MOVIE 究極パワー!バーストモード発動!!』
が公開。同時上映は『映画 ふたりはプリキュアSplashStar チクタク危機一髪!』。なおプリキュアシリーズの劇場版が他作品の劇場版との併映となっているのは現在まで本作が唯一の例である。

ストーリー

3度の飯よりケンカが好きな中学2年生の少年大門大。ケンカに明け暮れていたある日、彼の前に恐竜のような姿をした奇妙な生物が現れる。その奇妙な生物アグモンは、異世界デジタルワールドからやってきたデジタルモンスターであった。互いの拳を交わしたことで親しくなった大とアグモンは、デジモンと人間の共存を築く社会を作る秘密組織DATS(Digital Accident Tactics Squadの略称)の一員となり、人間界に現れるデジモンを退治することになった。

登場人物

大門大(CV:保志総一朗
アグモン(CV:松野太紀
トーマ・H・ノルシュタイン(CV:野島裕史
ガオモン(CV:中井和哉
藤枝淑乃(CV:新垣結衣
ララモン(CV:ゆかな
野口郁人(またはイクト)(CV:釘宮理恵
ファルコモン(CV:神代知衣

DATS

Digital Accident Tactics Squadの略である国家機密省によって編成された対デジモン特捜チーム。過去にイクトを求めてデジタルワールドへ旅立ったデジタルワールド探検隊が前身になっている。
その存在は公には秘匿されており、デジモンを知ってしまった一般人は記憶消去装置でデジモンに関する記憶を消されてしまう(所属者の家族の場合は消されない事もある。また、倉田によって掌握された際には大らの記憶が消されてしまったが、後に記憶を取り戻している。)。とはいえ、第8話ではヨシノの勤め先がDATSであるとマスコミにバレてしまっており、華村祢音のファンからの嫌がらせメールや問い合わせの電話が殺到するという矛盾した描写がある。
専用車やユニフォームが存在しており、またパートナーデジモンのいる所属者にはデジヴァイスicが支給されている。討伐されてデジタマに還ったデジモンを転送装置でデジタルワールドに送還する事を主な任務(必要に応じてデジタルワールドにもダイブする)としていたが、物語の途中で倉田軍団の手により組織が事実上の壊滅を遂げる。これ以降は黒崎と白川の衣装も変更された。
最終回後、大やトーマを除いたメンバーは警視庁で働いている模様。

薩摩廉太郎(CV:楠大典
クダモン/スレイプモン(CV:葛城七穂
黒崎美樹(CV:永野愛
白川恵(CV:埴岡由紀子
ポーンチェスモン
湯島浩(CV:チョー
カメモン(CV:高橋直純
大門小百合(CV:國府田マリ子
大門知香(CV:菊池こころ
ピヨモン(CV:寺田はるひ
大門英(CV:郷田ほづみ
バンチョーレオモン(CV:竹本英史
フランツ・ノルシュタイン(CV:安元洋貴
リリーナ・ノルシュタイン(CV:壱智村小真
野口美鈴(CV:熊谷ニーナ
野口憲治(CV:中博史
野口ルカ
ユキダルモン(CV:大塚智子
羽柴(CV:鶴岡聡

倉田軍団

倉田明宏(CV:菊池正美
ベルフェモンスリープモード
ベルフェモンレイジモード(CV:安元洋貴
(CV:KENN
ナナミ(CV:小野涼子
イワン(CV:星野貴紀

メルクリモン関係

メルクリモン(CV:廣田行生
ゴツモン(CV:前田健
ヤンマモン
ブロッサモン(CV:太田哲治

サーベルレオモン関係

サーベルレオモン(CV:上別府仁資

聖なる都

エルドラディモン
バロモン(CV:ふくまつ進紗
パンプモン
ピッコロモン
イガモン

イグドラシル関係

イグドラシル(CV:深見梨加
クレニアムモン(CV:神谷浩史
デュークモン(CV:野沢雅子
オメガモン(CV:高橋広樹
マグナモン(CV:鈴木達央
デュナスモン(CV:小嶋一成
ロードナイトモン(CV:千葉進歩
アルフォースブイドラモン(CV:鶴岡聡
ドゥフトモン(CV:室園丈裕


主題歌

オープニングテーマ
「強ing! Going! My soul!!」(1話 - 29話)
歌 - ダイナマイトSHU / 作詞 - 比留間徹 / 作曲 - POM / 編曲 - 渡部チェル
「ヒラリ」(30話 - 最終話)
歌・作詞 - 和田光司 / 作曲 - Ikuo / 編曲 - SPM@
エンディングテーマ
「One Star」(1話 - 24話)
歌 - 伊藤陽佑 / 作詞 - 榊原智子 / 作曲 - POM / 編曲 - 大野宏明
「流星」(25話 - 47話)
歌 - MiyuMiyu / 作詞・作曲 - yukiko / 編曲 - 三宅一徳
挿入歌
「Believer」
歌 - Ikuo / 作詞 - 山田ひろし / 作曲・編曲 - 太田美知彦

キャラソン
「Beater!」
歌 - 保志総一朗 / 作詞 - 山田ひろし / 作曲・編曲 - 太田美知彦
「あぁ卵焼き」
歌 - 松野太紀 / 作詞・作曲・編曲 - 神楽坂直樹
「Friendship!!」
歌 - 釘宮理恵、神代知衣 / 作詞 - 比留間徹 / 作曲・編曲 - TATSUYA
「Cool Running」
歌 - 野島裕史 / 作詞 - 比留間徹 / 作曲・編曲 - TATSUYA
「いつまでも一緒に」
歌 - 中井和哉 / 作詞・作曲 - イズミカワソラ / 編曲 - 太田美知彦
「男魂(おとこだま)」
歌 - 竹本英史 / 作詞 - 山田ひろし / 作曲・編曲 - 太田美知彦
「TEAM?」
歌 - 保志総一朗、松野太紀、野島裕史、中井和哉 / 作詞 - 山田ひろし / 作曲・編曲 - 太田美知彦

作中のデジモンについて

  • アニメシリーズには珍しく、「進化」→「質量の増加」のロジックに基づいており、完全体から小型化するのは、レイヴモンやバンチョーレオモンなど少数である。過去作に登場した究極体でも従来より遥かに大型に描かれていることがある。
  • そもそも本作のデジモンは全体的に標準よりもサイズが上げられている。これにより現実世界ではそう簡単に潜めない存在として、テイマーズとは違った演出で描かれている。
  • 初期からいる主役の3人のパートナーは、究極体への初進化が全員同時という歴代でも極めて異例。さらにラスボスにトドメを指す形態がほぼ成熟期同然(扱いは究極体との説も)+人間というのも異質。
  • デジモンクロスウォーズ~時を駆ける少年ハンターたち~のOPで主役デジモン3体がデジクロスするシーンの背景にはクダモンララモンガオモンファルコモンガワッパモンとセイバーズでパートナーデジモンを務めたデジモンたちが描かれていたりする。
  • なお、本作で初登場した主要人物のパートナーデジモンには全て専用の究極体が設定されており、劇中で全て登場する事はなかったが、ゲーム作品で晴れて全種登場した。
  • 作中のデジモンは『デジソウル』というエネルギーで進化する。このデジソウルは人間に宿るエネルギーで量に応じて進化先が決まる。必ずしも、デジヴァイスにデジソウルを込める必要はなく、知香とピヨモンのようにデジソウルがあればデジモンは次の世代に進化できる。
    • ただし、大は自力でデジソウルを起こせず、デジモンやデジタルワールドの壁を殴らないとデジソウルを発生させる事はできない。また、素質があれば誰でもデジソウルを発生させる事が出来、最終話では小百合、ルカ(イクトの実妹)、祢音、リリーナ、白鳥一家、早瀬一家、イワンと弟達、ナナミが大たちにデジソウルを送っていた。
    • また、込める量によってはデジヴァイスが破損してしまうが、デジソウルを増大・洗練する事で大らのデジヴァイスが一新された(薩摩のものは大らと同じicだが、バージョンが異なるので機種変はしていない)。
    • デジソウルは感情によって暴走する事もある。大の憎しみによってデジソウルチャージがされた結果、シャイングレイモン:ルインモードが誕生した。
    • デジソウルの正体それは『人の思いの力』である。人の情念に引き寄せられたデジモンがリアライズするように、進化にもまた影響を及ぼすのだ。よってデジソウルを付与してデジモンを進化させるという表現は厳密には正しくなく、人間とデジモンが力を合わせる事が『デジソウルチャージ』の本質なのである。
    • 特に誰かを守りたいという思いを含めた欲望をコントロールし、練り上げた時、初めて究極進化への道が開けるとはバンチョーレオモンの談。
    • デジソウルは漫画『デジモンネクスト』でも流用されたが、ユウがデジソウルを制御できずにガオガモンを不完全な形で進化させたり、殺意のままにチャージさせた結果、ブラックガオガモンに暗黒進化してしまった事もある。
    • 同作ではオリジナルのデジソウルチャージとしてテイマーの命を削る『バーストチャージ』が登場している。


関連動画


関連イラスト

連れ出してあげるから!
セイバーズ10周年おめでとう!!


♥10th♥
拳に宿れ、俺のデジソウル!!


関連タグ

アニメ デジモン デジモンシリーズ
デジモンシリーズのコンビ・グループタグ一覧 デジモンのカップリングタグ一覧
別名・表記ゆれ
セイバーズ

外部リンク

TVアニメ公式サイト

関連記事

親記事

デジモンシリーズ でじもんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「デジモンセイバーズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「デジモンセイバーズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2128697

コメント